家計のやりくりアドバイス

お金に無頓着な旦那。家計管理は何から始めればいいですか。

こちらは、日頃の家計管理に関する疑問や質問に家計簿・家計管理アドバイザーがお答えするコーナーです。

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

質問させて頂きたい事があります。

夫婦になって3ヶ月。

まだまだ新婚ですが、私は仕事をお休み中です。

お金に無頓着な旦那はお金の管理を全くしてこなくて、通帳記帳もなく収支が不明の状態です。

予算も立てられないような場合、まずどこからやっていくべきでしょうか?

お忙しいと思いますが、お時間ある時に返信頂けたら嬉しいです。

よろしくお願いします。

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿・家計管理アドバイザーのあきです。

「お金に無頓着な旦那様との家計管理」についてですね。

お金に無頓着な旦那

新婚生活3ヵ月目、お金に無頓着な旦那様で、通帳記入なども全くしていない状況から家計管理を始めるとしたら、どうしたらよいか…ということですね。

このような場合に、とれる対応策としては、以下のような点が考えられます。

1.代わりに家計管理を行う

旦那様が通帳記入もしない、お金にも無頓着ということなら、旦那様に家計管理をできるようにしてもらうより、自分でしてしまう方が簡単という考え方もあります。

わが家も夫は仕事が忙しいので、銀行に行く暇がなかなかないということで、私が代わりに通帳記入などはすべて代行いたします。

子供が生まれたばかり~生後1ヶ月くらいはなかなか私も外出できないので、銀行にはいきませんでしたが、その1ヶ月の間以外はいつも私が行っています。

質問者様も、今は休職中ということですから、無理な作業でなければ旦那様の代わりに家計管理を行っても良いのではないでしょうか。

2.家計簿を1年つける

質問者様はまだ新婚3ヵ月目と、結婚したばかりです。

このような状態で無理をして家計の予算を立てようとしても、どうしても予定が分からないことが出てきてしまいますよね。

今までは別々だったお金の管理を共にするわけですから、予算が立てられないのも当然のことです。

このような場合は、まずは1年間は練習のつもりで家計簿をつけることから始めてみてはいかがでしょうか。

わが家も初めの1年間は特に予算などを気にせず、ただつけることから始めましたよ。

家計の予算が徐々に分かるようになってきたのは結婚2年目以降です。

結婚により新しい家計がスタートするのですから、焦らずひとつずつできることから始めてみてください。

3.将来設計を立てる

お金に無頓着な旦那様の場合、明確な将来設計がないことが良くあります。

もちろん、すべてのことを明確にするのは不可能ですが、子供は何人欲しいのか、子供は私立の学校に入れたいのか、定年は何歳ごろにしたいのか、老後はどのように生活したいのかなど、おおまかな将来の希望を話し合いましょう。

このような将来設計がないために、今の家計管理をおろそかにしている可能性があります。

このまま「夫がお金に無頓着だからお金の管理はできなくても仕方がない」とあきらめてしまうと、将来の家計管理にしわ寄せがやってきます。

目の前の問題に見て見ぬふりをするのは簡単ですが、将来に問題を先送りにしているだけにすぎませんので、今ある問題は今解決できるように、夫婦で話し合うことができる関係作りから始めてもよいのではないでしょうか。

夫がお金に無頓着な時(まとめ)

わが家も家計管理がうまくいかない時期が長くありましたが、上記のような点を実践することで、次第に家計管理ができるようになりました。

もしよろしければ参考になさってみてください。

関連記事

よろしければ合わせてご覧くださいませ。

夫の浪費癖の対応策!10年かかったわが家の場合夫が浪費家で、家計の負担になっているという方は意外と多いものです。 今では家計簿&家計管理アドバイザーとして活動している私の夫も若...
二人暮らしの家計簿!同棲・新婚生活でも貯金するコツは?結婚や同棲で2人暮しが始まると、お金のことをどう考えて行ったらいいか迷うこともありますよね。 特に新婚さんは、子供が生まれたり、車...
ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。キャッシュレスの専門家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー、住宅ローンアドバイザー(住宅金融普及協会)資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。日本テレビ、NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「スマホでできる あきの新ズボラ家計簿(秀和システム)」「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他