2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

2年で350万円の貯蓄に成功したあきの「家計簿・節約・貯金・家計管理」の方法を公開しているブログです。ポイ活もしています。 家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。 ケチケチ節約術を卒業し2年で350万円の貯蓄に成功しました!テレビ出演、書籍出版、掲載雑誌多数あります。

夫の趣味費など夫にかかる費用を家計簿にどうつける?

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?



当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^







*今回のご相談内容*





夫は、釣りが好きでよく行くのですが、渡船料などで1回行くと1万2~3千円使います。

これに関しては、出費は多いですが、月1回を条件に、日頃文句も言わずに仕事に行ってくれる

主人への毎月のご褒美として、こづかいとして追加で出しています。娯楽費に入れた方が良いでしょうか?



ガソリン代の事ですが、我が家の場合、土地柄車が必須なので、

車は、乗用車と軽自動車の2台、ガソリン代は、2台合わせて2万5千円くらいになります。



夫が軽自動車に乗っていますが、今の勤務地が自宅から片道1時間半かかる場所なので、

ガソリンを入れる回数も多いです。

ガソリン代は今の所、私が入れた分は日用品。 

夫が通勤途中で入れた物は、夫こづかいからなので、

ガソリン代だけでも管理して項目を増やすべきか、迷っています。





**********



(あきの答え)



ご質問ありがとうございます。あきです。



ブログへのご訪問もありがとうございます^^



「夫にかかる費用」についてですね。







まずご主人の趣味費について。



これは、「夫小遣い」でやりくりして大丈夫です。



子供の場合は「娯楽費」などで管理した方がいいと考えますが、

日頃家族のために頑張ってくれているお父さんには、多少甘くてもいい、と私は考えます。



ですから「夫小遣い」でやりくりで構わない、と考えます。



ご主人の趣味である釣りを娯楽費で管理するようになると、ちょっと管理の目が厳しくなります。



月1回程度なら「小遣い」の範囲内で充分かと思います。



もし、ご主人が月1回どころではなく、月に何回も行く、夫の趣味費が家計にとって大きな負担になっているというような場合は、「娯楽費」「特別費」として計上していった方が「いつの間にかお金が流れて行ってしまう」ストッパー機能になります。



ついつい使いすぎてしまいがちな支出であれば「娯楽費」「特別費」に入れますが、

そこまでの支出と言えないケースと考えるので、今回は「小遣い」の範囲内と考えます。



ガソリンに関しては、土地柄必須ということですので、

「ガソリン費」という費目を作ってもいいかと思います。



その場合は、奥様のガソリンもガソリン費として管理してください。



ただし、このガソリン費に入れるのは

奥様が日常使われるガソリンと

ご主人が仕事で使われるガソリン

のみにしてください。



今回のケースで考えると、奥様の日常使われるガソリンは日用品、ご主人が仕事で使われるガソリンは夫小遣いのままであっても「お金を貯める貯めない」には大きく影響が出ないと考えますので、どちらを選んでも大丈夫です。



旅行などで使ったガソリンは旅行代の一部として特別費にしてくださいね。



ちなみに、我が家でも主人が趣味でソフトボールをしているのですが、その費用は夫小遣いとして計上していますよ~^^



お役に立ちましたか?



またいつでもご利用くださいませ^^☆彡



あき



このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に

ブログでお答えいたします。



友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、



いつでもお待ちしています!



※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。

あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^



↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから

・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)



なお、無料の家計診断&相談は

↓こちらのメールフォームよりお申込みください。

・お問い合わせ









このエントリーをはてなブックマークに追加