手取り年収400万円の家計

専業主婦の家計簿公開!手取り年収428万円。年間115万円貯蓄の内訳は?

家計診断

読者の皆さんからの家計相談に家計簿&家計管理アドバイザーがお答えする無料家計相談&家計診断コーナー

今回の相談者様は、お子さんひとりの3人家族。奥様は専業主婦でいらっしゃいます。手取り年収428万円の家計の内訳にご不安がありご相談いただきました。

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

家計について相談があり、メールしました。

現在、我が家は夫、私(専業主婦)、二歳の娘の3人家族です。

去年の年収は、手取り428万円でした。

毎月の生活費が、年間240万。

内訳は、
食費28000円(夫の酒代含む)、
日用品7000円(おむつ含む)、
娯楽費5000円(外食、レジャー)、
住宅ローン(毎月74505円、ボーナス月+107538円)、
水道光熱費15000円、
ガソリン11000円、
通信費(スマホ二台、プロバイダー)11000円。
小遣い30000円。

年払いのものが年間50万。

内訳は、
個人年金(夫)142401円、
生命保険(夫)113408円、
JAF年会費 6000円、
NHK 22920円、
自動車保険52180円、
自動車税34500円、
固定資産税120000円です。

特別費は、
帰省費用(年二回)120000円、
冠婚葬祭100000円、
医療費用100000円、
夫会社関連費(歓送迎会、忘年会、ワイシャツ、出張時小遣い)70000円、
町内会関連10000円。

上記の物で、予算を40万円とし、残れば貯金しています。

そして、積立を毎年40万円。
車購入、地震火災保険、車検、家具家電、修繕費用に積立してます。

最後に老後用の貯金を年間50万円。

まとめると、

生活費240万、年払い50万、
特別費40万、積立40万、貯金50万。

以上が、収入420万円の使い道です。

残りの8万円は、被服費(下着、靴下含む)にしたり、イベント費(誕生日やクリスマス)に使ったりしてます。
我が家の贅沢費です。

果たしてこのままの状態で大丈夫なのか、あきさんからの意見を聞きたく、メール差し上げました。

アドバイスなど頂けたらうれしいです。

こんにちは。家計簿&家計管理アドバイザーのあきです。

「家計診断」についてですね。

年間収支の確認

具体的なご相談に入る前に、ご相談者様の年間収支を見てみましょう。

収入428万円
支出338万円

収支は年間90万円の黒字の予定ということですね。

個人年金(夫)142401円
生命保険(夫)113408円

年金や保険が貯蓄率100%以上であればさらに年間25.5万円の貯蓄があることになり、年間貯蓄額は115.5万円になります。

お子さんの年齢から考えて児童手当年間12万円の収入もあると考えられますので、そちらも合わせると年間貯蓄額は127万円となります。

家計を確認

次に、ご相談者様の毎月のやりくりに必要なお金を見てみましょう。

毎月の支出

食費28000円(夫の酒代含む)
日用品7000円(おむつ含む)
娯楽費5000円(外食、レジャー)
住宅ローン(毎月74505円、ボーナス月+107538円)
水道光熱費15000円
ガソリン11000円
通信費(スマホ二台、プロバイダー)11000円
小遣い30000円
合計 240万円(月20万円)

毎月の生活に必要な基本的なお金は約20万円となっています。

旦那様の手取り年収は420万円ですから月収20万円以上と考えられ、毎月黒字の家計と推測されます。

特別費の支出

さらに、特別費の予算についても確認してみましょう。

帰省費用(年二回)120000円
冠婚葬祭100000円
医療費用100000円
夫会社関連費(歓送迎会、忘年会、ワイシャツ、出張時小遣い)70000円
町内会関連10000円
合計 40万円

毎月の固定費や生活費以外の特別費としては年間40万円を想定されているご様子です。

■関連記事:特別費とは?

家計の見直し

ご相談者様の家計は、手取り年収428万円(児童手当含め440万円)に対し、貯蓄は115.5万円(児童手当含め127.5万円)ですから貯蓄率は26.9%(児童手当含め28.9%)

貯蓄をする上では大変優秀な家計です。

1年間でいくら貯金してるのが理想?

しかし、その内訳は…というとややケチな印象がいなめません。

食費、日用品

食費28000円(夫の酒代含む)
日用品7000円(おむつ含む)

食費や日用品の費用が少ない点では優秀ですが、平均より極端に少ない食費は栄養面で心配です。ご相談者様の場合はご主人の酒代も含めての金額ですので、やや少なすぎると感じます。

お子さんの成長に合わせ、特に食費については増額することを検討してもよいでしょう。

関連記事:食費の平均はいくら?

娯楽費

娯楽費5000円(外食、レジャー)
帰省費用(年二回)120000円
残りの8万円は、被服費(下着、靴下含む)にしたり、イベント費(誕生日やクリスマス)に使ったりしてます。
我が家の贅沢費です。

ご相談者様の家計で娯楽に関する費用は年間で26万円ほど。月にすると約2万円ほどとなります。

お子さんが小さいので今は月5000円でも外食やレジャーが賄えるかもしれませんが、お子さんの成長に応じて苦しくなる可能性があります。

また、家計全体に対して娯楽に関する費用が極端に少ないことから、節約上手ではありますがお金の使い方はあまり上手とは言えません。

関連記事:娯楽費とは?

小遣い

小遣い30000円

食費が月28000円に対し、ご主人の小遣いは月30000円とやや高めです。

収入から考えると、ご主人の小遣いより食費の方が少ないというのは家計のバランスとしてよい状態とは考えられません。

ご主人の小遣いを月5000円節約して食費や娯楽費に上乗せしてもよいのではないかと感じます。

関連記事:夫の小遣いの決め方

住宅ローン

住宅ローン(毎月74505円、ボーナス月+107538円)

食費、日用品、娯楽費など家族のお楽しみに関する支出は節約していますが、住宅ローンの節約はできていないようです。

特にボーナス払いの割合が高いので、お子さんが小さく家計に余裕があるうちにボーナス払い分の繰り上げ返済を検討してみてはいかがでしょうか。

お子さんが大きくなるにつれて教育費の負担が増えますので、ボーナス返済が減ることで負担を軽くすることができると考えられます。

関連記事:返済額を減らす住宅ローンの繰り上げ返済の方法は?

今後の家計はどうなる?

ご相談者様の家計は非常によく節約できており、日頃からしっかりと節約に取り組んでいらっしゃることが伝わってきます。

しかし、お金の使い方はやや下手ですので、今後はお金を上手に使うことを意識されると支出にメリハリがつくと考えられます。

家計のタイプ診断としては理想を追い求めすぎ、自分で生活を苦しくしてしまうタイプの方に近いと見受けられます。

理想追い求めすぎ貧乏!「貯金不安症」でいつの間にか生活苦。

お子さんが小さい今は貯め期ですので、貯蓄のバランスを崩さずに今後も安定した家計を設計されてくださいね。

関連記事:節約生活別!お金が貯められないタイプ診断(チェックリスト)

関連記事

その他、同じくらいの年収の方の家計簿は手取り年収400万円台以上の家計カテゴリーからご覧いただけます。

ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。キャッシュレスの専門家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー、住宅ローンアドバイザー(住宅金融普及協会)資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。日本テレビ、NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「スマホでできる あきの新ズボラ家計簿(秀和システム)」「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他