ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

手取り年収500万円の家計

【手取り年収500万円】20代、2人家族。非常に理想的な家計だと思います。

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

**今回のご相談内容**

以前相談させて頂いたことがありますが、今回家計診断をお願いしたいです。

結婚していまの家計になってからまだ1年経っておらず、あきさんの家計簿は今年入ってからつけ始めました。

家計診断お願いするなら1年間の支出を全て把握してから…と思いましたが、秋に結婚式を控えており、結婚式・新婚旅行・結婚指輪などで貯金の半分以上を使うことになるので、この半年の支出と、これからの予算立てがこれで大丈夫なのか心配になり相談させて頂きました。

家族構成
夫(26)、妻(26)

収入
夫 年間420万
妻 年間100万
合計 年間520万
夫給料から家賃天引き(上記は天引き後の1年目現在の収入です)→3年まで2.2万、4.5年目3.3万、6.7年目4.4万で7年目まで住めます。それ以降住む場合は8万のアパートです。

銀行支出
電気 年間8.4万(月7000円)
ガス 年間7.8万(月6500円)
水道 年間4.2万(月3500円)
駐車場 年間91200円(月7600円)
ネット 年間37200円(月3100円、2年目から5300円)
携帯2台 年間14.4万(月1.2万)
生命保険、医療保険 年間18万(月1.5万)
車保険 年間14.4万(月1.2万)
合計800400円

現金支出
食費 年間24万(月2万)
日用品(妻化粧品含む) 年間7.2万(月6000円)
ガソリン2台 年間14.4万(月1.2万)
夫小遣い 年間24万(月2万)
娯楽費(妻小遣い含む) 年間60万(月5万)
妻国民健康保険、国民年金24190円
合計1320190円

特別費
火災保険一括払い 4250円
NHK受信料一括払い 2.7万
ライブ、レジャー費 年間28.4万
イベント費(誕生日、母の日、帰省費など) 年間24.3万
家電(積立含む)、インテリア、車買換積立 年間51.2万
臨時費(冠婚葬祭、医療費積立) 年間6万
衣服費 年間4.4万
自動車税 36700円
美容院 年間4万
妻資格受験料3300円
車検2台 18万
合計1434250円

支出合計3554840円
収支+1645160円
先取り貯金 年間50.4万(月4.2万)
残り1141160円も貯金に回す

・生命保険、医療保険は結婚する前から加入していたもので、今後しっかり勉強してから見直ししてもう少し金額増やしたいです。

・軽自動車、普通車1台ずつ所有、田舎のため車必須です。
車買い替えのために月3万×6年で一括購入できるように積立してます。
余裕があればもう1台も買い替えのため積立にお金回したいです。

・食費は実家からお米もらうので米代と、お酒もほとんど飲まないため酒代もなし。高いでしょうか?

・妻国民健康保険と国民年金は失業保険もらう関係で夫の扶養に入ってなかったのでかかってます。扶養の手続きが完了したので今後負担なし。

・夫婦共通の趣味がライブやフェスに行くことなので、チケット代・交通費・グッズ代・CD代で結構な支出かさむので特別費に予算入れて、少ない額であれば娯楽費で対応してます。
娯楽費に7万使った月もあり。やっぱり娯楽費多いですよね?

・結婚式が県外の地元で行うため月1〜2で打ち合わせなどで日帰りもしくは1泊2日で帰省してます。
結婚式が終わる月まで盆や年末年始の帰省とは別に月1.5万予算取ってます。

結婚式の費用は貯金を取り崩すつもりなので、それ以外の分は年間を通した計算では今のところ黒字予定ではあるんですが…子供がいないうちにもっも貯めたいという気持ちと、いまのうちに自分たちの趣味でお金を使いたいという気持ちとでどうしたらいいかわかりません…

お忙しいと思いますがアドバイス頂きたいです。よろしくお願いします!


**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「家計診断」についてですね。

**********

質問者様の家計状況について、
いくつか気が付いた点がありますので、以下お伝えさせていただきますね。

1.全体的な感想について

一言でいうと、とてもよく出来ています!!

結論からお伝えすると、ぱっとみた範囲での感想ですが、この予算案は、近年まれにみるほどの良い予算だとおもいます^^

2.支出について

支出について、現状特に大きなムダ遣いというものは見つかりません。
しいて言えば、お二人暮らしにしては、電気代・ガス代が高い
というくらいで、あとは、それほど気になるところはありません。

3.これくらいとれている方がいい

娯楽費(妻小遣い含む) 年間60万(月5万)
ライブ、レジャー費 年間28.4万
イベント費(誕生日、母の日、帰省費など) 年間24.3万

年間に113万円ほどお楽しみに予算がさけています。

これくらい予算が取れていれば、充分にお楽しみもあり、ケチな節約とはいえないので、理想的です。

もちろん、娯楽費がちょっと高すぎるなど言うことも出来ますが、
年間でこれだけ貯蓄ができている状況の中での娯楽費 月5万円なら全く問題ないと思います。

4.食費はもう少しかけてもいい

食費 年間24万(月2万)

ということですが、お二人で月2万円はやや少なすぎる
象です。

米代などがかからないということにしても、もう少しかけてもいいと思います。

もちろん、最低限の基準1人1ヵ月10000円はクリアしているので、絶対にダメという事ではないです。

5.ただし、これは今だけ

今はお二人暮らしでお二人とも働いているということもあり、とても理想的な家計状況であると思います。

もう少し貯金したい気持ちもあるでしょうし、まだお若いのでもう少し遊びたい気持ちもあるでしょう。

その中で良くバランスをとっていると思います。

ただ、この支出内容は、今だけと考えた方が良いでしょう。

お子さんが生まれると

食費、光熱費、日用品、衣服費が自然に上がってくるだけでなく、
保育園などの料金もかかるようになってきます。

さらに大きくなれば習い事の費用もかかるようになります。

もしかしたら、今よりも奥様の収入を減らさざるを得ないこともありえます。

ご主人も今はお若いので、それほどこづかいはいらないと思いますが、会社の中で立場が上がれば、小遣いももう少し必要になってくることも考えられます。

家賃も、年齢によって上がってくるようです。

そうなった時に、今と同じように娯楽やレジャーにお金が使えないことにストレスを感じないように、今から心の準備はしておいた方が良いと思います。

生命保険などの見直しも検討されているという事ですが、
子供が生まれたら月の支出が2万~5万円くらいは上乗せされることを考えた上で、追加される方が良いかと思います。

若いうちに、今は払えるから!と「学資保険」「個人年金」など様々な「貯蓄性商品」に加入してしまい、あとから子供にかかる費用が予想以上になり、支払いがパンパン。
でもやめるにやめられないという状況になると非常に苦しい家計になってきます。

6.まとめ

質問者様の家計は、
現在のところ、パッと見た範囲ですが、非常に理想的な家計と私は考えます。

貯金も出来ているし、ケチケチしすぎず、しっかりと「お楽しみ」にも費用をかける。

今年度は、貯めたお金から結婚式の費用が出てしまうという事ですが、
ご祝儀などで戻ってくる部分もあると思いますので、それほど心配はいらないと思います。

最後になりましたが、

ご結婚おめでとうございます!まだまだお若いご夫婦ですので、これからの生活が楽しみですね^^

あくまで参考までに^^

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ

↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください