食費・日用品

食費と日用品費が混ざっている場合の正しい家計簿の内訳、つけ方(書き方)は?

食費・日用品節約術

日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

初めまして!

ブログ拝見して驚きました!今まで色々な家計簿をつけてみても長続きせず、つけてる意味もわからずなんとなくつけていました!

さっそくやってみたいと思います!!

そこで一つ教えていただきたいのですが、

うちは月1回大きな買い物をしています!

日用品食費が混ざって10000円とかの場合、家計簿はどのようにしたらよいかアドバイスいただけたらと思います。

よろしくお願いいたします!

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

「食費と日用品費が混ざっている場合の家計簿のつけ方」についてですね。

食費と日用品費が混ざっている時

買い物をする時、日用品と食材を一緒に買う場合もありますよね。

例えば合計3000円のレシートがあるとします。

オムツ1200円
食材1560円
消費税240円
合計3000円

このような内訳の場合、家計簿にどう記入するか、ということですね。

食費と日用品費は分ける?

日用品費と食費が一緒のことが多い場合は「家計簿は食費&日用品費と一緒の費目にして家計簿につける」ということを推奨している方もいらっしゃいます。

しかし、私は家計簿歴15年以上、1000件以上の家計相談をお引き受けしてきた実績から家計簿初心者は「食費」と「日用品費」は分けて管理した方がいいと考えています。

「食費」と「日用品」を一緒の費目にしてしまうと、はじめのうちはうまく予算管理ができなくなることが予測されるからです。

ただ、これはお好みもありますので、どうしても一緒にしたいという方は一緒にしても構いません。

食費と日用品費が混ざっているときの家計簿のつけ方

わが家でも同様にしていますが、合計3000円のレシートのうち日用品がオムツ1200円だけだった場合の家計簿のつけ方は以下の通りです。

1)オムツ代1200円と日用品費として家計簿につける。

2)レシートの合計額3000円からオムツ代1200円を引く。

3)残った金額1800円を食費として家計簿につける。

このような方法でレシートの中から「食費」「日用品費」のうちどちらか少ない方を選び出して先に記入して、余った金額を残りの費目に入れるということにしています。これなら計算も簡単なのでそれほど手間ではありません。

ただし厳密にいうと、上記のように家計簿をつけると、外税の場合は日用品費を税抜き価格で記入していますので、日用品の分の消費税が食費にまぎれてしまうことになります。

しかし、それくらいの端数の差があっても家計簿上全く問題ないと考えます。

ちなみに質問者様の場合は「月に1回大きな買い物をしていて日用品食費が混ざって10000円」ということですが、こちらの内訳については少し見直しを検討してみてください。

お夕飯の食材と日用品が混ざっているレシートの場合は上記のような方法で簡単に分けて記入すればOKですが、内容によっては「食費」や「日用品」ではなく「娯楽費」にした方がいい場合もあります。

例えば、おやつのまとめ買いの金額が5000円をかるくこえるなど、子供のおやつの範疇を超えた大量のまとめ買いの場合は「娯楽費」にすると使いすぎが自然に防止できます。

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!
↓他にもある!食費・日用品に関するご質問はこちらから
・食費・日用品に関するご質問のまとめ

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー、住宅ローンアドバイザー(住宅金融普及協会)資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。日本テレビ、NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他