ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

積み立て・口座・貯金

月収が低めな人がやってはいけない【封筒積立】NGなやり方(方法)

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

※お金のプロとして責任をもって回答するものではありません。
※その他
免責事項をお読みください。

**今回のご相談内容**

はじめまして。

毎月封筒貯金で車検、自動車保険、引越費用、予備費をしています。毎月の家計簿に記入しますよね。
年間の家計簿にも特別費で記入しますか?
いざ、封筒貯金から車検代を出した時、家計簿には記入しないでいいですよね。支出ですでにあがってるので。
よろしくお願いします!

**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「封筒積立」についてですね。

**********

結論からお伝えすると、封筒貯金は毎月の家計簿の特別費でOKです。

年間の家計簿の「特別費」は「口座引き落としになる特別費」を記入する欄だと考えてください~。

↓年間の家計簿(記入例)
kakeibo4

(例には、自動車税がはいってますが、自動車税は引き落としにできませんね^^;)

例えば、固定資産税など。口座引き落としになっている特別費を毎月の家計簿に書くと、残高とかどうなるの?となりますよね^^;
なので年間の家計簿にも特別費を記入する欄がもうけてあります。
説明が足りず申し訳ありません。

積立はすでに支出としてつけてあるので、もちろん使う時は家計簿につける必要はありません~。

封筒からお金を出して使う。
余ったお金も家計に戻さないで、他の積立封筒に混ぜたり繰り越したりする。

これでOKです^^

私は、
小銭は、貯金箱に入れておいて、学校の写真の支払いなどで小銭がいる時に、お財布の1000円と両替して、1000円札になったら、他の欲しいものの封筒に入れるなどしています。

使う時に家計簿につけなくていいので、ラクですよ~^^

ところで・・・

封筒貯金にも効果的な封筒積立と、効果的でない封筒積立があります。

月収が高めの方は、質問者様のような封筒積立の仕方もOK!充分に効果的です。

でも、月収が低めの方は、
車検、自動車保険、引越費用
といった支出を「毎月」封筒積立するのは、NG。

なぜなら、月収が低めの方にとっては、このような支出を毎月積み立てると、負担が大きく、月の生活が回らなくなりやすいから。
封筒積立をするために、食事はもやしと豆腐・・みたいなことになりやすいのです。

なんでもかんでも予測して、毎月少しずつ封筒積立すればいいんです!という人がいますが、これは月収が高い人じゃないとできない技なので、月収が低めの人が真似すると痛い目を見ますよ~^^

かえってケチケチしないと生活できなくなるので、危険です^^;

でも、月収が高い人は大丈夫なので、無意味なわけではありません。
月収が高い人向けの方法だと理解しておけばOKです^^

↓あきの家計簿では

封筒積立をオススメするのは、一部の特別費だけです^^

車検や固定資産税まで毎月封筒積立をすると、月の生活がかなり厳しい・・という方は、車検や固定資産税の封筒積立はオススメしませんが、月収が高ければ大丈夫なので、質問者様の月収が高いかどうか?で判断してくださいね♡

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

↓その他の読者様からのQ&A一覧はこちらから
 ・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?) 

↓新着情報はこちらから
・貯められないズボラ専業主婦の家計簿節約見直し術

↓はじめての方はこちら(目次)から
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください