夫と妻と子どもの小遣い

小遣い口座はある?生活費と小遣いの区別をつける方法

貯金口座イメージ画像

家計簿&家計管理アドバイザーが日頃の「家計管理に関する疑問や質問」にお答えします。

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

質問があるのですが、

年間の家計簿に出てくる銀行口座というのは家計に関係するものだけで個人のお小遣い(自分洋服など私物を買うお金)の口座は別に考えるのですか?

そもそもの毎月の生活費はあきさんとご主人のお給料の口座からまかなっているということですか?

ブログの全てを拝見できていないので、重複してしまっている質問でしたら大変失礼なのですが、教えて頂けると助かります。

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

「小遣い口座と生活費」についてですね。

小遣いと生活費

家庭があると家族で使う生活費自分の小遣いの区別がつきにくくなることがあります。

「自分の小遣いとしてもらったお金がいつの間にか家族の食費に消えていた…」ということも家計管理のご相談では非常によくある話です。

このように自分の小遣いと生活費が混同してしまうと家計管理はうまくいかなくなることが多いのです。

そこで、今回はわが家が実際に行っている「小遣い口座と生活費の使い分け」について紹介します。

小遣いと生活費の使い分け

わが家では小遣いと生活費を区別するために「夫婦で自分専用の小遣い口座」を持つようにしています。

わが家の場合は、給料口座と小遣い口座は一緒です。

給料の口座がそのまま小遣い口座になっています。

毎月給料口座から給料を引き出し、生活費用の口座に入金しています。

家計でやりくりをするのは生活費用口座に入金したお金です。

わが家では小遣いは夫婦の専用の小遣い口座でやりくりするので、生活費の口座と小遣いを混ぜないようにしていますよ。

関連記事:わが家のお金の整理法

小遣いと口座とクレジットカード

小遣い専用口座と生活費の口座が別なので、当然わが家では「クレジットカード」も使い分けています。

自分の買い物は、自分のクレジットカードを使って自分の小遣い口座から引き落とされるように設定しています。

クレジットカードのポイントの都合で家族のカードで立て替えてもらった場合は、引き落とされる月に小遣い口座から現金を渡して清算しています。

「家族の支出は生活費口座」「自分の支出は小遣い口座」というように「小遣いと生活費を分ける」ことで、家族のお金を自分の小遣いで使いこんでしまわないように気を付けています。

どこまでを小遣いとして使い、どこまでを生活費として使うかは迷いやすいところですが、小遣いの範囲をある程度決めておくと迷いません。

関連記事:小遣いの範囲はどこまで?

小遣い口座と家計簿

わが家では、小遣い口座と生活費の口座は別と考えているので、小遣い口座の支出や残金は家計簿にはつけていません。

家計簿アプリの口座連携にも自分の小遣い口座は外しています。

関連記事:いわゆる「貯金簿」の書き方とは?

小遣い口座の使い方(まとめ)

小遣いの使い方は人それぞれですので、これが正解というのはありません。

でも、わが家では「小遣いと生活費を明確に分ける」ことで、自分の支出に家族の貯金を使いこむことがなくなったので家計管理が簡単になりました!

よかったら参考にしてみてくださいね。

関連記事:わが家の口座の使い分け法

関連記事

その他、皆さんからの小遣いに関するご質問は夫と妻と子どもの小遣いカテゴリーよりご覧ください。

ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。キャッシュレスの専門家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー、住宅ローンアドバイザー(住宅金融普及協会)資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。日本テレビ、NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「スマホでできる あきの新ズボラ家計簿(秀和システム)」「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他