家計簿のつけ方

オムツ・ミルク・ベビーフードは何費?赤ちゃんにかかる費用の家計簿のつけ方

日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

こんにちは!
書籍を愛読させていただいています。

3月に2人目が産まれ、オムツ代とミルク代が増えるようになりました。

上の子もまだオムツなので、2人合わせるとオムツとミルクで2万円ほどかかるようになります。

もうすぐ離乳食もはじまり、ベビーフードなどを買うことも増えてくると思うのですが、オムツ、ミルク、ベビーフードは日用品費として家計簿に書いていいのでしょうか?

いまは日用品費に記入しています。

通常の洗剤などの購入が月に1万円ほどあるので日用品費だけで月に3万円ほどかかっています、、、

日用品費として見るとなんだか多い気がして多い気がするのです。

あと半年〜1年もすればミルクやオムツ代の費用は少なくなってくると思うので、それまでの間になるとは思うのですが、、、ミルクやオムツ、ベビーフードは節約できるものではないので、あと少しの間だけと思い日用品費で計上してよろしいのでしょうか?

よろしくお願いします。

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

「赤ちゃん関連の支出」についてですね。

赤ちゃん用品は家計簿では何費?

結論からお伝えすると赤ちゃん関連の支出は以下のように分類することをオススメします。

・オムツ、おしりふき、ミルク、虫よけ、日焼け止め、離乳食、母乳パッドなど・・日用品費

・マグカップ、赤ちゃん用ストロー、スタイ、靴下、靴、衣服、離乳食のお皿など・・・娯楽費

・ベビーカー、だっこひもなど・・特別費

日用品に分類する赤ちゃん用品とは?

赤ちゃんにかかる支出のうち、

オムツ、おしりふき、ミルク、虫よけ、日焼け止め、離乳食、母乳パッド、綿棒など、

なくなったら買い足すような日常的にかかる支出は日用品で分類することをオススメします。

これらの支出は「日常的に使用するもの」ですので、日用品とすることで日用品費の毎月の予算が守りやすくなります。

■参考:家計簿の日用品とは?については以下の記事で詳しく紹介しています。

家計簿のつけ方
これって日用品費?!やりがちNG家計簿のつけ方&書き方の例!家計簿に「日用品費」を作ったというあなた!でも、その「日用品費」に何を書けばいいのか知っていますか? ついつい日用品費にいれがちな...

娯楽費に分類する赤ちゃん用品とは?

赤ちゃんにかかる支出のうち、

マグカップ、赤ちゃん用ストロー、哺乳瓶、スタイ、靴下、靴、衣服、離乳食のお皿など

毎月購入するわけではないけれど、時々購入する支出は娯楽費で分類することをオススメします。

これらの支出は「時々ある支出」ですので、娯楽費とし、他の支出と合わせて支出のコントロールをするようにするとムダに赤ちゃん用品にかかる支出が増えるのを防いでくれます。

なお赤ちゃんの頃の衣服費は少額なため衣服費を娯楽費として分類しましたが、人によっては特別費などを利用しても構いません。

■参考:衣服費の考え方については以下の記事で詳しく紹介しています。

あきの家計管理
洋服代(被服費)は月いくら?家計簿のつけ方のメリット・デメリット洋服代(被服費・衣服費)にはいくら使っていますか? 洋服代を家計簿につける時はどのようにつけるのが効果的? そもそも洋服代に...

■参考:家計簿の娯楽費とは?については以下の記事で詳しく紹介しています。

あきの家計簿
娯楽費とは?月平均や内訳の例。家計簿の交際費やレジャー費との違いは?家計簿に「娯楽費」という費目を作ったけれど、「娯楽費」という項目に何を書けばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。 ...

特別費に分類する赤ちゃん用品とは?

赤ちゃんにかかる支出のうち、

ベビーカー、だっこひもなど

ごくまれに購入し、1度買ったらしばらく使えるもので高額な支出は特別費で分類することをオススメします。

これらの支出は「ごくまれにある支出な上に高額」ですので、特別費とし、他の支出と合わせて年間でいくらまでと決めると予算が立てやすく守りやすい状況を維持することができます。

■参考:家計簿の特別費とは?については以下の記事で詳しく紹介しています。

【特別費】はいくら?特別費の内訳・年間予算の立て方・貯める方法(まとめ)毎月あるわけではないけど、年間を通じて考えるとある支出を「特別費」と言います。 固定資産税、車検、自動車税などの税金関係から、旅行...

作ってはいけない!家計簿の赤ちゃんに関する費目

赤ちゃんにかかる費用としてありがちなのは「子ども費」や「〇〇ちゃん費」などの費目(項目)を作成するというパターンです。

ミルク代も洋服代もベビーカー代も子供用品だからと「子ども費」などにしてしまうというケースですね。

このように分類すると、
例えばベビーカーなど一度に高額になる支出が子ども費に入った月は予算オーバー、そのような支出がない月は予算以下というように、
予算を作成してもオーバーする月もあれば下回る月もでるなど安定しません。

「予算が守りにくい家計簿」というのはつけても意味がない家計簿になる可能性が高まります。

よって「子ども費」や「〇〇ちゃん費」という費目(項目)は家計簿には作らないことをオススメします。

■参考:家計簿に作ってはいけない費目については以下の記事で詳しく紹介しています。

家計簿の項目の注意点!この費目は家計簿には作ってはいけない!家計簿の項目の選び方で「貯まる家計簿になるかならないか」が決まります。 特に家計簿の費目のなかでも「この費目が家計簿にあると貯まら...

日用品費の予算について

質問者様の家計ではオムツ、おしりふき、ミルク、離乳食、にいつもの日用品をいれて月3万円という点が気になります。

わが家の過去の家計簿を見返すと、3女が生まれた時でも日用品費は月10000円~12000円で済ませられていましたし、
オムツ代が一人分多いとしても、日用品費が月20000~25000円で抑えられないか見直しをすることをオススメします。

日用品費にお子さんの洋服代なども含めていないかなど今一度確認し、日用品費全体の予算について見直してみましょう。

■参考:日用品費を見直す方法については以下の記事で詳しく紹介しています。

食費・日用品節約術
日用品費の見直し!いくらを予算にする?上手に節約する方法は?当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします! ※その他免責事項をお読みください。 今回の...

赤ちゃん用品の支出についてのまとめ

特に第一子の方ほど「赤ちゃんが生まれたからこれも必要あれも必要」と何でもかんでも必要経費にしがちです。

質問者様は第二子ということなので、多少勝手がわかっているとは思いますが、子どものものだからとムダに支出を膨らませないように気をつけましょう。

赤ちゃんのものを揃えるのは楽しいものですが、子どもに本格的に費用がかかるようになるのはこれからです。

本格的な教育費がかかる前に家計が破綻するようなことのないように、特に赤ちゃんのうちは不必要な支出に気をつけてくださいね。

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

■参考:他にもある!家計簿のつけ方に関するご質問は以下にまとめてあります。
・家計簿のつけ方に関するご質問一覧

■参考:その他のご質問は以下の記事にまとめてあります。

家計相談Q&A
無料家計(家計簿)相談のQ&A一覧(質問疑問にお答えしています)当ブログではメールフォームより個別に無料で家計相談をさせていただいています。 お寄せいただいたご相談ご質問の結果をこちらで公開して...
ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください