ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

家計(家計簿)の質問相談 Q&A

給料日は月2回!締め日も月2回?

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

**今回のご相談内容**

初めまして。

あきさんの家計簿を活用してまだ3週間ですが、今までどの家計簿を使っても変わることのなかった自己意識が、すでに変わり始めていることに自分でも驚きです。
この先、ムダを上手に省く生活が習慣化することを楽しみに続けたいと思います。

ところで我が家の家計ですが、主人が2年前に独立し、自営での稼ぎと私のパートの給料でやりくりしております。

自営ですので、もちろんボーナスなどはなく、毎月同額を私名義の口座に振り込んでもらっています。
それがだいたい毎月26日前後。
私の給料は現金支給で毎月10日です。
そこで、締め日を2回にわけて家計簿をつけようと思いますが、やはり締め日は1回の方がいいのでしょうか。

それと、私は今あまり現金は持たず、デビットカード決済にしています。
コンビニなどはサインが面倒なので現金支払いですが、だいたい常に5千円前後を財布に持ち歩く感じです。

ただ、あきさんの家計簿をつけるようになり、現金の残高と口座の残高とどこにポイントを置けば良いのかわからなくなってしまいました。

便利なのでデビットカードを使っていますが、やはり生活費は現金支払いの方がいいですかね…

お忙しいところ申し訳ありませんが、ご回答いただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。


**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「締め日とデビットカード」についてですね。

**********

ひとつずつご質問にお答えさせていただきますね^^

1.締め日について

まず、締め日について。

質問者様は、ご夫婦のお給料日がずれているので、お給料日が月2回あるということですね。

そこで、家計簿を2度締めようかと考え中なのですね。

結論からお伝えすると、締め日は月1回で充分ということです^^

その月の給与が夫婦合わせていくらだったか?支出はいくらだったか?残高はいくらか?

が確認できれば、充分です。

もちろん、どうしても2回締め日にしたい!ということでしたら、
あきの家計簿はアレンジ自由なので、していただいてもかまいません^^

ただ、手間もかかりますし、訳が分からなくならないか?がちょっと心配です。

そちらをクリアできれば、やっていただいて構いません。

2.デビットカードについて

デビットカードを利用する場合は、

1.支出は「毎月の家計簿」に記入する
2.支出計にはデビットカードの金額も含める
3.ただし、残高は減らさない
4.締め日に合わせて年間の家計簿の口座の残高を記入する

で対応していただけると、おそらく計算が合うのではないかと思います。

ただし、実際にやってみたわけではないので、計算が合わないようでしたら、ご自身で計算があうようにやり直していただいて構いません。要は計算があえばオッケーです^^

あき家では、手続きなどを面倒がっているのと、残高などの調整が面倒なのでやりませんが、クレジットカードと違い、デビットカードは、すぐに引き落とされるので、面倒でないならいいと思います^^

最後になりましたが、
あきの家計簿をご利用いただき、また書籍もご覧いただきありがとうございます♡

たった3週間で効果を実感されたのですね♡♡

素晴らしいです!!

ありがたいことに、1ヵ月もたたずに効果を実感している方からのご報告は他にも届いています~♡♡

少しでもお役に立てますように☆

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ

↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください