2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

2年で350万円の貯蓄に成功したあきの「家計簿・節約・貯金・家計管理」の方法を公開しているブログです。ポイ活もしています。 家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。 ケチケチ節約術を卒業し2年で350万円の貯蓄に成功しました!テレビ出演、書籍出版、掲載雑誌多数あります。

夫婦そろって浪費家です。貯金を始めようにも始められないのですが。

家計簿&家計管理アドバイザーが日頃の「家計管理に関する疑問や質問」にお答えします。

※その他免責事項をお読みください。
今回のご相談内容

家計の相談です。

今育休中で今月末から職場復帰します。

ただ、もちろんの事ですが時短勤務なので収入はガクッと下がります。

もともとは夫婦共々収入は割とある方ですか、2人とも浪費家でして…

反省してもお金があるとつかってしまうのです。なので貯金できていません。

この育休中にやっと通帳を4冊作り、家計の仕分け、貯金する準備はできました。

ただ、お互いカードローンなどで給料と育児休業給付金は飛んで行ってしまうばかり…

始めようにも始められず困っています。

子どもの為にもわずかでいいので貯金していきたくて相談させていただきました。よろしくお願いします。


(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

「浪費家の方の家計改善」についてですね。

浪費家の方の家計改善


浪費家の方というのは「いくらまでなら使えるか」ということが分かっていない場合が多いように感じます。

なんとなく欲しいものを買ったり、なんとなく行きたい場所に行ったりと、お金を使う基準が気分だったりなんとなくだったり思い付きだったりする場合が多いように感じます。

私の知り合いにも高所得なのにお金が貯められないと悩んでいる方がいます。

その方は「40歳になったので、人間ドックを毎年受けた方がいいと思うんだけど、人間ドックは高いからうちは無理」と言っていました。

でも、その方は、週末になれば、映画、遊園地、デパートと子供を連れて毎週のように遊びに出かけ、子供にも、文具やゲームソフトなどを欲しいとせがまれるままに買い与えていました。

ママ友のランチ会にも頻繁に顔を出し、数ヶ月に一度は温泉旅行にもいっているようです。

私からすると、「温泉旅行を一回やめれば、人間ドックにいけるんじゃない?」と思うのですが、本人は、わが家には「人間ドックにいくような余裕はない」と思い込んでいるのです。

浪費家の方は、そのような変な思い込みをほぐしながら、いくらまでなら使ってもいいのか?という基準を作っていく必要があります。

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/1844

浪費癖を改善する考え方


ここで注意したいのは、浪費をすべてやめるのではなく、いくらまでなら浪費もOKという使ってもいいお金の基準を作るということが大切であるという事です。

節約をする=浪費を全部やめることだと考える必要はないのです。

お金を使うのは楽しいことですから、すべてを我慢するだけの家計管理は長く続きません。

また、浪費は悪いことではなく、適度な浪費はストレス解消にもなります。

ただし、浪費をしすぎて貯金ができない、借金を作るなど限度を超えた浪費はよくありません。

クレジットカードの払いが多すぎるのであれば、少しずつクレジットカードの払いを減らす。使いすぎていると感じるところを少しずつ整理することから始めましょう。

同時に、もし家計簿がつけられれば、1ヵ月だけでも家計簿をつけてみてください。

「わが家の家計は本当にぐちゃぐちゃです」と焦りと不安で張り裂けそうな思いでメールをくださった方も、

こちらの指示通りに1ヵ月家計簿をつけていただいたところ、
「たった1ヵ月で本当にわが家のお金の流れが見えるようになり驚きました!」とお返事くださっています。

収入がしっかりあり、浪費が多いという自覚がある方ほど家計の見直しは意外と簡単です。

あとは、自分自身の「今度こそ絶対に家計を改善する!」という気持ちがあれば大丈夫です。

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/15814

夫婦そろって浪費家の時にできること(まとめ)


質問者様は、ご夫婦そろって浪費家という自覚があるということですから、使い過ぎを防止するような仕組みを取り入れることから始めることをオススメします。

  • 家計簿を1ヵ月だけでもつけることで現状を把握する

  • 家計簿がどうしてもつけられないのであれば家計簿アプリを利用する

  • 通帳の使い分けで家計を管理する


このような点から始めてみてはいかがでしょうか。

すでに使い分け用の通帳は作成されたということですから、通帳の役割を3つに分けて、3つ目の貯金用の通帳に、少しずつでも入金を始めてみてもいいでしょう。

浪費というのは楽しいものですから、楽しみをすべてなくすような家計管理ではなく、無理なくできる限りお楽しみを残した家計管理をオススメします。

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/7058152
関連記事

その他のみなさんからの家計のやりくりに関する記事は家計のやりくりアドバイスカテゴリーよりご覧ください。

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/11716

このエントリーをはてなブックマークに追加