節約術

家電を値切るコツ!家電を安く買う方法は?節約主婦が値切り方を伝授

「家電を少しでも安く買うために、家電を値切るコツを知りたい」と思うこともありますよね。

もし断られたら…と思うと、恥ずかしくてなかなか店員さんに家電を安くしてほしいと言えない。

なかなか勇気が出なくて家電の値切り交渉ができない人もいるかもしれません。

でも、大丈夫!

成功率100%の家電の値切り方にはコツがあるんです!

私は今まで数々の家電の値切り交渉をしてきましたが、うまく値切り交渉ができるようになってからは一度も断られたことはありません。

今回は、そんなわが家の「成功率100%の家電の値切り方のコツ」をまとめて紹介します。

家電を値切るコツ

わが家が普段から実践している家電の値切り方は以下の3つステップです。

  • 値段を調べる
  • 店員さんを選ぶ
  • 値引き交渉をする

この3つの順番で値切り交渉をすれば、わが家の場合はほぼ100%の確率で値引きに成功します!

以下3つのポイントについて詳しく紹介していきますね。

家電を安く値切るコツ1.値段を調べる

家電を値切りたいと思ったら、まずしなくてはいけないのは「価格の下調べ」です。

わが家の場合は、「今日は冷蔵庫を買おう」と買うものまでは決めていきますが、具体的に何の商品を購入するかまでは決めません。

お店に行ってからいくつかの商品を見比べて買いたいものを探します。

時にはお店の人に「だいたい予算はいくらぐらいでこんな商品を探しているんですが…」と話しかけ、具体的に購入する商品を決めることもあります。

だいたい欲しいものが決まったところで、価格をネットでチェック。

商品の型番をいれると、様々なサイトの価格が確認できますので、同じ商品の相場を確認します。

家電を安く値切るコツ2.店員さんを選ぶ

買いたい家電の価格帯を確認したら、次に店員さんを選んで話しかけます。

多くの家電量販店だと、量販店の店員さんだけでなく、メーカー専門の販売員さんもいます。

着ている制服を見れば、量販店の店員さんなのかメーカーの専門販売員さんなのかは分かりますので、迷わず量販店の店員さんを選んで話しかけます。

なぜなら、メーカ専門の販売員さんだと、そのメーカーのものを勧められることが多かったり値引きをする権利を持っていなかったりすることが多いからです。

できれば店長さん、副店長さんぐらいの方だと値引き交渉がスムーズです。

家電を安く値切るコツ3.値引き交渉をする

いよいよ、最後に実際の値引き交渉に入ります。

家電をうまく値切るコツは、下調べした価格と同じ値段で交渉することです。

できれば「ネット専門店」ではなく「大手家電量販店のネット店」の価格と同じ金額にしてもらえるように交渉すると簡単にうまくいきます。

失敗しやすい!家電の値切り方


実は、上記の3つのポイントを押さえればほとんどの家電の値引きには成功するのですが、以下のような場合は値引きに失敗してしまうことがあります。

  • 他店の販売価格を見ずに、希望価格だけで値引き交渉をする
  • 人を見て交渉しない
  • もともと安いものを値切る

この3つのやり方をしてしまうと、だいたい家電の値引き交渉に失敗します。

値切りに失敗してしまうと「せっかく勇気を出して値切ったのに…」とむなしさマックスになってしまいますから注意しましょう!

家電の販売員さんも利益を無視した無理な値引きには応じられなくて当然です。

以下、失敗しやすい家電の値切り方について詳しく紹介しますね。

失敗しやすい家電の値切り方1.希望価格だけで値引き交渉をする

同じ商品の価格帯を調べて値引き交渉をすれば、だいたいの値引き交渉は成功します。

しかし、同じ商品の価格帯を調べずに「あと1万円安くしてほしい」など、希望価格で交渉してしまうとだいたい失敗します。

それなら機能を落として予算にあうこちらの商品に変えたらどうですか?と逆に提案されてしまうのがオチです。

他店の値段の方が安かったという数字的根拠があった方が値引き交渉は成功しやすいのです。

失敗しやすい家電の値切り方2.人を見て交渉しない

家電を値切るなら、家電を値引きする権限を持っている人と交渉するのが一番の近道です。

新入社員の方よりも、店長、副店長クラスの方の方が「ちょっと安くしすぎているけどまあいいか」と値引き額も大きめにしてくれることがあります。

特にいくつかの家電をまとめて購入する際などは、店長、副店長クラスの方に、「複数買うからネット価格よりさらに安くしてほしい」というと、さらに値切り交渉もうまく行きやすいですよ。

失敗しやすい家電の値切り方3.もともと安いものを値切る

本日限りの特別値引き品だったり、一つの商品の値段が1000円前後だったり、もともと安い商品も値切りに失敗することがあります。

大きく値切れるのは、数千円の家電よりやはり数万円以上の家電です。もともとの単価が安い商品まで値切ろうとするとあっさり断られることがあります。

ただ、私が以前うまくいったのは「DVDプレーヤーを購入するから配線コードは無料でつけてほしい」といった付属品の値引きです。

単価の安い商品を値切りたい時は、他の商品との合わせ技で交渉するとうまくいくことがあります。

家電の値切り方に関するご質問

こんにちは!
今までの家計簿の余韻が残っていて、まだまだあきさん家計簿にはほど遠い日々ですが、
付け方がわかってから家計簿を楽しくつけることができています。1年後、2年後が楽しみです。

ところで、ブログでふと思ったのですが、
家電を値切る、という技について。

洗濯機を数万も値切ることができるなんて〜〜!と驚きまして。
(普通なのかな??)

値切り方のコツみたいのがあれば教えてもらえませんか??

家計とはあまり関係ないですが、お願いします!!

家電の値切り方に関するご質問もいただいています。

わが家では、家電を値切るのはもはや日常茶飯事なので全く特別なことではありません。

上記のような家電の値切り方のコツでほとんどの商品は値切りに成功していますよ。

質問者様がおっしゃるように

  • 洗濯機 店頭価格10万円→7万5千円
  • 冷蔵庫 店頭価格14万円→12万円
  • 炊飯器 店頭価格5万円→3万5千円
  • パソコン 店頭価格13万円→11万円

数万円の値引きは毎回当たり前に成功しています!

ただし、店頭価格ははやり「ネットショップ」の方が若干ですが安いことがあります。

私は多少高くても保証期間などもしっかりついている量販店で購入するのが好きなので量販店で購入していますが、1円でも安く買いたいと思うのであれば、ネットショップで購入するのも一つの方法ですよ。

関連記事

その他の節約術は節約術カテゴリーよりご覧ください。

2年で350万貯めたズボラ主婦が節約のためにやったやめたこと「頑張らない節約術」で2年で350万円の貯蓄に成功した主婦が節約のために「やったこと」と「やめたこと」を紹介します。 頑張っても効果がない節約は思い切ってやめることも大切です。効果のある節約術だけを取り入れて、楽しい節約生活を送りましょう。...
ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。キャッシュレスの専門家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー、住宅ローンアドバイザー(住宅金融普及協会)資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。日本テレビ、NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「スマホでできる あきの新ズボラ家計簿(秀和システム)」「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他