ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

家計簿の基本のつけ方

難易度別!家計簿【画像つき】初心者、超!ズボラさんからきっちりさんまで対応!

あきの家計簿

大学ノートを使った手書きのオリジナル家計簿を難易度別に紹介します!

つけるだけでお金が貯まる(支出を自在にコントロールできる)工夫がほどこしてある家計簿ですが、ズボラさんからきっちりさんまで対応できるアレンジのしやすい家計簿です。

記入例つきなので初心者の方でも分かりやすいですよ!

超!ズボラさん向け!月1家計簿

どうしても家計簿が続かない。
でもせめて月の収支くらいは把握したい、という方向けの一番簡単でシンプルな家計簿。
超!初心者の方にオススメ。いわゆる「貯金簿」とも呼ばれる家計簿です。

貯金力:★☆☆☆☆
簡単さ:★★★★☆

手書き家計簿の見本(記入例)月1家計簿(貯金簿)書き方手書き家計簿の見本(記入例)月1家計簿(貯金簿)書き方


※クリックで拡大できます。

家計簿をつける頻度:月1回
やるべきこと:月1回の通帳記入

月1回の通帳記入がミッションです。
月1回が無理だったら2ヶ月に1回くらいは頑張って通帳記入をしましょう。

上記のページ×12ページ(12ヵ月分)でおしまいです。

通帳記入さえできていれば年末に1年分を作成することも可能です。
大学ノートをわざわざ用意しなくても、いつものスケジュール帳のあいているところにメモするだけでもOK。

現金欄はあった方が正確性が高いですが、分からない人は省略可。
(現金は例えば給料日に10万円おろして、まだ使っていないお金が家に2万円残っている、という時に、家に残っている2万円を記入する欄です)

今月の総額 - 先月の総額 = 今月の黒字(赤字)額

となるので、毎月つけることでその月の大まかな黒字額と赤字額が分かります。

投資額や生命保険の返戻金の増加分などその他の貯蓄がある場合は、そちらも一緒に書きこむとさらに充実します。

ズボラさん向け!さぼっても復活できる家計簿

家計簿をつけるのは気まぐれ。
できる月もあれば全然できない月もあるという方向け。
電気ガス水道などの細かな支出はつけるのが面倒くさい!という方向けです。

貯金力:★★☆☆☆
簡単さ:★★★☆☆

手書き家計簿の見本(記入例)見開き1ページ手書き家計簿の見本(記入例)見開き1ページ

※クリックで拡大できます。

家計簿をつける頻度:週1、2回。
やるべきこと:月1回の通帳記入。

月1回の通帳記入がミッションです。
右ページの残高欄は週1回くらいは家計簿をつけられる方は書きましょう。
つけるのが面倒な方は省略可。
小計は週1回でいれていますが、月末の集計作業を楽にするためなのでいれなくてもOKです。
またざっくり家計簿でいい方は1円単位まできっちりかかなくても構いません。

さぼってしまって書けなかった時は、左ページの月1回の通帳残高を記入する欄だけ書いて
その月はおしまいにしましょう。

上記のページ×12でおしまいです。

今度こそ!ちょっと頑張る家計簿

今度こそ家計簿をつける!と気合充分な方向け。
電気ガス水道などの細かな支出もつける気合がある方向け。

貯金力:★★★★☆
簡単さ:★★☆☆☆

あきの家計簿(毎月の家計簿)記入例あきの家計簿(毎月の家計簿)記入例


※クリックで拡大できます。

上記やりくりのページ×12ヶ月分。
プラス電気ガス水道などの明細を記入する↓「年間の家計簿」も見開きで1ページ用意します。

あきの家計簿(年間の家計簿)記入例あきの家計簿(年間の家計簿)記入例

※クリックで拡大できます。

家計簿をつける頻度:週1、2回。
やるべきこと:月1回の通帳記入。

ついさぼってしまった方は
「年間の家計簿」の銀行残高の欄だけ記入できれば翌月から復活できます。

1ヶ月の間に記入するのは↓この見開き1ページの片面と

あきの家計簿(毎月の家計簿)記入例あきの家計簿(毎月の家計簿)記入例

↓この年間の家計簿の1列だけ。

年間の家計簿一ヶ月分(記入例)年間の家計簿一ヶ月分(記入例)

あき家がつけていたのはこちらの家計簿になります。
1行つける度に無駄を発見でき、毎月のお金の流れもぐんぐん見えてきます。

↓細かな「家計簿のつけ方」についてはこちら!
・1日1行!簡単なのに確実に貯められる家計簿のつけ方