ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

積み立て・口座・貯金

気になる貯まった貯金の使い道!みんなは何に使ってる?

貯金術

当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回相談内容

貯まったお金の使い道を教えていただきたいです。
我が家では、現在やりくり費以外で現金で320万ほど貯蓄しています。

それを今後 
 ・車の買い替え
 ・子供の大学資金
 ・月々の生活を楽にするため、ローン の一部一括返済
 ・妻生命保険残りを先払い
 ・予備費

のどれかに使い、足りないところや別貯金を月々でしていきたいと思っています。

あきさんなら、どのような使い方をされますか?

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「貯金の使い道」についてですね。

貯金の使い道

そうですね、あき家の場合も質問者様とほぼ同じような使い道です。

ただ、もう少し用途は少ないかな?

あき家の貯金の使い道は

「子供の教育費への備え」
「車の買い替え」

が主です。

車は次回の買い替えは2020年を予定していますが、あき家では現金一括で購入する予定です。

子供の教育費の備えは質問者様と同様主に大学費用への備えです。

全額を用意するのではなく、足りなくなると思われる費用の1部を用意しておくイメージです。

大体一人につき最低200万円、3人なので600万円は最低準備しようと思っています。

この金額はあくまで最低限です。余裕があればもう少し多めに準備しようと思っています。

大学の費用に関しては足りなかったらの補填で使う、というイメージなので、使わなかったらそのまま老後の資金に回そうと思っています。

・月々の生活を楽にするため、ローン の一部一括返済

これはうちは基本的にはしないですね。

毎年貯金以外の部分で計画的に住宅ローンの繰り上げ返済をしているので、貯金を切り崩して出すというイメージではなく、現金から出すというイメージです。

・妻生命保険残りを先払い

これも今のところ予定はありませんが、残金が少なくなったら、住宅ローンの繰り上げ返済をお休みして、その分を生命保険の先払いに充てる、ということは検討しています。

やはりこれも貯金を切り崩して出すというイメージではなく、現金から出すイメージです。

ローンの返済や、生命保険の先払いは今後の家計をラクにするためにはとても有効ですが、そのたびに貯金を崩していると、貯まったと思ったら使ってしまい、貯金がいつまでたっても増えないという現象になりやすいと考えられます。

そのためそのようなものには「貯金を崩して対応する」のではなく「その年の特別支出として計上する」という方法をとっています。

貯金は貯金なので、車の買い替えなど、よほどの理由がない限りは「使わない」を基本にしています。

ちなみに、貯金を貯金として寝かせておくのももったいないので、投資に回したりするということはしています。

わが家の目標の1つは、老後は「株の配当金などの金融資産」で「年金だけでは足りない老後の生活費の赤字」を埋められるようにしておくことです。

貯金はいくらあれば大丈夫?

貯金がいくらあれば当面大丈夫か?というラインは人それぞれ違うと思いますが、最低限ここまでは準備しておきたいというラインが私にはあります。

自分で自分のライフプランを作成してあるので、将来的にこれくらい貯まれば最低限老後も大丈夫ではないかと考えている金額がある程度は見えています。そのため、そのラインまで貯まったら、それ以上は貯金はほとんどしないと思います。

だって使わない貯金ばかり増えてももったいないですから~^^

最低限だけ貯まったらそれからは全部遊びに使うぞー!と今から楽しみにしています^^

ケチケチするだけの貯蓄重視の守銭奴だけにはなるまいと決めています。

貯金とは?

ちなみに…ですが、あきの家計簿、あきの家計管理では、「旅行」「家電」などちょっとしたことに使うためのお金は「貯金」とは言いません。

「特別費」として「支出」として計上します。

なので、お金が貯まったら旅行に行きたいです!というのは目標としては素晴らしいですが、貯金を崩して行くものという認識はしないようにします。

そうすることで、「安易に使っていい貯金」と「安易に使ってはいけない貯金」を明確に分けることができます。

「お金が貯まったと思ったら使ってしまって結局何年たってもあまり貯まっていない」という方は、貯金の認識を改めることをオススメします!

お役に立ちましたか?
またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームからいただいたご質問にブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

無料の家計診断&相談は↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ