2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

2年で350万円の貯蓄に成功したあきの「家計簿・節約・貯金・家計管理」の方法を公開しているブログです。ポイ活もしています。 家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。 ケチケチ節約術を卒業し2年で350万円の貯蓄に成功しました!テレビ出演、書籍出版、掲載雑誌多数あります。

月収28万円、3人家族の家計簿公開!毎月の赤字で貯蓄が難しくなってきました。

こちらは、家計簿・家計管理アドバイザーが「家計管理に関する質問にお答えするコーナー」です。

※その他免責事項をお読みください。
今回のご相談内容

あきさんこんにちは。
あきさんの家計簿を始めて5年ですが、とても記入しやすくて活用しています。

そこで、最近毎月の赤字で貯蓄や服などへのお金がなかなか捻出できなくなって来た為、家計診断をお願いしたいです。

夫35歳 会社員 : お給料280,000円
私34歳 無職(2人目妊娠中)
こども1人(2歳)
《年間の家計簿》
◾️ローン: 65,000
◾️電気: 11,000
◾️ガス: 3500
◾️水道: 9000
◾️携帯: 12,000
◾️Wi-Fi: 5000
◾️保険(貯蓄型も含む):26,000
◾️車検•任意保険の封筒積み立て:15,000
◾️火災保険の封筒積み立て: 3000
◾️夫小遣い(お昼代含む):35,000
◾️わたし小遣い: 3000
◾️プレ保育(来年から無償化):17,000
合計:204,500円
《毎月の家計簿》
◾️食費: 42,000 (夫の休みが多かった為に多くなりました。いつもは35,000位に収めるようにしています)
◾️酒: 6500
◾️日用品(オムツ含む):8500
◾️娯楽費(ガソリン代含む):35,000
◾️特別費: 111,000
特別費内訳)
・友達出産祝い: 5000
・免許更新代: 3000
・夫三連休でお出掛け: 14,000
・ETC代: 5000
・美容室: 4000
・夫の異動の為お菓子代、お返し代:10,000
・産婦人科(妊婦検診、分娩予約金):70,000
合計:203,000円

給料から天引きで、会社の株とIDECO15,000円が貯蓄として積み立てにはなっています。

夏冬ボーナス各50〜60万円程を日ごろ使っている通帳の補填に約30万、貯蓄用の通帳へ約20万円移動させています。

旅行に行く場合などは貯蓄用の通帳から少し下ろして使っています。

日頃は使わないけれど、旅行などの特別費用の通帳をもう1つ作るか、封筒を作るべきなのかなあ?と考えたりもします。

よろしくお願い致します。

ご質問ありがとうございます。家計簿・家計管理アドバイザーのあきです。

「家計診断」
についてですね。

家計を確認

setuyaku350

次に、ご相談者様の毎月のやりくりに必要なお金を見てみましょう。

毎月の支出

《年間の家計簿》
◾️ローン: 65,000
◾️電気: 11,000
◾️ガス: 3500
◾️水道: 9000
◾️携帯: 12,000
◾️Wi-Fi: 5000
◾️保険(貯蓄型も含む):26,000
◾️車検•任意保険の封筒積み立て:15,000
◾️火災保険の封筒積み立て: 3000
◾️夫小遣い(お昼代含む):35,000
◾️わたし小遣い: 3000
◾️プレ保育(来年から無償化):17,000
合計:204,500円
《毎月の家計簿》
◾️食費: 42,000 (夫の休みが多かった為に多くなりました。いつもは35,000位に収めるようにしています)
◾️酒: 6500
◾️日用品(オムツ含む):8500
◾️娯楽費(ガソリン代含む):35,000
合計9万2千円

こちらの支出をざっと計算すると、約29万6500円ほどの支出になっているようです。

毎月のお給料を月28万円と考えると、毎月1万6500円前後の赤字のようです。

特別費

◾️特別費: 111,000
特別費内訳)
・友達出産祝い: 5000
・免許更新代: 3000
・夫三連休でお出掛け: 14,000
・ETC代: 5000
・美容室: 4000
・夫の異動の為お菓子代、お返し代:10,000
・産婦人科(妊婦検診、分娩予約金):70,000


この月の家計簿では特別費が11万1000円あったことから、月の支出は40万7500円となり、12万7500円の赤字だったということのようです。

家計の見直し

6c6f1e4ed80e5966b40527e176d69839_m

ご相談者様の家計の気になる点を以下まとめてお伝えしていきます。

1 月の収支が赤字となっている

特別費までいれてこの月は12万7500円ほどの赤字だったようですが、特別費がない状況でも月1万6500円ほど赤字になっているようです。

特別費については、節約することのできない支出も含まれていると思いますので、まずは月の支出を約2万円ほど節約することを検討してみてはいかがでしょうか。

◾️車検•任意保険の封筒積み立て:15,000
◾️火災保険の封筒積み立て: 3000
◾️プレ保育(来年から無償化):17,000


こちらの支出だけで月に3万5千円ほどになるようですので、積立額を減らす、プレ保育が無償になった場合にそのまま支出を増やさず対応するなどの方法が考えられます。

毎月の積立は、車検や保険の積立ですから、「どうしても必要なもの」と考えられると思いますが、その積立があることで、毎月の支出がすでに赤字になってしまうため、ボーナスなどで補てんする必要が出ているはずです。毎月の給料の範囲以上の積立は、してものちのちの計算が煩わしくなるだけで、毎月行う意味はほとんどないと言えます。

代わりに、特別費として予算を立てた方がよろしいかと思います。

2 特別費の予算を立てなおす

ボーナス時に通帳の補填として約30万を入金しているということですから、×2回分として60万円を特別費の予算としているご様子です。

今月は11万円ほど特別費がかかっていますが、年間で60万円でおさまっているでしょうか?

上記の通り、月1.8万円の積立は、毎月の給料から行っても意味がない状況になっている可能性がありますので、思い切って特別費として21.6万円を予算として計上してみてはいかがでしょうか。

毎月の積立でないと厳しいというように感じると思いますが、月の収入からは赤字なので、繰り返しになりますが、毎月積み立てているようで積み立てられていないことになっていると考えられますので、同じことです。

(もし月の給料が28万円以上になり、30万円以上の月が平均的にあるようでしたら、積立は継続でも問題ありません)

旅行代は貯蓄用から引き出しているということですが、貯蓄用から引き出しているお金は本来特別費として支出として計上すべき支出です。

このような点を加味してもう一度予算を立てなおしてみてはいかがでしょうか。

3 予算の立て直し例

私だったら以下のように予算配分を考えます。

《年間の家計簿》
◾️ローン: 65,000
◾️電気: 11,000
◾️ガス: 3500
◾️水道: 9000
◾️携帯: 12,000
◾️Wi-Fi: 5000
◾️保険(貯蓄型も含む):26,000
◾️車検•任意保険の封筒積み立て:15,000→0円
◾️火災保険の封筒積み立て: 3000→0円
◾️夫小遣い(お昼代含む):35,000
◾️わたし小遣い: 3000
◾️プレ保育(来年から無償化):17,000
合計:18万6500円
《毎月の家計簿》
◾️食費: 42,000 →40000円
◾️酒: 6500
◾️日用品(オムツ含む):8500
◾️娯楽費(ガソリン代含む):35,000
合計:9万円

これぐらいの予算であれば月27万6500円となります。

◾️特別費:92万円
車検、保険積立 22万円
出産費用 30万円
レジャー 20万円
衣服 10万円
その他 10万円

ボーナスが年間110万円、児童手当が12万円として考えると年間30万円が貯蓄できるプランです。

貯蓄額が少ないと感じるかもしれませんが、貯蓄用の保険とiDeCoなどで月4万円ほど貯蓄していると考えると、年間で78万円ほどの貯蓄をすることができます。二人目のお子さんが誕生し、児童手当が増えれば約100万円ほどの貯蓄になります。貯蓄性の保険の割合などによっては貯蓄額はもう少し少なくなると思いますが、これくらいの予算配分の方がゆったりとした家計運営をすることが可能ではないかと考えます。

旅行用の口座を作ろうか考えているということですが、私だったら旅行用の口座は特に作らないと思います。代わりに、通帳の補填に約30万としている金額をもう少し増やします。代わりに年間30万円の貯蓄は一切崩さないといったやりくりを私なら考えると思います。


家計診断(まとめ)

4763366_m


相談者様の家計は、貯蓄をしようという気持ちがよく分かる予算配分になっています。

それほど大きな浪費も見当たらず、おそらく積立と特別費がうまく管理できるようになると、かなり安定したやりくりが可能になると思います。

ただ、これから2人目のお子さんの出産を迎え、さらに上のお子さんの習い事を考える時期になる頃から、次第に貯蓄が難しくなると予測されます。

おそらく、貯蓄性の保険やiDeCo等の支払いが厳しいと感じるようになってくるのではないかと思います。

ご主人の年齢を考えれば、その頃収入が上がっていてもおかしくない時期ですが、ご主人の収入が上がっていないと感じられる場合は、奥様も仕事を持つなど、家計全体の収入を増やして対応することも計画にいれておくと安心できるのではないでしょうか。

5年も家計簿をご利用いただき誠にありがとうございます。今後も相談者さんの家計がより良いものになっていかれますよう陰ながら応援しております。



関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります。

その他、月収から考えるみんなの家計簿はみんなの家計簿公開カテゴリーからご覧いただけます。



■家計簿・家計管理アドバイザーが無料で家計のご相談をお引き受けしております。



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット