ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

手取り年収600万円以上の家計

【手取り年収600万円台】充分な収入があっても、やっぱり将来が不安?

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

**今回のご相談内容**

初めまして。

あきさんのブログ・本を参考に家計を見直したいと思いました。
今回思い切って相談させていただきたいと思います。宜しくお願いします。

家族構成 夫(45歳)妻(45歳)子(中2)

2017年度予算
給与・賞与 643万円
合計 643万円

1.銀行支出

駐車場代 16万3千円
光熱費  15万5千円
通信費  22万円 
スカパー 4万9千円
教育費  91万円 
生命保険 22万円 
個人年金 18万円 
生協   12万円
夫小遣い 70万円(月5万円、ボーナス時プラス5万×2)
カード払い23万円(ガソリン代、ETC、灯油、昨年度のカード払い残13万円) 
車関係  11万円(保険2万、税金4万、車検積み立て5万)
車購入積立 0万円 (年間30万×10年,今年度は保留)
特別費  47万円(帰省、衣服、お中元・お歳暮、イベント、レジャー費、冠婚葬祭)
学費積立 30万
旅行積立 12万(月1万円)
特別費とりわけ30万(来年度特別費2018.1~6月まで予算分)

小計 424万円

2現金支出

食費 54万円(月45,000 お米なども含む)
日用品7万2千円(月6千円)
娯楽 36万円 (月3万円)
教育費 12万円(部費、部活用品)
特別費 24万円(月2万円)(クリーニング、インフルエンザなど)
新聞代  5万円(月4千円)
妻小遣い12万円(月1万円)
臨時費等12万(臨時費5千円・家電買い替え5千円)

小計 162万円    合計 586万円

昨年度の収支も入力したのですが、文字数オーバーでエラーになるため、今年度の予算のみ送信いたします。数年後には主人が単身赴任予定なので、二重生活に耐えうる家計にしなければと思っています。

最近、あきさんのブログ・本に出会い真剣に家計見直しを考え、このままではいけないと思っています。
常にお金に関する不安が頭から離れず、精神的にも落ち込むばかり。
家族にまで迷惑をかけるようになったので、これを機に家計だけでなく、いろいろなことを見つめなおすきかいになればと思います。
宜しくお願いします。



**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「家計診断」についてですね。

**********

質問者様の家計状況について、
いくつか気が付いた点がありますので、以下お伝えさせていただきますね。

1.全体的な感想について

文字数オーバーになってしまい、一部の情報が入力できなかったということで、どの辺が足りないのか?が分からないとなんとも言えないところはあります。

メールフォームは、ブログを移転した関係で現在1000文字しか入力できないようです><(注意書きがたりず申し訳ありません)

ですが、2度に分けて送っていただくことは可能ですので、必要な場合は、再度分割してお送りください。

お手数をおかけして大変申し訳ありませんが、ご協力いただけると幸いです!

2.このままでも貯金はできる

こちらの情報は、今年度の予算表ということですが、

収入 643万円
支出 586万円

なので、年間57万円の貯金が可能になっています。

また、

個人年金 18万円 
学費積立 30万
旅行積立 12万(月1万円)
特別費とりわけ30万(来年度特別費2018.1~6月まで予算分)

臨時費等12万(臨時費5千円・家電買い替え5千円)

合計 年間102万円

と、「先取り積立」をされているので、

こちらも貯金とは言えないまでも、プール金と考えると、
年間で随分多くのお金を「予備費」として考えられているなあという印象です。

また、特別費とりわけ30万(来年度特別費2018.1~6月まで予算分)
については、念のため予算として組み込んでいるのだと思いますが、
サイクル的に、1年1年と繰り返していくことを考えていくと、
こちらは、いったん貯金として計上して構わない支出です。

ですから、年間で87万円は貯金が出来る計画がたっていると考えて構いません。

学費積立 30万

こちらの支出も、現在払っている学費の来年分の積み立てなのか?それとも大学など先の学費の積み立てなのか?が分かりません。

もし、大学など先の支出ということでしたら、こちらも貯金と考えて構わないので、年間で117万円は貯金が出来る計画がたっていると考えて構いません。
(将来の学費、車、老後、マイホーム、もしもの時の準備金など、当面使わないが、使う時に使うお金を貯金とわたしは呼んでいます)

こちらの予算表からは、ご家族に迷惑をかけるような印象はないのです
が、どのような点で落ち度を感じているのか?がこちらの表からはくみ取れません。

3.心配なところは

全体的に、「プール金」が多く、あらゆる支出に備えようとされていることがわかります。

ですが、「準備、準備」で、先の将来の支出に対する不安が強く、今の支出を楽しめているのかなあという点がひっかかります。

貯めなくてはという不安だけが先行して、多くのお金をプールされているのかな?と思いますが、年度をまたぐプール金も多く、1年1年の区切りがあいまいになり、結局わけが分からなくなっていないかなあ??と気になっています。

また、年間で159万円ものお金を貯金またはプール金としていますが、反面「レジャー費」はほとんどないように思います。

将来の不安が先行し、旅行などにはほとんど行けていないのではないかと感じます。

ご家族も、どちらかと言えば、「節約モード」で「大きなお楽しみがほとんどない」ことにご不満がないか?という点が気になります。

4.まとめ

質問者様の家計は、
全体的に大きく踏み外しているような印象はありません。

ただ、全体的にプール金だらけで、将来に対する不安が大きく、今を楽しむ余裕がないという印象です。

単身赴任に備えて、さらに生活を小さく、、しなくてはいけないのかもしれませんが、あまりに生活を小さくしようとしすぎると、ギスギスした「貧乏くさい」家計になってしまいますので、ほどほどを目指されていくと良いかと思います。

最後になりましたが、ブログをご覧いただき、また書籍もご覧いただき、ありがとうございます!

少しでもお役に立てたら嬉しいです!!

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ

↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

POSTED COMMENT

  1. 陽だまり より:

    こんにちは。はじめまして。
    あきさんのブログを拝見して、家計簿を試してみようと思いました。
    我が家は6人家族で、上は高校生なのですが、私立に通っています。2番目は幸いにも県立に行っていますが、やはり上の子の出費がかさみます。8月から住宅ローンが始まるので、引っ越しなど出費もかさむので、しっかりお金の動きを把握したいなと思いました。是非活用させてくださいm(__)m

  2. あき より:

    コメントありがとうございます。
    出費がかさむご予定があるのですね。
    当ブログの家計簿は
    使うだけで収入が増えるわけではありませんが、
    同じ収入の中でより効果的に使うためにどうすればいいか?
    計画が立てやすい構成にこだわっています^^
    当ブログの家計簿が少しでもお役に立てたらとても嬉しいです!
    今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  3. 青空 より:

    この度は、家計診断ありがとうございました。
    あきさんのコメントを読ませていただいて、まさしく今を楽しめていない
    改めて我が家は”理想追い求めすぎ貧乏”だと実感しました。
    コメント一つ一つが身に沁みました。
    今後もあきさんのブログを参考にさせてもらい、家族が幸せになる家計を目指していきたいと思います。ありがとうございました。

  4. あき より:

    こちらこそご利用ありがとうございました!
    少しでもお役に立てたなら嬉しいです^^
    理想追い求め貧乏さんは、「自分は頑張っている!」という気持ちも強いので、もう少し手を緩めてみては?といっても、なかなか受け入れられないこともあります。
    これからの家計がより良い方向にいかれれますように・・☆彡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください