ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)
お金を貯める節約術や考え方

毎月赤字の家計は、こう計算!家計を確実に黒字にする方法

貯金がしたくても、毎月赤字。

どうやって家計のやりくりをしていけばいいのかわからない。

そんな時は、この計算方法で、月のやりくり費を計算してみて!

「収入-貯金=生活費」の計算は、危険!

本や雑誌などで良く紹介される計算方法は

「収入 - 貯金 =生活費」

つまり、月の収入が30万円だった場合は、

毎月3万円など

一定額を先取りで積み立て貯金をし、

残ったお金で生活するというもの。

この方法は、「貯金の王道」なので、すでに導入している人も多いハズ。

でも、この計算をすると、生活がかなり苦しい!という人は要注意。

生活費が足りなくなり、積み立てた金を切り崩し・・・。

結局何年たっても貯まらないというサイクルになりがち。

また、過度な節約生活をしなくてはならなくなり、毎月カツカツ

見切り品だけで献立を作るような、ストレスフルなケチケチ生活をするハメになり、
ストレスが溜まって、長続きしないのがオチ

自分の生活費のサイズが分かっていない人が、この方法をやっても無意味なのです。

「収入-主な支出=生活費」の計算も、危険!

また、「収入ー主な支出=生活費」という計算方法もあります。

つまり、月単位で毎月黒字を目指していくという計算方法です。

収入が30万円の場合、30万円からおもたる支出を引きます。

たとえば、

家賃8万円
光熱費1万円
生命保険2万円
携帯電話1万円
保育料2万円
こづかい3万円

上記の例の場合は、

30万円 - 17万円 = 13万円。

残った13万円が生活費となります。

残った13万円で生活ができる方はこの方法でOK。

しかし、13万円で、毎月生活できない!という方は要注意。

月収が少なく、払うものを払ったら3万円しか残らない・・・
といような方も要注意です。

この計算方法は、月収が多めの方でないとなりたたないのです。

でも、今この収入しかないのだから、月をまず黒字にしなくてはいけない

だから、生活費をもっと節約しないと・・・。

そう思って、またまた過度なケチケチ節約生活を始める・・・。

これでは、いつまでたってもスタート地点にすら立てません。

実はあき家もそのパターンで、何年たってもスタート地点にすら立てなかったのです。

「あきの家計簿」ではこう考える!

あきの家計簿では、収入と支出を「月単位」ではなく、「年単位」で考えます。

まずは・・

月収 ×12ヶ月
手当  1年分
ボーナス ×2回

を計算してみましょう。

例えば、月収30万円、児童手当2人分年間(3歳以上2人として)24万円、ボーナス30万円×2であれば、

年間収入は444万円

そして、まずは、生活に必要な支出を集め、一年分で計算します。

家賃8万円×12ヵ月=96万円
光熱費1万円×12ヵ月=12万円
携帯1万円×12ヵ月=12万円
生命保険2万円×12ヵ月=24万円
保育料 月2万円×12ヵ月=24万円
小学校 月5千円×12ヵ月=6万円
夫こづかい 月3万円×12ヵ月=36万円
習い事 月1万円×12ヵ月=12万円

合計222万円

444万円 - 222 = 222万円。

つまり、残り222万円を生活費として考えます。

これを12ヶ月で割ると

222万円 ÷ 12 = 18万5千円

先ほど、月単位で黒字にしなくては!と考えていた時は、月に使えるお金は13万円でしたが、18万5千円に増えました。

月3万円貯金したい場合は、毎月15万5千円で生活すればいいということになります。

ボーナスや手当も入れているので、月によっては赤字になる月もありますが、黒字になる月もでてきます。

毎月赤字だ・・・と思っていた人も、少しゆとりがある生活になります。

しかし、この方法でもまだ貯金がうまくいかない場合があります。

毎月15万5千円という定額で生活できれば確実に黒字になるはずなのですが、実際は、予定外の支出や高額な支出がありそれ以上に支出が膨らむ・・・というケースも多々あります。

そのような支出を「特別費」といいます。

家計は、この特別費に対応できなくてはダメなのです。

「特別費」にはこう備える!

特別費に備えるためには、↓このような「特別費の予算表」を作成します。

b52ee329.jpg

(これは記入例です。)

1年間にいくらくらい「特別費」がかかるか?を先に計算します。

仮に年間で80万円かかる予定であるとしましょう。

444万円 - 222万円 - 80万円= 142万円

貯金を毎月3万円したい場合は・・

142万円 - 36万円 = 106万円

毎月3万円貯金をするなら、月の生活費は約8万8千円です。

この場合は、大きな出費を除いて、毎月8万8千円で生活することが安全な家計配分と言えます。

「月単位」の生活費に戻ってみる

さて、ここで、最初の月単位の生活費に戻ってみましょう。

例でいうと、

月の収入 30万円

家賃8万円
光熱費1万円
携帯1万円
生命保険2万円
保育料 月2万円
小学校 月5千円
夫こづかい 月3万円
習い事 月1万円
月の生活費 8万8千円
毎月積み立て貯金 3万円

月の支出は30万3千円

です。

月の積み立て貯金を支出としてみなすと、月30万円の月収をこえています。

これで、毎月3万円ずつ積立ってどうやってやっていくの?となりますよね。

でも大丈夫。

支出を「年単位」でみているので、手当やボーナスを活用しながら、やっていけばOK。

今まで、まず「月が黒字にならない」ために、どう家計をまわせばいいか分からず立ち止まっていた方でも、

この計算方法なら、月で赤字だったとしても、年間で黒字にもっていくことができます。

でも、この方法だと、月の生活費がキツキツになっちゃう・・
まだ特別費がよく決まっていない・・

という場合は、まずは、「月の生活費」の予算を先に決めましょう。

「生活費」がカツカツな場合は・・・

家計管理を上手にしたい時は、月の生活費は固定で考えます。

固定資産税などの大きな支出を除いた時に、毎月必要な生活を月9万円なら9万円と大体で固定します。

9万円×12ヵ月=108万円。

444万円(収入) - 222万円(固定費) -108万円(生活費) = 114万円(特別費と貯金に使えるお金)

毎月3万円積み立てるなら

114万円 - 36万円= 78万円

特別費を年間で78万円におさめればOKということになります!

貯金をもっと増やしたければ、貯金額を増やし、特別費を減らして再計算してみましょう。

もちろん、まず積み立てから計算したい!
という人は、生活費を引き算する前に、積み立てを引き算すればいいだけ。

自分が大切にするお金の優先順位によって計算の順番をいれかえてもかまいません。

まとめ

上記の方法は、毎月赤字で、黒字にしようと思うと、とても生活が苦しくなってしまう

それでも黒字にしないといけないのか・・・と、慢性的な赤字に苦しんでいる家計の方の場合の計算方法となります。

そもそもボーナスや手当をあてにしなくても毎月黒字家計にすることができれば、とても理想的。

そのようなことが出来る方にはこのような計算は必要ありません。

毎月着々と黒字を出していけばいいだけです。

しかし、毎月着々と黒字を出していけるほど月収が高くないという人の方が圧倒的に多いものです。

まずは毎月黒字にできないかいろいろな支出を削る努力をし、それでもだめだったら年間で収支を考えてみるとグンと家計がラクになりますよ!

「予算が毎月守れたり守れなかったりで、結局赤字になっちゃうのよね」
「カード払いがあって、訳が分からなくなる」
「毎月黒字にしなくては!と生活を切り詰めすぎてしまう」
「そもそも家計管理に自信がない」

という方も、ご自分の収入などの条件に応じた「ちょうどいい生活」を計算することが出来れば、ツライ節約術に手を出さなくてもラクラク赤字家計から脱出できるようになります。

☆関連記事☆

↓無料で読めるあきの家計簿のつけ方はこちらから!
・1日1行!簡単なのに確実に貯められる家計簿のつけ方

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください