ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

家計簿のつけ方

幼稚園や学校からの集金の家計簿のつけ方は?

あきの家計簿

当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

はじめまして。

あきさんのブログをいつも拝見しています。

あきさんの家計簿をはじめ、2ヶ月になります。

毎月の家計簿をつけるにあたり、質問があります。

うちには幼稚園に通う子供が2人います。
毎月、封筒で何かしらの現金徴収があります。

例えば、
毎週の献金代、卒業記念品代600円、集合写真500円、お祭りのフリーパス代500円、これらが毎月ではありませんが、2人分かかってきます。

この費用は全て、娯楽費ですか?

急に封筒を持って帰ってくるので、予定してない出費が月末に発生する…
結果、予算が守れなくなりそう…
と、なるのが嫌です。

娯楽費の予算が2万5千円。

子供3人いて、結構ギリギリです。

娯楽費の予算を幼稚園費用を見込んであげた方がいいですか?
それとも、幼稚園費用で項目をつくった方がいいですか?

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「幼稚園の費用」についてですね。

幼稚園の費用の家計簿のつけ方

結論からお伝えすると、幼稚園の費用は、娯楽費ではなく、教育費教材費のような費目を作って対応してくださいということです。

もちろん費目名は何でもよく、教育費や教材費でなく、幼稚園費用という名前でもOKです。

ただ、これからずっと幼稚園にいくわけではないですよね。

小学生になり、中学生になり・・と成長していきますが、集金は小学生になってもあると思いますので、教育費とか教材費という費目名にしておくと、これから先も同じ費目名を使い続けることができます。

ちなみに、園や学校から「いつまでに払ってください!」と指定があるものは「必ずいるもの支出」と考えます。

家計簿をつけるなら、支出は「必ずいるもの」「必ずではないもの」の二つに分けてつけていくことが大切です。

娯楽費・・「必ずではないもの」

です。

幼稚園からの集金・・「必ずいるもの」
です。

ですから、娯楽費に幼稚園の費用を含める必要はありません。

幼稚園の費用は、だいたい月に5000円かな?と大まかな予算だけ立てておいて、結果として、今月は8000円だった!というようなことがあっても気にしなくて大丈夫です。

だいたい年間でみれば毎年同じくらいになっていることが多いですし、そもそもその金額を決めたのは自分ではないのですから、もうちょっと安くなればいいのに・・と気にしても何もメリットがありません。笑

お役に立ちましたか?
またいつでもご利用くださいませ。

あき

このように、ブログ内のメールフォームからいただいたご質問にブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

無料の家計診断&相談は↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ

この記事を書いた人

あき:家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。
家計簿、家計管理、節約術、貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。掲載雑誌なども多数。
東京都在住。子ども3人5人家族の主婦。

おもな著書は以下の3冊。
「1日1行! 2年で350万貯めた あきのズボラ家計簿」
「年1回見直すだけ! ラクして貯まる! あきのズボラ家計管理」
「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください