ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

家計(家計簿)の質問相談 Q&A

子どものおかし買って!攻撃への対処法。ついでに旦那対策も。

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

**今回のご相談内容**

定期的にこちらをチェックし本も買い勉強してます(^^)/

素朴な疑問なのですが、、、

あきさんも小学生以下のお子さんがいらっしゃると思いますが、買い物など行った際、予定していないお菓子や文具など買うことはないのでしょうか?

今3才の息子が入浴剤にはまっていて炭酸でシュワシュワ溶けた後ちょっとした玩具がでてくるやつ。100均で買うこともありますが、ドラッグストアなど行くと見つけて買って買ってと周りが振り返るほど騒いで迷惑なのでつい買ってしまいます。1つ400円ほどですが月に何回かあると予算オーバーの原因になります、、、

あきさんは子供のおねだりワガママをどぉかわしていますか??

お菓子やジュースは食費に入れてますが息子の欲しがる入浴剤は娯楽費でいいのでしょうか?
ガチャガチャなど予期しない出費は予算内であれば気にしないでいいのでしょうか?

今までちょっとした金額なら買ってしまっていたのが悪いのですが、真剣に貯金したいと思いこちらで勉強するようになってからそんなちょっとした出費も許せなくてダメ!ダメ!となり泣く子を抱っこして店を出る事が多くなり子供つれて出かけるのも憂鬱になりました、、、

家族みんなが楽しくお金を使う。と言うところがいいな♪と思い実践したはずなのに何か違うかも、、、と思ったり色々な思いが葛藤しています。

今日は買うの我慢して楽しいところ遊びに行こうねぇなんて言っても未就学児には理解しきれない部分もあるだろうし。あきさんはどうされてますか?

子供2人いますがおかしやジュース2人の嗜好品だけで月5000円位あるようにおもいます。
年間6万、、、恐ろしくて考えたくない( ノω-、)

忙しいのに家計簿とは関係ない質問スミマセン。



**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「子供のおねだり対処法」についてですね。

**********

分かります(笑)。

わが家も3人子供がいます。

小5、小1、3歳です。

わが家でも、スーパーにいくと、おかしをねだられます(笑)。

1個100円以下のおかしならまだしも、粘土のように練って形をつくるようなタイプの、それ、値段の割に食べるとこあんまりないんじゃない?というようなおかしをねだられると、え~それ?もったいない!って気分に内心なります(笑)。

でも、子どもは連れて行ったらおかしは欲しがるものなので、3人で税込400円以下ならOK!というように、条件をつけてOKとしています。

でも毎回それだと嫌なので、

スーパーへは基本1人で行く

ようにしています。

連れて行ったとしても3女だけ。長女と次女が学校でいない時間帯を狙っていくようにしています。

または、近所で30分程度ですむような短時間の買い物あれば、3人で留守番させることもあります。
(長女が高学年になりだいぶしっかりしたことと、3女が授乳期を過ぎたのでできるようになりました)

3人連れて行くと、次女と3女が迷子にならないように見張らないといけなかったりして、余計な時間もかかるので。

あと、旦那さまもね・・笑

連れて行くと、お酒のおつまみとか余計に買いたがるので、月数回しか一緒に行かないようにしています。笑

そもそもわがままが発生しないようにしてしまうということですね^^

もちろん、一緒に買い物に行く楽しさもありますから、全部一緒には行かないではなくて、一緒に行かない日もつくるという感じで対応しています^^

”お菓子やジュースは食費に入れてますが息子の欲しがる入浴剤は娯楽費でいいのでしょうか?
ガチャガチャなど予期しない出費は予算内であれば気にしないでいいのでしょうか?”

ということですが、入浴剤は娯楽費にしましょう。
ガチャガチャも娯楽費ですね。

わが家では、どちらも買わないものです。

ごくごくたまーにならいいですが、年に数回もないかもしれません。

なぜかというと、お金を使うのがもったいない、ではなくて、部屋が散らかるからです(笑)。

入浴剤から出てきたオモチャや、ガチャガチャで買ったオモチャ、それはどうなっていますか?

大切に遊んでいますか?

わが家では、だいたいそのような類のものは「1回遊ぶとあきる」ので、すぐ不用品になってしまいます。

それをすぐ捨てるのももったいないし、取っておけばチリツモで部屋も散らかる・・・。

片づけるのは自分なので、すごく嫌!になってしまって、これは買いたいと言われても買ってあげないです。笑

一度買ってもらえると、何回でも買ってもらえると思ってしまいがちなので、
これについては小さい頃から、これは泣いてもなんでも絶対買わないと言い聞かせています。

昔、お金が貯められなかった頃、長女が小1のころですけど、「アイカツカード」が流行った時期がありました。

その流行りにのっかって、私もカードは買ってしまいました。月に数千円も・・!

でも、楽しかったです。笑 
親子でプレミアムカードやレアカード
をどうやって出すか考えるのが楽しみでした。

だから、これは、質問者様がダメとかそういうことではなくて、わが家ではガチャガチャなどに価値を感じないということです。

ねだられようがなんだろうが、親が価値を感じないダメなものはダメ。

アイカツカードでも今でも3女が遊んでいるし、カードなら場所もそんなにとらないし、これならまあいっかと親も納得しているならOK。

質問者様の考えが、「子供がねだるから、買いたくないけど仕方なく・・」ならしつけのためにも自分のためにもビシッとダメということも大事ですよね。

でも、
「ガチャガチャ買うの楽しい~!かわいいからもっと集めたい~!」
「お友達の中ではやっているようだし、1つも持ってないのはかえってかわいそう。1つくらい持っていた方が友達付き合いが円滑にすすむだろう」
「今日は子どもが買いたいものを買える予算がある日だからオーケー」

など、親も納得する理由があるなら、予算内ではまりすぎない程度、たまにはいいのではないでしょうか。

「しつけ」「家族全員が楽しいものにお金を使う」は別なので、バランスをとって、親も納得のいく形でお金を使ってみて下さいね^^

”あきさんも小学生以下のお子さんがいらっしゃると思いますが、買い物など行った際、予定していないお菓子や文具など買うことはないのでしょうか?”

ということですが、これはないです~。

なぜかというと、そもそも予定をしていないからです。笑

つまり、今日はショッピングモールに行こう!という時でも、

予算は1日7000円ね!など大体の予算は決めていますが、
詳細に何を買うかは決めていません。

最低限、これとこれは買うというものは決めていても、ちょっと多めに持って行っているので、急に文具が買いたい!といった時でも、1日7000円の予算でまず今日買おうと決めていたものを買って、余っているお金が500円でもあれば、500円以内なら欲しいもの買っていいよ!というようになるからです。

余っているお金の範囲内の買い物であれば、文具だろうが、ちょっとした雑貨だろうが、アクセサリーだろうが、お菓子だろうが、何でもいいことにしています。
そこは子供たちにゆだねちゃいます。

余ったお金がない時は、今度ね!と言っちゃうかな。
でも、買ってあげたいので、なんとか少しでも残す方が多いです。

なので、そもそも詳細な予定がないので、予定外の買い物という意識があまりないです~。

もったいないから絶対ダメ、というより、
いくらまでなら何を買ってもいいよ、ということが多いかな?と思います。笑

ただ、予定外に大人の服を買うとか、思い付きで高額家電を買うとか、「値の張る予定外」はしないようにしています。

”忙しいのに家計簿とは関係ない質問スミマセン。”

いえいえ!とんでもない~!
このようなご質問でも全然大丈夫ですよ~^^
むしろ、ありがたいなーって思っています♡
気楽にご利用くださいませ。

ただ、私はなにかのプロでもなくただの主婦ですので、そんな私のいう事で良ければ、どうぞお気軽にご利用くださいませ♡

書籍もブログもご覧いただきありがとうございます♡

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ

↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください