固定費の節約方法

固定費を節約する方法!何から削れば成功?年間10万円以上の節約を目指そう!

家計に占める固定費の割合は意外と高いものです。

節約するならまずは固定費から!というのは節約の王道ではありますが、意外とできていない方も多いのも現実です。

食費や日用品といった支出を見直すのは「我慢が必要」になりますが、固定費の節約は一度減らしてしまえば我慢する必要がないもの。

月1万円でも節約できれば月1万円収入が増えたのと同じことです。

住宅費、家賃・電気・ガス・水道などの光熱費、生命保険・携帯電話の見直しまで、基本的な固定費の削減方法についてまとめました。

固定費の節約は一度やってしまえば長い間節約効果が得られます。

人によっては月2万円、年間24万円以上の節約効果が見込めることもありますので、ぜひ一度挑戦してみましょう。

家計の固定費とは?

家計の固定費を節約したいと思ったら、まず固定費とは何かということを把握しておきましょう。

家計の支出は「固定費」「生活費(変動費)」「特別費」の3つに分かれています。

そのうち「固定費」とは、毎月決まって出ていく支出のことを指します。

例えば、家賃、光熱費、携帯電話、生命保険、各種ローン、習い事など。

家計簿を一度もつけたことがない人でもご自分の固定費はだいたい把握しているのではないでしょうか。

厳密にいえば「光熱費は変動費である」など、何を固定費とするかの定義は人によってまちまちになりやすいのですが、ここでは光熱費も含めて固定費と考えます。

固定費の見直しをする前に、一度ご自分の家計の中の固定費の内訳を書き出してみましょう。

貯められない人の家計の固定費は高い

これまで1000件以上の家計相談をお引き受けしてきましたが、貯められない方は収入に対して家計の固定費の割合が高いという傾向があります。

反対に無理なく貯めている方は、収入に対して家計の固定費の割合が低いという傾向があります。

ご自分では何一つ無駄な固定費は支払っていないと考える方も多いのですが、あれもこれも絶対に必要なものだからと支出を増やしてしまい、気づいたら毎月赤字生活が苦しく家計を回すのがままならないという方からのご相談が増えています。

ご自分では無駄な固定費は何一つないと考えていても、今一度見直してみることが大切です。

固定費を見直しするなら

固定費を見直すならまずは固定費を4つのジャンルに分類して考えましょう。

「必須」
絶対に当面やめられないもの。
「契約」
自分の意志で契約をし発生している支出。
「臨時」
当面は削れないが、数年で終わりのある支出。
「自由」
やめても生活に支障がでないもの。

書き出した固定費がそれぞれどのジャンルに当てはまる固定費なのかを考えます。

それぞれのジャンルごとに見直しをするというのが効率的な固定費の見直し方法になります。

固定費はどう節約する?固定費の見直しは4つに分類して考えるのがコツお金を貯めたい、でもつらい節約はしたくない、そんな時にはまず「固定費の見直し」をオススメします。 固定費というのは、毎月決まった支...

住宅ローンの見直し

・住宅ローンも見直しが必要です!我が家のマンション購入体験談より

「電気・ガス・水道」といった水道光熱費の節約の基本

電気・ガス・水道といった水道光熱費は、「固定費」ではなく「変動費」であると一般的には言われますが、毎月必ずかかる支出と考えると固定費として扱っても問題ないと言えます。

合わせて電気・ガス・水道の水道光熱費料金についても見直してみましょう。

・電気・ガス・水道、光熱費の節約は視点を変えると上手くいく

電気代の節約方法

水道光熱費料金の見直しを始めるならまずは「電気代の節約」から。

中でも、電気代の契約アンペアを見直して基本料金を節約するのは基本中の基本です。

■電気代の契約アンペアの見直し方法は以下の記事で詳しく紹介しています。

光熱費(電気・ガス・水道)
電気代節約の基本!3LDK、20Aでもブレーカーは落ちない!契約アンペアを見直して基本料金を節約しよう。電気代の節約するために「契約アンペア」を下げたい方も多いのではないでしょうか? とはいえ契約アンペアを下げたら毎日ブレーカーが落ち...

↓わが家が実践している電気料金節約法。
・電気代を安くする方法。2年で350万円貯めた主婦が実践した節約術(一覧)

意外と忘れがち!固定資産税など年数回の固定費

・固定資産税・自動車税・NHK受信料はこれでスッキリ!

生命保険についてはこう考える

・【生命保険の見直し】必要な死亡保障額についてきちんと考えてみる

・【生命保険の見直し】自分にあった生命保険の選び方。無理のない支払いプランを組もう

携帯電話など通信費の見直し

・携帯電話・固定電話・インターネット接続料金の見直しはここから始める

意外と穴場!カード払いを忘れずに

・カード払いを見直すだけで大幅な節約に成功!

※カード払いは「変動費」とも言えますが、「銀行から引き落とされるもの」というくくりで
今回は「固定費」として紹介しています。

見落としがちな固定費全般の削減方法

・固定費はこうしてガツンと節約する!

まとめ

節約を成功させたいならまずは「固定費」の削減から!は節約の王道です。

でも、これだけでは節約は成功しません。

いくら固定費を削減しても、結局どこかで支出が膨らんでしまう、という「家計のリバウンド」が起こるからです。

この「家計のリバウンド」を完全にシャットダウンしない限り、節約は「成功」というまでの結果は現れません。

ですが、かといって「固定費の削減」という基本をおろそかにする必要はありません!

節約術の基本中の基本ですが、まずはここから始めてみるのも効果的です。

関連記事

↓その他、わが家が実践している節約術の一覧はこちらから
・2年で350万円貯めたズボラ主婦が「やっていること」「やめたこと」

ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー、住宅ローンアドバイザー(住宅金融普及協会)資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。日本テレビ、NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他