2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

2年で350万円の貯蓄に成功したあきの「家計簿・節約・貯金・家計管理」の方法を公開しているブログです。ポイ活もしています。 家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。 ケチケチ節約術を卒業し2年で350万円の貯蓄に成功しました!テレビ出演、書籍出版、掲載雑誌多数あります。

自営業の家計簿のつけ方・書き方は?経費と生活費を区別するのがコツ

自営業の家計簿のつけ方や書き方は、会社員の方とは異なります。

ここでは、よくある「自営業の方の家計簿」のご相談内容をもとに、家計簿・家計管理アドバイザーが「自営業の家計簿のつけ方・書き方」のポイントをまとめて紹介します。

自営業の方の家計簿のつけ方・書き方

4763366_m
自営業の方の家計簿でよくあるご相談は、以下の通りです。
  • 収入が不安定なため、予算が立てにくい
  • 経費と生活費がごちゃまぜになってしまう
  • 長期的な家計の計画が立てにくい
  • いくら貯蓄をすればいいか分からない
よくあるご相談内容に対する解決策をひとつずつ確認していきましょう。

自営業の方の家計簿の悩み1 収入が不安定

4740560_m
自営業の方は、会社員の方と違い、毎月いくらの収入があるか分からないという場合があります。

そのため、収入が多い月と少ない月の差が激しく、「家計の予算を立てにくい」というご相談がよく寄せられます。

このような場合は、できるだけ平均的、またはやや少なめの収入を予算として見積もり、収入が多い月にも無駄遣いをしないように心がけるとよいでしょう。

自営業の方の家計簿の悩み2 経費と生活費がごちゃまぜ

tyokin
家計簿をつけている自営業の方は、経費と生活費がごちゃまぜになってしまう方が多く見られます。

例えば、経費で業務上の買い物をした後に、残金で食材など生活費にあたる買い物をしてしまうといった具合です。

経費は経費を記録する帳簿につける支出ですが、生活費は家計簿に記録する支出です。

経費と生活費がごちゃまぜになってしまうと、経費や生活費にいくらずつ使っているかが分からなくなりますので、当然お金の管理がどんぶりになりやすくなります。

このような場合は、「経費と生活費の財布を分ける」「クレジットカードも経費と生活費で別にする」などの対策をすると、経費と生活費の区別がつきやすくなると考えられます。

自営業の方の家計簿の悩み3 長期的な家計の計画が立てにくい

3423043_m
自営業の方は、収入が不安定になりやすく、またいつまで収入があるかという長期的な見通しも立てにくい傾向があります。

このような場合は、収入をもとにした予算を立てるのではなく、生活を維持するために必要な収入を逆算し、足りない場合は、副業なども含めた働き方の見直しをするという方法が考えられます。

いくら自営業を継続したいという希望を持っていても、長期的に生活費が足りない状況では継続は難しくなります。

自営業の方の家計簿の悩み4 必要な貯蓄額が分からない

802316_s
自営業の方は、会社員の方よりも、老後の資金を手厚く準備する必要があります。

しかし、実際にはどこまで貯めておけばいいのか分からず、思うようにお金が使えなかったり、反対に著しく老後資金が不足してしまったりということが起こりやすくなります。

このような場合は、必要な老後資金の額を算出し、今から準備をしなければならない貯蓄額をあらかじめ計算しておくことが大切です。

自営業の方の家計簿

6c6f1e4ed80e5966b40527e176d69839_m
自営業の方の実際の家計簿相談を確認することで、自営業の家計簿を円滑に進めるためのヒントが見つかることがあります。

いくつか過去のご相談をご紹介いたしますので、よろしければ合わせてご確認ください。

















自営業の方の家計簿(まとめ)

自営業の方の家計簿は、会社員の方の家計簿とは異なりますので、それぞれの事情に合わせて家計簿のつけ方・書き方を工夫すると良いでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット