ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

家計(家計簿)の質問相談 Q&A

小遣い、娯楽費、特別費、削るならどの支出を削る?

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

*今回のご相談内容*

あきさんの家計簿のおかげで赤字家計から、少しずつ改善できました。
毎月の予算も守れるようになってきました!本当にありがとうございます!

そこで、質問があります。お忙しいのにすみません。

来年度の予算を立てました。
最高貯金額が97.2万
貯金予算額が1.2万
今年は車検が2台分あり、支出が多くなりそうです。

車検の年はいつも赤字だったのが、黒字になってすごく嬉しいです。
ただ、もう少し貯金額を増やしたいのですが、どれを我慢してどれの予算を減らせばいいか分かりません。

小遣い、娯楽費、特別費(衣服、イベント、レジャー)
どれを削れば良いか分かりません。

アドバイスを頂けないでしょうか。


**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「どこをどう削ればいいか」についてですね。

最高貯金額が97.2万
貯金予算額が1.2万

ということですが、これの意味をもう少し補足していただけると嬉しいです^^

一番貯金が出来る場合は、最高貯金額が97万円で、もしも貯金が出来なかった場合の最低貯金予定額が1.2万円ということでしょうか?

大変申し訳ないのですが、こちらの意味が把握しきれておりません。

予算の削りどころですが、
膨らみがちになっているのであれば、娯楽費、特別費を削るのが一番ラクです。

食費、日用品、小遣いといった必要なものは、削らない方が気持ちもラクだと思います。

ただし、小遣いに関しては、多すぎる場合は少し削ってもいいと思います。

小遣いが多すぎるかどうかの判断は、

仕事でどうしても必要な金額(ランチ代など) と 仕事以外につかえる遊び用の金額 にわけて考えてみることから始めてみて下さい。

遊び用の金額が多すぎると思った場合には、遊び用の金額のみ適量削るようにしてみてください。

仕事で必要な小遣いまで削ってしまうと、苦しくなりますから、そこはなるべく削らない方がいいと思います。

娯楽費、特別費に関しても、多すぎるかどうかで判断します。

娯楽費の基準予算は決まりましたか?

月3万円なら月3万円をずっと守っていくようにしてくださいね。

もし、もう少し削れそうという手ごたえがあれば、娯楽費の予算を削ってみるのもいいと思います。

娯楽費の毎月の基準予算が決まったのであれば、それは削らず、特別費で調整するのが簡単だと思います。

例えば、特別費に、車検や実家の帰省費などが含まれている場合は、その金額はどうしても削れないですよね。

その金額は最低限残した上で、旅行などを追加していると思いますが、
貯金を増やしたいのであれば、旅行代を少し削るなど、調整するといいと思います~。

最後になりましたが、予算が守れるようになってきたとのことで、ご報告嬉しく拝見いたしました。

赤字家計も少しずつ改善されているとこのことで、何よりです^^

これからの家計管理が楽しみですね~♪

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ