ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

家計簿の基本のつけ方

【画像つき】簡単で効果のある手書き家計簿のつけ方(書き方)の見本(記入例)

家計簿のつけ方

大学ノートを使った手書きのオリジナル家計簿のつけ方(書き方)について画像入りで解説します。

あきの家計簿は、つけるだけでお金が貯まる(支出を自在にコントロールできる)工夫がほどこしてある家計簿になっています。

1行つける度に自然に無駄が浮き上がる。

予算を立てるのも守るのもやりやすい家計簿なので、ただ節約効果があるだけでなく、より有意義にお金が使えるようになりますよ!

pk家計ノート 1ページ目の書き方

まずはノートの1ページ目。

ここは1ページ余ってしまうので、目標を書いたり、年度を書いておきましょう。

もちろん、余白があるからなんか書いとけ!という程度のことなので、空白のままでもかまいません。

ちなみに私が手書きで家計簿をつけていた頃は空白だった時もありました。笑

↓1ページ目
手書き家計簿の見本(記入例)目標の書き方(見本画像)

手書き家計簿の見本(記入例)目標の書き方
※クリックで拡大できます。

年間50万円貯める!年間100万円貯める!など自由に書きます。

pk家計ノート 2ページ目の書き方(記入例)

↓2ページはその月のやりくりを記入する「毎月の家計簿」を作成します。
手書き家計簿の見本(記入例)画像。毎月の家計簿の書き方

手書き家計簿の見本。毎月の家計簿の書き方(記入例)
※クリックで拡大できます。

費目は、4~8費目を推奨します。
費目の決め方は、【家計簿の項目一覧表】差が出る初心者がやりがちNG費目分け!で紹介しています。

残高の欄はお財布、または家にとってある家計用のお金の総額です。

銀行などでお金をおろして残高が変わった時の記入例をいれてあります。
(銀行でお金をちょくちょくおろすことを推奨しているわけではありません。おろしてお財布のお金が増えた時はどうするのかという記入例です)

月に2,3回程度しか家計簿をつけられないので残高を記入するのが面倒くさい、という方は残高欄は省略してもかまいません。

また、ざっくり家計簿で充分という方は、1円単位の端数まできっちり書く必要はありません。(ただし、その場合は月の支出総額は大体になります)

小計欄は月末の集計を楽にするために入れています。面倒くさい方は入れなくてもOKです。

わが家は毎週日曜日で1週間を締め、小計を挟み込んでいました。

月初や月末は日数が少なくなりますが、日数にかかわらず毎週日曜日で1週間を締めるという方式にしています。

このページを見開きの右ページ、左ページの両方を使って書いていくと、見開き1ページで2ヵ月分が記入できます。

見開き1ページで2ヵ月分の記入ができると、大学ノートだと1冊で2年分くらい書くことが出来ますので、ノート代の節約にもなります。

毎月の家計簿の記入は、レシートさえとってあれば3日に一度でも1週間に一度でもOKなので、さぼりグセのある人でも大丈夫!

pk家計ノート 年間の家計簿のつけ方

上記「毎月の家計簿」の他に年間集計表として「年間の家計簿」を作成します。

「年間の家計簿」はノートの一番最後の見開きページを使ってもいいですし、「毎月の家計簿」を12ヶ月分作成したあとの空きページに作成してもOKです。

ノートを2冊用意するということではありませんので注意してくださいね!

↓年間の家計簿はこのようにつけます。
手書き年間の家計簿の見本画像見開き1ページ1年分(記入例)

手書き年間の家計簿の見本。見開き1ページ1年分(記入例)
※クリックで拡大できます。

一番上は収入を記入する欄です。

その下は、家賃、電気、ガスと月1回程度の細かな支出を記入していきます。

カード払いも現金払いと同じ扱いにしなかった分はこちらにつけておきます。

そこに毎月の家計簿で集計した今月の支出の合計金額を「現金支出欄」に記入し、「支出計」を計算します。

もし、毎月の家計簿をざっくりつけていて正確な「現金支出」が分からなくても、大体の金額がかけていればOKです。

「収支」の欄は、「今月の収入合計」 - 「支出計」 = 「収支」で計算。

「総額」の欄は、手持ちの銀行口座の残高を記入したものを足しあげて計算。(締め日に一番近い日の残高に統一します)

一番重要なのは下の方にある銀行の残高を書く欄。

「今月の収入合計」 - 「支出計」 = 「収支」

で今月の収支は計算できますが、

今月の総額 - 前月の総額 = 今月の収支

として、銀行の残高からも収支を計算すると、家計簿の内容に計算ミスがないかダブルチェックすることができます。

どちらかというと、手計算をした

「今月の収入合計」 - 「支出計」 = 「収支」

よりも、

銀行で機械的に記帳された金額から計算する

今月の総額 - 前月の総額 = 今月の収支

の方が正確である可能性が高いです。

また、このページの下の欄の銀行残高だけ書いてあれば、今月は住宅ローンがいくらとか電気代がいくらとか書くの忘れちゃったよー!という方でも、その欄は空白のまま翌月から復活できます。

つまり、、最終的に
あき家が書いていた家計簿は

さきほどの
手書き家計簿の見本(記入例)画像。毎月の家計簿の書き方

手書き家計簿の見本(記入例)毎月の家計簿の書き方
この見開き1ページの片面と

手書き家計簿の見本(記入例)年間収支表1ヶ月分

年間の家計簿の1列だけ。

これだけです!

これだけでお金の流れがばっちり見えて、自在に支出をコントロールできる家計簿になるんですよ。

この片面1ページ+1列の集計表の家計簿さえも面倒くさい、、という方のために
超!ズボラ向けの家計簿も用意してありますので、
この家計簿がつけられない方はそちらをご覧くださいね。

↓その他「家計簿のつけ方」の一覧はこちら
・1日1行!簡単なのに確実に貯められる家計簿のつけ方