ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

手取り年収400万円の家計

【手取り年収400万円台】貯金だけの家計にしない工夫

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

**今回のご相談内容**

あきさん初めまして。

生活の質を上げて節約するという考えに共感し、家計診断をお願いしたくブログを参考にしながら今年の家計を書き出してみました。

自分自身心配性で、タイプ診断では理想追い求め貧乏タイプでした。まだ来年の予算は立てていないのですが、特別費や娯楽費がしっかり回せればもっと満足度が高いお金の使い方ができるんじゃないかと感じています。

●家族構成●
夫(30)、妻(30)、子供なし

1、収入
夫 年間130万円
(年度途中で体調崩し療養中。失業保険等含めた金額)
妻 年間310万円(賞与含む)

合計 年間440万円

2、銀行支出
家賃(管理費・駐車場代含む)  年間74万4千円 ※来年度より会社持ち
電気代 年間4万9千円
ガス代 年間6万5千円
水道代    年間2万5千円
通信費(ネット・スマホ・固定電話)    年間22万円(格安シムにしたため来年は月9千円の予定)
医療保険二人分・夫収入保障保険 ※共に掛け捨て   年間15万円
夫生命終身保険(貯蓄用)   年間31万円 ※48歳に払い終わるよう設定。学費や老後の足しという目的です。
妻生命保険(貯蓄用)   年間9万1千円 ※39歳満期で戻ってくる

合計 165万4千円

3、現金支出
食費・日用品費   年間63万円(実家からお米、野菜をもらってる)
夫小遣い 年間16万5千円
妻小遣い    年間27万円
妻昼食代・親睦積立(共に決まった金額を徴収) 年間10万8千円
医療費  年間15万4千円
娯楽費(衣類・外食費等)  年間12万5千円

合計 145万2千円

4、特別費
夫国保・年金    20万9千円
夫市民税   5万2千円
車保険    5万4千円
車税金    7200円
NHK    2万5千円
クリーニング 7千円
イベント費用(お中元、プレゼント、お返し、帰省費用等) 6万3千円
美容院 1万5千円
旅行代(年2回) 15万円

合計 58万2200円

娯楽費は特に月いくらと決めておらず、年間で赤字にならなければいいかなという感じで使ったり、お小遣いから出していました。やはり、月の予算を決めてスパッと使うほうがいいでしょうか?


**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「家計診断」についてですね。

**********

質問者様の家計状況について、
いくつか気が付いた点がありますので、以下お伝えさせていただきますね。

1.全体的な感想について

まずは、これだけの書き出し、お疲れさまでした!!
しっかり書き出しをしていただき、ありがとうございます♡

2.年間収支は

収入440万円
支出369万円

収支は年間約71万円の黒字となります。

夫生命終身保険(貯蓄用)   年間31万円 ※48歳に払い終わるよう設定。学費や老後の足しという目的です。
妻生命保険(貯蓄用)   年間9万1千円 ※39歳満期で戻ってくる

こちらもあるので、年間111万円を貯蓄することができています。

手取りの3割を貯蓄に回しているので、かなり貯蓄重視の家計といえます。

3.気になる点は

質問者様の家計の中には、これは使いすぎでは??と思われるような支出は特に見当たりません。

食費も安すぎることはなさそうですし、光熱費もよくおさえています。
とっても節約上手な奥様だな~♡という印象です。

来年からは家賃分の負担も減るということで、さらに貯金に拍車がかかりそうですね^^

全体的にややケチではありますが、旅行もゼロではないようですし、小遣いで娯楽費を兼用している・・ということからそれほどケチすぎるということもないと思います。

ただ、お二人様にしては、かなり質素。

この予算では、おそらく洋服はほとんど買わないでしょうし、インテリア用品などを買い替えるようなこともないのかな?と感じます。外食もお二人様にしてはかなり少なめなので、週末もデートすることもなく、お友達とわいわいすることも少なく、ほとんどおうちにこもりきりか近場で済ませる・・・というようなパターンかもしれません。

ご主人も現在は体調を崩されているということなので、今は仕方のないところかもしれませんが、まだまだお若いお二人様ですので、ご主人が回復されたら、夫婦でもう少しお外で社会勉強をするのもいいかな?と思います。

4.改善するなら

質問者様もご自分でお気づきの通り、やや慎重すぎる印象です。

タイプ診断では理想追い求め貧乏タイプ

だったのですね~^^

娯楽費としてスパッと使った方がいいですか?
ということですが、現状のやり方が気に入っているなら特に変えてまでやるほどのことはないかな?と感じます。

ただ、この月の娯楽費でつらくないか?は考えてみて下さい。

お仕事のランチなどを引いて、残るお金はいくらくらいなのか?が分か
らないので何とも言えないところはあるのですが、残るお金が少なくてこの娯楽費では、お二人様としては遊び足りないように感じます。

もし、つらいけど頑張っている・・・ということなら月5000円娯楽費をアップすることから始めてみてもいいと思います。

同時に、特別費についても見直してみて下さい。
特別費もないわけではないですが、やや少なめです。

無理をせず、できるところで娯楽費、特別費の予算の上乗せを考えてみて下さいね^^

5.まとめ

質問者様の家計は、全体的に節約上手ですが、ややケチな印象の残る家計です。
ただ、現状のご主人の状況などを考えると、多少仕方がないところがあると思います。

今すぐ娯楽費特別費を増やしてメリハリ家計を・・・!というよりは、
来年以降家賃などの負担がなくなれば、今以上に貯金が出来ると思いますので、ご主人の体調が落ち着き、家賃の支払いがなくなる頃から始めても遅くないと思います。

質問者様がやってくださったタイプ診断、興味がある方はやってみてくださいね^^

↓「貯められない家計のタイプ別家計診断」のチェックリスト!あなたの家計の問題点も分かるかも?!
・生活の質を下げずに節約する方法もあるんです!

※当ブログの家計診断は、「簡易家計診断」です。パッと見た範囲、細かな詳細については調査しない方法での診断となります。詳細な家計診断をご希望の方は、プロの方の有料家計診断をご利用いただくことをオススメいたします。

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任をもって回答するものではありません。
※その他
免責事項をお読みください。

あきの家計管理ブログ(メインコンテンツ) 

1.無料で読めるあきの家計簿
  ・あきの家計簿のつけ方
2.読者様からのQ&A一覧
      ・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?) 
3.新着情報
  ・貯められないズボラ主婦の家計見直し術
4.無料の家計診断&相談お申込み
  ・お問い合わせ

POSTED COMMENT

  1. 匿名希望 より:

    質問をした者です。家計診断ありがとうございます!
    洋服やインテリア、週末の過ごし方など、あきさんのおっしゃる通りで図星過ぎて驚きました(笑)娯楽費も、確かにあと5千円使えると全然気持ちが違うと思います!
    夫と、状況がよくなったら、行きたいところ、欲しいものなどを今からあれこれ話しながらモチベーションを上げてます。
    慎重すぎてお金を使うことが怖いとずっと思ってたんですが、あきさんの家計簿に出会って考え方が変わりつつあります。
    ありがとうございます。

  2. あき より:

    匿名希望さんコメントありがとうございます!
    家計診断の結果が少しでもお役に立てたら嬉しいです。
    家計管理は、お金を使わないことではなく、いかに有効にお金を使うかということを考えられるようになるとがぜん楽しくなりますね!
    ご主人さまお大事になさってくださいね^^
    またいつでもご利用下さいませ~!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください