ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

私がやらない「節約の常識」

私がやらない節約の常識「激安スーパーでの買い物」編

ちまたに数ある節約術。

でも、2年で350万円貯めた私がやらない「節約術」があるんです。

その一つが今回紹介する「激安スーパーでの買い物」です。

※当ブログで公表している2年で350万円という金額は、現金だけでなく株などその他の資産も含めた金額となります。

激安スーパーでの買い物

「節約」をするならまずは「食費の節約」と考える人は多いですよね。

少しでも安上がりな食卓にするレシピなどは非常に人気があります。

食事は毎日のことなので、少しでも安いお店で買いたいと安いことで有名な特売店に行く!という節約術をしている方もいますよね。

私も「ケチケチ節約術」をしていたころは「少しでも安いものを売っているお店」にいくことは「マスト」だと思っていました。

しかし、激安スーパーに行くことが本当に節約になるのでしょうか?

激安スーパーなのに安くない

みなさんは、激安スーパーに行くことで「本当に食費が安上がり」だったことはありますか?

私もわざわざ車で地域の有名な激安スーパーに毎週末足を運んでいた時期があります。

しかし、「びっくりするほど食費が安くなった!」という経験は残念ながらありません。

むしろ「ん?なぜかいつもよりちょっと高いぞ?」という現象が起きていました。

そこで、なぜわざわざ激安スーパーにまで行っているのに「食費が高くなってしまうのか」考えてみました。

激安スーパーの落とし穴

よくよく考えてみると、激安スーパーでは何もかもが他のお店より安いんだから、当然支払い額も安くなるハズ…という思い込みがまず間違いだということに気が付きました。

もちろん、本当に激安スーパーなのですから、ひとつひとつの品物の値段は地域で一番安いのです。

しかし、多くの方の場合、そのような「激安店」に行くと「やだ!こんなに安く売ってる!これは買わないと損!」とついつい「買う予定のないもの」までカゴにいれてしまいませんか?

ひとつでいいものを二つ買ってみたり、ここぞとばかりにまとめ買いまでしてしまうことも…。

安いからあれもこれも…とかごにいれてレジを通してみてビックリ。

「あれ?激安店に来たはずなのに、いつもより高い・・・」

車にのって交通費をかけて来ていたらガソリン代までかかっています。

「安いから」という単価に惑わされて、全体の支払い額が見えなくなってしまうのです。

まんまとお店の戦略にのせられてしまうわけですね。

もちろん「買うものを決めて、その通りのものしか買わない」ということが出来る方は、ちょっと遠くても「地域の激安店」に足を運ぶ価値があります。

しかし、買い物リストも作らず、何を買うかノープランで激安スーパーに行くと…結局ムダなものを買う確率が上がるだけになりやすいのです。

私も何度も同じような経験したことがあります。

激安スーパーを利用するなら

結論を言うと、

「激安店」に行くならあらかじめ買うものを「メモ」してそれ以外は買わない
もしくは決められた予算をしっかり守って買い物をする

ということが出来る方は「激安店」を利用することで賢く食費の節約をすることも可能です。

しかし、買い物リストを作ったり、予算を決めて買い物をするということが苦手な場合は、かえって散財を招きやすい。

買い物リストや予算を決めて買い物をするということが出来ない方は

「激安店」に行ってもいつものスーパーと同じ感覚で買い物をする

もしくは

わざわざ「激安店」にはいかない

ようにしたほうが食費の節約になります。

私は最近たまたま徒歩5分のところに「激安スーパー」ができたので、近さにつられてついついその「激安スーパー」に足を運んでしまいます。

でも、そのお店に行く理由は近いから。「激安スーパー」だからという理由ではありません。

私の中ではいつものお店がたまたま激安スーパーになっただけなので、「安いからたくさん買おう!」という意識は持たないようにしています。

激安スーパーだからといって張り切って買い物をすると、何の節約にもならないことがあるので要注意!気がついたらカゴの中が余計なものだらけ、になってしまいますよ!

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓その他の私がやらない節約術は、こちらから
私がやらない節約術(まとめ)