ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

積み立て・口座・貯金

【別財布】の方がお金が貯まる支出もある。賢い生活費のやりくり法は?

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

※お金のプロとして責任をもって回答するものではありません。
※その他
免責事項をお読みください。

**今回のご相談内容**

こんにちは。
先日はアドバイスありがとうございました。

チャレンジ3ヶ月目に突入しました。
2ヶ月目を集計していて疑問が出てきたのでメールさせていただきました。

年間の家計簿の通帳残高は、締め日に一番近い日の残高を書くということなので、1ヶ月目は何の疑問も感じず記入しました。
2ヶ月目の締め日に記入していて、あれ?えらく減ってる。。。
口座引き落としで積立をしている、ということをすっかり忘れていました。
口座引き落としなので、残高をそのまま記入すると積み立てた分が引かれた金額になります。
要は年間の家計簿には満期が来ないと(満期が来たら定期預金にしているので)積立定期分は計上されない、ということなんです。
ちゅうぶらりんです。
こういう場合はどうしましょう。

残高に積立金額分をプラスして記入する。
もしくは銀行預金を記入する欄に積立定期の欄を作って記入する。

私の思いつく方法はこの2つなんですが、どうでしょうか?

あと、今回初めて自分のお小遣いを設定したのですが、どう管理したらいいのか分からなくて。。。
生活費とお小遣いと財布は別ですか?
お小遣いは家計簿にも計上しなくていいんでしょうか?

アドバイスいただけたら幸いです。
よろしくお願いします。

**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「積立金」についてですね。

**********

結論からお伝えすると、残高が合えば大丈夫^^ということです。

積立をしているから、残高が減ってしまうということなのですね。

その状況がよく読み取り切れないのですが、最終的には、家計で管理している通帳の残高があっていれば、どのようなやり方でも大丈夫ということです^^

残高に積立金額分をプラスして記入する。
もしくは銀行預金を記入する欄に積立定期の欄を作って記入する。

このどちらかで対応してみていただいて、自分の中で、合ってる!と思うことが出来ていれば大丈夫です。

家計簿は、しょせん家計簿ですからね。

多少間違っていても警察に捕まるわけでもないし、税務署に出すわけじゃないですから脱税だ!なんていわれることもないんですね。

だから、あまりに正確でありすぎようと思う方も、結構早々に挫折します(笑)。
完ぺき主義すぎて、ちょっと合わないと嫌になって続かないとかたまに聞きます・・(笑)。

ちょっとあわなくなってまあいっか!通帳残高のところだけは納得いく数字でかけてる!という実感があればそれで大丈夫です^^。

それから、別財布にした方がいい支出について。

家計の中には、別財布にした方がいい支出というものがあります。

月の家計の中では特別費ですね。

それから、小遣い

その他、事業用のお金(自営業の方など)。

質問者様の場合は、小遣いなので、別財布がいいですね^^

小遣いは、家計簿には小遣い5000円などと記入しておきます。
そして、別財布に5000円を入れる。

小遣いで買ったものは、特に家計簿につける必要はないです。
小遣いなので、好きなように使ってOKです^^

もちろん気になる方は、家計簿につけてもいいですが、それなら小遣いにするより、食費、日用品、娯楽費などに上乗せしていった方がいいですね^^。
でも、ママ費とかにして書くと、意外とブラックボックス化して使いすぎたり予算が守れなかったりしますから、ママ費はオススメしません。笑

私は、家計簿にきっちり何でも書く・・・というのはなるべくやりたくないタイプなので、小遣いは小遣い〇〇円とつけて別財布にうつして終わり。内訳は家計簿に書かないという方法を採用していますよ~。

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

あきの家計管理ブログ(メインコンテンツ) 

1.無料で読めるあきの家計簿
  ・あきの家計簿のつけ方
2.読者様からのQ&A一覧
      ・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?) 
3.新着情報
  ・貯められないズボラ主婦の家計見直し術
4.無料の家計診断&相談お申込み
  ・お問い合わせ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください