ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

手取り年収300万円の家計

【家計診断】年間30万円~40万円の貯金ができると思います

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

**今回のご相談内容**

初めまして^ ^あきさんの家計簿を知り
3ヶ月程、実践させて頂いています!

シンプルでとてもわかりやすい
家計簿だと思っています。

私のやりくりが下手で貯金が
全くできていません…

先日、第三子が産まれ、
貯金体質に変わりたくお伺いさせて頂きます。

夫50歳 妻38歳 子供10歳 子供3歳 子供0歳

●収入●
夫(変動あり)24万円
夫(アルバイト分、変動あり)5〜6万円
ボーナスなし

(あきより、計算補足)
収入年間 348万円
児童手当3人分 42万円 
合計 390万円
おそらく幼稚園の助成金などもあり、もう少し収入があると思われます。

●支出●
住居(公団)15000円
管理費、1400円
電気6000円
ガス14000円(公団のため浴槽リース代金含む)
水道1カ月8000円積立
通信費12000円
WiFi5000円
幼稚園27000円
生命保険夫17000円(再婚なため50歳から加入。子供が小さいため給与補償タイプに入っています…)
妻生命保険月払い3000円
慰謝料2万円(恥ずかしながら調停中の夫と再婚したため)
法テラスローン(弁護士代金)6000円
小学校6000円
子供習い事6400円
通信教育3600円

(あきより、計算補足)
ここまで合計 約15万円 年間約181万円
 
生活費として

夫が4L体型であり…
食費が高く…反省を繰り返しています

食費7万円(夫は弁当持参。子供のおやつ、飲み物、パン代もかさんでいます…)
日用品7000円
オムツ(二人分)11000円
ガソリン5000円
娯楽費5000円
夫タバコ、小遣い15000円

(あきより、計算補足)
ここまで合計 11万3000円 年間135万6千円

ここまで合計 317万円

衣料費(5人分)40000円(今月は切り替え時期、運動会服などでかかりました。涙)
特別費 62000円(私の出産入院費超過分16000円、電子レンジ16000円、母の日3000円、幼稚園夏服6000円、自動車税7200円、息子学校裁縫セット5000円、一カ月検診自費分9000円)
息子矯正歯科6500円)

灯油(北国のため)11000円
夫床屋1600円
スーツクリーニング2000円

生命保険年払い3500円
車保険15000円(車を破損し値上がり…)

となります…
赤字になり、どうしても必要な
衣料品などはカード払いをしてしまい
翌月払いの請求が来る事になります…

あきさんから見たら突っ込みどころ
満載な内容かと思います…涙。

保険代も高すぎますよね…

どうかアドバイスをお願い致します。



**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「家計診断」についてですね。

**********

ご質問の内容ですが、

1ヵ月チャレンジしてみてのアドバイスをご要望なのか?
それをもとに家計診断をご要望なのか?
ちょっと家計相談をご要望なのか?

が分からなかったのですが、

計算を補足し、家計診断としてお答えさせていただきますね^^

質問者様の家計状況について、
いくつか気が付いた点がありますので、以下お伝えさせていただきますね。

1.全体的な感想について

質問者様の家計状況ですが、

おそらく、ご自身では、なんとなくムダ遣いはあるかな?とは思いつつも、特に大きな贅沢もしていないし、必要なものを買っているだけ・・という感覚ではないかな?と推測いたします。

2.収入について

収入について、月額の表記しかありませんでしたので、おそらくこれくらいはあるのではないか?という予測で収入を計算させていただきました。

おそらく幼稚園の助成金など、もう少し手当があるのではないかというのが私の予測です。

支出についても、これは月額、これは年払いのものだろうという予測で計算させていただきました。

ですから、多少の誤差があると思いますが、ご理解いただければと思います。

3.支出について

ご報告いただいた支出について、

ぱっと一読させていただいた範囲ですが、

質問者さまの家計に、「これを大きく見直さなくては家計が回らないな」という支出はありません

電気6000円
ガス14000円(公団のため浴槽リース代金含む)
水道1カ月8000円積立
生命保険夫17000円(再婚なため50歳から加入。子供が小さいため給与補償タイプに入っています…)
妻生命保険月払い3000円

こちらの支出については、確かに削ろうと思えば削れますが、

現状の家計の状況であれば、

これらは今の「現状のまま」でも、全く問題ありません

4.課題はどこか?

質問者様の家計の課題は、

食費7万円(夫は弁当持参。子供のおやつ、飲み物、パン代もかさんでいます…)
日用品
特別費


この3つであると私は考えます。

ただし、

食費については、
ご主人の嗜好もありますし、
お弁当を持たせているということですから、
その分お小遣いをおさえていると考えると

「これ以上増えないように気をつける」範囲で充分かと思います。

5.日用品

日用品については、

安くなっているからと言っていつもより多く買っていないか?
まとめ買いをしていないか?

について振り返ってみて下さい。

日用品7000円
オムツ(二人分)11000円

は、やや高すぎます。

まずは、オムツも含め日用品を月15000円程度にすることから始めてみて下さい。

そうすると、年間で36000円節約できます。

6.一番の課題は特別費

おそらく、衣類や家電など、なんとなく「必要だな」と思う支出が多く、うまくコントロールできていないということをご自身でも自覚されているのではないでしょうか。

ちょっとまとめて高くなってしまいそうな支出はカード払いにして2ヵ月支払いを遅らせておけばなんとなく安心・・というような感覚はないでしょうか?

そのような特別高額ではないが、安くもない支出が積もり積もっている印象をうけます。

ただ、特別費は一番管理の難しい支出ですので、これから1年くらいかけて徐々にコツをつかめるようになると見違えるように変わってくると思います。

7.まとめ

質問者様の家計は、
本来ならば、収入にたいして、支出が特に多すぎるという家計ではありません。

日用品と、特別費をしっかり管理するだけで、特に契約などを見直すこともなく、年間30~40万円の貯金が可能であると感じます。

もし、幼稚園の助成金や出産祝い金などがあり、もう少し収入が多いようでしたら、生活レベルを全く落とすことなく、年間50万円ほどの貯金も可能と感じます。

特に特別費の管理について
これは必要なものだからとついつい買い込んでいないか
今一度ふりかえってみるとよいかと思います。

このままあきの家計簿を続けていただければ、自然に特別費の管理の仕方も少しずつ見えてくるかと思います。

ただ、家計診断は、詳細がよく分からないまま自分なりの解釈でしていますので、多少の誤差や、ここは無理というところもあると思います。

あくまで参考までに^^

最後になりましたが、

3ヵ月も家計簿のチャレンジありがとうございます^^

質問者様の家計がよりよいものになりますように☆☆

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ

↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください