ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

家計(家計簿)の質問相談 Q&A

急な出費になりがちな特別費の管理方法。これが一番のコツ。

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

*今回のご相談内容*

あきさんの本、購入させて頂きました。
特別費の予算組みについて詳しく見させていただいております。

私の場合、今年の9月でちょうど1年家計簿をつけたことになるので、全体像を見てから予算を組もうと思い、今のところ組まないまま適当な感じで、特別費を使った分だけ家計簿につけてます。

そこで、質問なのですが
①予算をたてる際、特別費以外の食費や日用品、ガス代などの固定費は、表にされたり、他のところにメモしたりされていますか?

②特別費を予算する際、ピックアップする項目はあきさんがされているように7品目辺りが妥当でしょうか?

③特別費の年間予算の中から旅費など使うと年間の残(使える残額)が気になりますが、予算表の中かどこかに残額を記入してもいいのでしょうか?

お忙しいところ、恐れいりますが、ご回答宜しくお願い致します。

**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「特別費の予算表」についてですね。

1つずつお答えさせていただきますね^^

①予算をたてる際、特別費以外の食費や日用品、ガス代などの固定費は、表にされたり、他のところにメモしたりされていますか?

していますよ~^^。

予算表を作る場合は、
自分でできる家計診断で利用している表のフォーマットが便利です。

家計診断記入例(生活費一覧表)
家計診断記入例(生活費一覧表)

表の一番最後に、「総合計」を追加して計算してみて下さい。

↓「自分でできる家計診断」はこちらから。
・自分でできちゃう!みるみる家計が分かる!家計診断に挑戦してみよう!

②特別費を予算する際、ピックアップする項目はあきさんがされているように7品目辺りが妥当でしょうか?

そうですね。あまり多すぎても訳が分からなくなるかもしれません。
でも、特別費に関しては、費目の数は多くても少なくても「貯める家計簿になるかならないか」の影響はありません。

特別費の予算表で一番大事なことは、月でいくらになるか?年間でいくらになるか?の2つの合計欄を計算することです。

この2つの合計欄の計算ができていれば、内訳は細かくてもおおざっぱでもかまいません。

③特別費の年間予算の中から旅費など使うと年間の残(使える残額)が気になりますが、予算表の中かどこかに残額を記入してもいいのでしょうか?

記入していただいてもOKです^^

これは、予算管理の方法になりますから、やりやすいやり方、分かりやすいやり方をしていただいてOKです。

先ほど紹介させていただいたように、
特別費の予算表で一番大事なことは、月でいくらになるか?年間でいくらになるか?の2つの合計欄を計算することです。

この2つを毎月、年間で追っていくことができれば、アレンジはどのようにしていただいてもかまいません。

ただ、あまりにアレンジが強すぎる場合は、ご質問いただいても回答が出来かねる場合がありますので、ご承知おきくださいね^^

最後になりましたが、当ブログの書籍のご購入ありがとうございます。

少しでもお役に立てると嬉しいです!

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ