家計のやりくりアドバイス

上手く出来ない袋分けの家計管理を続けるべき?やめるべき?

家計相談Q&A

当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

私はあまり金銭管理が得意ではなく、毎月収入を全額引き出しては
袋分けで管理していました。

内容は
食・生活費、電気、ガソリン、夫携帯・自宅インターネット、妻携帯、夫こづかい、夫・妻保険、水道
です。

これを袋に分けまして、
残金をなんとなくとっておいて、赤字部分に補填していました。
(食・生活費が足りませんので、主にその補填です)

また、ボーナスの割り振りも大体決めておりまして
緊急用として自宅に15万円保管
貯金に10~15万、残りを夫の小遣いや旅行代として充てていました。
(車検が重なる時は別でした)
冠婚葬祭や自治会費・想定外の出費などはこの緊急費を使っていました。

今回、今までの予算の考え方・管理方法ではなく
年間支出に合った割り振りをしたいと思いました。

今後は袋分けをやめるべきか否か、大変迷っています。

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

「袋わけのお金のやりくりをやめるべきかどうか」についてですね。

袋分けはやめるべき?

当ブログでは年間支出に合った割り振りを推奨していますので、基本的に袋分けで管理する必要はありません。

ただ、袋分け自体は悪くないですよ。

今までの情報だけでは、私自身が質問者様の家計の流れをしっかり把握しきれていないのですが、今までは銀行引き落としになっていたものも
袋にわけていたんでしょうか?(光熱費や携帯電話代など)

銀行引き落としになっているものは袋分けはやめてもよいかと思います。

袋分けの方がやりやすいのであれば、現金での支出のものだけ袋分けを続けましょう。

銀行引き落としになるものは袋分けにせず、引き落とし口座に合算して入金するだけで充分です。

電気、ガス、水道、など全部あわせていくら、の端数切り上げでOKです。

電気いくら、ガスいくら、と細かくわけると全部あまりが出て、端数の管理が煩雑になります。

また、そのあまりを今までは生活費の補てんにしていたりしたのでしょうが、不明金になりがちだったとおもうので、電気、ガス、水道など口座引き落としいくら、と合算で用意してみてください。

一方、現金での支出は、食費、日用品、娯楽費などをあわせて生活費として一括で管理する現在の方法でOKです。

ここまでが袋分けの基本です。

袋分けが悪いのではなく、予算管理さえできれば袋分けでも家計簿でもアプリでも大丈夫です。

ただ、人によっては「どれが分かりやすいやりやすい」という差はありますので、袋分けだと分かりにくいと感じる場合は家計簿に変えてもよいでしょう。

すぐに切り替えるのが心配な場合は、しばらくは併用しながら様子を見るのもオススメですよ。

関連記事

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

この記事を書いた人

あき:家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。
家計簿、家計管理、節約術、貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。掲載雑誌なども多数。
東京都在住。子ども3人5人家族の主婦。

おもな著書は以下の3冊。
「1日1行! 2年で350万貯めた あきのズボラ家計簿」
「年1回見直すだけ! ラクして貯まる! あきのズボラ家計管理」
「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」

ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他