ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

特別費

特別費は貯金ではない。初心者が勘違いしがちなお金の貯め方。

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

※お金のプロとして責任をもって回答するものではありません。
※その他
免責事項をお読みください。

**今回のご相談内容**

こんにちは‼︎
書籍購入しました(^^)
赤字、払い遅れだらけだった我が家の家計もだいぶ落ち着き
(後に夫がまたやらかしてくれてますが…それは専門家に任せて、、)
特別費の予算を改めて
書き出してみました。

詳細は記載出来ませんが
このお金をどうやって捻出していくのか…
今年度末
人生初!30万は貯金が出来そうなのですが
そこから来年度の特別費予算を
プール貯金として分けておく
という方法で良いのでしょうか?

それともまた年度ごとに
積み立てながら
年間家計簿に
つけていきますか?

よく分かってなくてすみません。
思ってることが伝わると良いのですが(*_*)

**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「貯金と特別費」についてですね。

**********

結論からお伝えすると、貯金と特別費は枠と流れを仕組み化してお金を動かしていく・・が鉄則ですということです^^

↓あきの家計簿では、

貯金・・マイホーム、車、老後、もしもの緊急事態などの人生の節目となる大きなイベント以外は使わないお金
特別費・・旅行、冠婚葬祭、家電、インテリアなど比較的高額で、1年以内など近いうちに使うお金

と、貯金と特別費は分けて考えます。

なので、あきの家計簿ではお金を貯めて旅行に行こう!とは考えません。

旅行は特別費として、あらかじめ支出としてみなすようにします。

ただし、目標を立ててはいけないということではなくて、
特別費としてお金を準備して、旅行に行こう!と目標を立てる感じになります。

これだと、旅行に行っても貯金が減らないんです^^

なぜなら、あらかじめ支出として準備していたもので、貯金とカウントしていないお金だからです。

例えば、

特別費口座 30万円
貯金口座 30万円

が入っていて、

旅行に10万円行こう!

と特別費口座から10万円を使ったとします。

でも、

特別費口座 20万円
貯金口座 30万円

と特別費口座は10万円減りますが、貯金口座は30万円のまま。
貯金30万円は減っていないという感覚になります。

ところが、

貯金口座60万円

旅行10万円

貯金口座50万円

と、特別費と貯金が一緒になっていると、貯金が減った!という感覚になります。

もちろん、1回10万円の旅行に行ったというくらいでは、
結局残っているお金は50万円で一緒じゃん!感覚のちがいだけでしょ?
となりますが、

それが、度重なると、

貯金が60万円もある♡
じゃあ、海外旅行に行って、エアコンを買い替えて、ついでにソファーも買っちゃおう!となり、気付いたら貯金が10万円になっていた・・・
というようなことになりがちなんですね。

貯金が60万円もある♡という意識が働いてしまうからです。

でも、

特別費口座 30万円
貯金口座 30万円

となっていると、貯金口座は手をつけてはいけないお金だから、30万円までしか使えない。旅行は国内にしておいた方が賢明ね・・と賢い選択ができたりします。
すると、特別費口座の30万円はいずれなくなってしまったとしても、貯金口座30万円はまるまる残り続ける・・ということになり、貯金をうっかり使い込んでしまうことがなくなります。

使ってはいけないお金使ってもいいお金明確にするということですね^^

このような効果を狙って、

書籍でも、特別費口座と貯金口座は分けると記載させていただいております。

質問者様の場合は、まずこの特別費口座と貯金口座を分けることから始めてみて下さいね^^

そして、なおかつ重要なのは、お金に流れをつくっていくことです。

例えば、

12月 ボーナス 30万円
1月 特別費5万円
2月 特別費0円
2月 児童手当 8万円
3月 特別費10万円
4月 特別費5万円
5月 特別費3万円
6月 特別費4万円
6月 ボーナス 30万円

という流れの場合は、どう計画するか?というと、

1月から6月までの特別費合計は27万円。

ボーナスからは、6月までの特別費27万円を取り分けて特別費口座に入金
残った3万円→貯金口座に入金

児童手当 8万円→貯金口座に入金

というように、ご自分の家計の収入の波にあわせて、どのタイミングでいく
特別費口座に入金し、貯金口座に入金するかを決めると便利です。

次の7月~半年も同様にして流れを作ります。

毎月いくらずつ特別費口座に入金したり、封筒積立をしたり・・としてももちろんOKですが(ボーナスや手当がない家計の方はそうすることになります)、そうすると、月収以上になってしまい、入金ができない場合がある可能性もあります。

特別費も全部ならして、毎月決まったお金でやりくりするというのは、月収が高い人しかできない技なのです。

月収以上にしないように調整すればいいという人もいるのですが、
月収が少なめの方が、それをやると、かなーり生活が苦しくなるので、要注意です。

ケチケチしなくても大丈夫♡なんていうのは言葉だけで、実際はかなりケチケチしないと毎月黒字にはできない・・・という現実にぶち当たることになります。

月収が高い、もしくは支出が極端にすくなければ、毎月積み立てる方式でも生活は苦しくならないので全然大丈夫です♡

月収の高さに応じてやり方は選ぶといいと思います♡

それから、特別費の口座にはお金は移しますが、実際にはまだ支払いはしていません。
なので、口座に移しただけの段階では家計簿には何も書く必要はありません。

実際に何かに使う時に、特別費口座からお金をおろして、お金を使った時に家計簿に金額を書きます。
端数がでたら貯金箱に入れるとか、家計の管理外にしてしまうと計算がラクです。

また、3月で家計簿をしめた時、

特別費口座15万円
貯金口座15万円

と入っていた時は、家計簿上は30万円の貯金としてみなしますが、
自分の頭の中では、実際の貯金は15万円だな、残りの15万円はすぐになくなるお金だなと認識します。

特別費口座のお金を貯金とみなしてはダメなんじゃないの?と思うかもしれませんが、
毎年同じタイミングで次の数ヶ月分の特別費が移動していることになりますので、この計算でも毎年大きく計算がおかしなことにはなりませんから大丈夫だと思います。

質問者様のこと、ちゃんと覚えていますよ~♡

あの頃は、質問の数も少なく、お一人お一人に何度もメールをすることができていました♡
質問者様とも何度もメールでやりとりしましたね^^

家にそんな余裕があるはずがないと、赤字払い遅れやいろいろな出来事の重なりで、お金にとてもつらいイメージがある印象だった質問者様が、こうしてお金の安定を取り戻されてきつつあるというのが、とても素晴らしいと思いました♡♡

長年にわたりブログをご覧いただいているだけでなく、
書籍のご購入までありがとうございます♡♡

1年、2年・・と
長きにわたりご覧下さってる方がいて、本当にありがたいと思っています♡

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

あきの家計管理ブログ(メインコンテンツ) 

1.無料で読めるあきの家計簿
  ・あきの家計簿のつけ方
2.読者様からのQ&A一覧
      ・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?) 
3.新着情報
  ・貯められないズボラ主婦の家計見直し術
4.無料の家計診断&相談お申込み
  ・お問い合わせ

POSTED COMMENT

  1. nao より:

    あきさん、こんにちは。
    なかなかお金が貯まらず、色々な家計簿ノートを買ってみては付けてみるも続かず。。。
    そんな中、あきさんのブログに出会い、書籍も購入させてもらいました!
    とりあえずは、年間の特別費の洗い出し、またノートにて毎月、年間の家計簿が付けられるよう準備をし、今月で2ヶ月目です。
    1ヶ月目はなんと!娯楽費の多い事(笑)
    それは貯まらないはずと反省しつつ、家計簿をつけながら、疑問に思った事を質問させて下さい。
    まずは、独身実家暮らしの為、娯楽費=お小遣いのようになっているように思い、毎日の家計簿にはお小遣い欄を設けず娯楽費に一括で記入しています。このやり方でも問題ないでしょうか?分けるとしてもどう分けたら良いか分かりません。分けた方が良い場合はどう区分したら良いかアドバイスお願いします。
    次に、ハンドメイドが趣味で生地や材料を購入し、ポーチ、カバン、巾着、通園バッグ等の簡単な物を作っています。今はまだ趣味の範囲でほぼ甥っ子や家族・親戚等の身内用に作っていますが、たまに友達に依頼されて作ったりもしています。大量に頼まれた時は材料費プラスαで代金を頂いたりもしています。(友達がタダだと次頼みにくくなるから代金を取ってほしいと言うので、じゃあ材料費だけでいいよ。と言うのですが、それだと次頼みにくい!と言うので、お言葉に甘えて少しだけプラスαさせてもらっています。)いずれは、ネット販売等もしていけたら、給料が安いのでお小遣い稼ぎになるかなと思っていますが、こういうハンドメイドのための生地、材料費等はどの項目に入れるのが良いでしょうか?娯楽費に入れるのが良いでしょうか?
    あと頂いた代金はどこに記載するのが分かりやすいでしょうか?
    アドバイス頂けると幸いです。

  2. あき より:

    naoさんコメントありがとうございます!
    せっかくご質問をいただいたのに恐縮なのですが、
    ご質問はコメント欄からはお返事をしておりません><
    メールフォームからのご質問の返事をお待ちいただいている方が
    おりますので、ご理解いただけますと幸いです。
    お手数ですが、当ブログのメールフォームよりご質問いただけますと幸いです。
    http://kakeibo.kosodate-info.com/mail
    お返事は早ければ1日ですが、込み合ってると20日以上お待たせすることがあります。ご理解いただいたうえでご利用くださいませ♡
    書籍のご購入もいただきありがとうございます。
    また、2ヵ月もあきの家計簿をご利用いただきありがとうございます。
    メールフォームのご利用をお待ちしておりますね!!

  3. matsu. より:

    解答ありがとうございます(●︎´▽︎`●︎)
    スッキリしました‼︎
    今まで何度となく諦めていた家計簿を
    あきさんのブログに出会ってから
    途中挫折しつつ(笑)
    何とか続けることができています!
    そのおかげで
    我が家のお金の流れも見えてきて
    新たに見直しもしています✧︎*。
    見直しが落ち着いたら
    ぜひまた家計診断してもらいたいです( ・ᴗ・ )
    ありがとうございました!

  4. あき より:

    matsuさんコメントありがとうございます♡
    matsuさんは本当に頑張っていると思います!!
    家計はすんなり何とかなる場合と、
    時間がかかる場合がありますが、
    焦らず1つずつ積み上げていけば必ず成果のでるものなので、
    一歩ずつ、やってみてくださいね~♡
    またいつでもご利用下さい♡
    こちらこそありがとうございます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください