ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

カード払い・電子マネー

クレジットカード払いの家計簿へのつけ方。まとめてつける?細かくつける?

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

※お金のプロとして責任をもって回答するものではありません。
※その他
免責事項をお読みください。

**今回のご相談内容**

こんにちは、いつも参考にさせてもらってます。
あきさんにご質問なんですが、我が家はガソリン、ETC、ショッピング、携帯支払い、などをクレジットカード払いにしており、まとめて請求きます。
家計簿にはそれぞれ項目を分けて記入した方がよいのでしょうか?
年間家計簿or毎月家計簿か記入方法や記入する場所もいまいち分からなくて悩んでいます。
それともクレジット払いをやめるべきかも悩んでおります。
あきさん流家計簿をはじめて間もない初心者なので、ぜひアドバイスをよろしくお願いします。

**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「クレジットカード払いの時の家計簿へのつけ方」についてですね。

**********

クレジットカード払いは、基本は「固定費」「固定費でない支出」「特別なカード払い」なのかで分けて管理します。
記入する場所も、「固定費」「固定費でない支出」「特別なカード払い」なのかで分けます。

1.固定費のカード払い

(固定費のカード払いに該当するもの)
家賃、電気、ガス、水道、携帯電話、生命保険など。
おもに毎月引き落としがあるもの。

(カード払いの記入先)
年間の家計簿
家賃、電気、ガス、水道、携帯電話、生命保険と項目を作り、毎月引き落とし額を記入していく。
(利用月にする必要はなし。例えば4月の電気代が6月に引き落とされている時は、6月の電気代欄に記入でOK)

kakeibo4

↑年間の家計簿(記入例)

2.固定費でないカード払い

(固定費でないカード払いに該当するもの)
ガソリン、ETC、ショッピングなど。
おもに自分の意志で買い物しているもの。

(カード払いの記入先)
年間の家計簿のカード払い
現金とりわけがメンドウな場合は、年間の家計簿のカード払い欄に、引き落とし月の金額を記入する。
ただし、1で記入した固定費のカード払いは除く。
※はじめのうちはこの方法がオススメ。なれてきたら、下の現金払いのように扱う方法に変えると理想的。

例えば、4月の請求額が8万円だった場合
光熱費・・15000円(年間の家計簿の電気・ガス・水道欄に記入)
生命保険・・20000円(年間の家計簿の生命保険欄に記入)
ショッピング・・45000円(年間の家計簿のカード払い欄に45000円と記入)

オススメは、現金払いのように扱う方法

(カード払いの記入先)
毎月の家計簿の食費、日用品、娯楽費、特別費欄にカードを使った時に記入。
支払額を現金から取り分け封筒などに保管。
支払い月に口座に入金。

例えば、4月の請求額が8万円だった場合
光熱費・・15000円(年間の家計簿の電気・ガス・水道欄に記入)
生命保険・・20000円(年間の家計簿の生命保険欄に記入)
ショッピング・・45000円(2ヵ月前に毎月の家計簿の食費、日用品、娯楽費、特別費欄に振り分けて現金払いとして取り分けておいた現金を口座に入金し相殺。引き落とし月には何もかかない。ゼロで計上)

現金払いのように扱うことで、無意識に使いすぎるのを防止できます。

kakeibo3

↑毎月の家計簿(記入例)

3.特別なカード払い

(特別なカード払いに該当するもの)
税金、車の保険、受信料など、毎月ではないが、年に1回から数回必ずある支出

(カード払いの記入先)
年間の家計簿の特別費欄

ショッピングなどのカード払いを記入する中に、税金などまで含めてしまうと、年間のカード払いが税金で高いのか、ショッピングで高いのか分からなくなるので、特別費欄を使うのがオススメ。

もちろん、自分なりにこの方が分かりやすい!という方法があれば、アレンジしていただいて大丈夫です~^^。

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

あきの家計管理ブログ(メインコンテンツ) 

1.無料で読めるあきの家計簿
  ・あきの家計簿のつけ方
2.読者様からのQ&A一覧
      ・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?) 
3.新着情報
  ・貯められないズボラ主婦の家計見直し術
4.無料の家計診断&相談お申込み
  ・お問い合わせ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください