ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

みんなの家計簿公開

【家計簿アドバイス】チャレンジ2か月目!娯楽費が多め・・・

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

*今回のご相談内容*

あきさん流に家計簿を付け始め、2か月になります。
なんちゃって家計簿では、合計を出してこなかったので付け始めは不明金が多くあったのですが、最近ではなくなりつつあります。

うちは、前にも質問しましたが、娯楽費がどーしても多くなってしまいます。
前に質問させていただき、特別費も少なくして、娯楽費を3.5万円に抑えると答えていただいたのですが、どーしても超えてしまいます。
3月と4月分を見て、アドバイスいただけると有難いです。

夫婦と子供(小学校5年、3年、1年)5人家族

3月分
食費 38632円
日用品 11346円
娯楽費
1、おやつ162
2、おやつ236
3、外食2178
4、外食2462
5、ジュース340
6、靴下(子)960
7、髪ゴム(子)216
8、お茶129
9、くつ(夫)3423
10、コンビニ742
11、コンビニ204
12、外食3000
13、外食2000
14、ノート406
15、コンビニ1196
16、ノート479
17、コンビニ1079
18、家電返送料1470
19、給食ナフキン1200
20、服(妻)2640
21、給食ナフキン2427
22、靴下(子)499
23、ゲーム210
24、外食1676
25、ジュース129
26、コンビニ1094
27、外食330
28、服(夫)3225
29、外食1970
30、外食9180
31、おやつ831
合計46093

特別費
1、美容院(子)980
2、タイヤ29108
3、誕生日ケーキ2462
4、誕生日プレゼント3565
5、不明228
6、子供会費13500
7、美容院(妻)6500
8、ホワイトデー2424
9、家電修理10432
10、病院3220
合計72419

4月分(24日まで)
食費費 35064
日用品 5697
娯楽費
1、外食2598
2、おやつ92
3、上靴780
4、鉛筆削り2000
5、学校帽子530
6、おやつ360
7、外食3051
8、電車1820
9、外食5064
10、弁当箱(子)1706
11、折り畳み傘(子)1874
12、傘(子)540
13、コンビニ684
14、ランドリー200
15、くつ仕事用(妻)1999
16、コンビニ567
17、外食1250
18、化粧品3510
19、ランドリー100
20、裁縫道具(子)3560
21、コンビニ178
22、下着(子)
23、くつ(子)6145
24、くつ(子)2244
25、外食2292
合計52383

特別費
1、町内会費1万円
2、病院1080
3、ホワイトデー540
4、電球1922
5、贈り物848
6、学習ドリル1395
7、自動車税7200
8、贈り物1188
合計24173

言い訳ですが…
コンビニが多いのは、少年団に入っており土日のお昼にコンビニおにぎりと、帰りにお菓子を食べるためです。
全部はなくせませんが、おにぎりは作る、おやつは食料品を買うときに一緒にと、減らしていくようにしています。
言い訳ですが、春休みで子供が家にいて、出かけることが多かったり、小学校に入学する子がいて、必要なものを買うのにかさんでしまっていることもあります。

3月4月このようになっています。
何かお気付きの点がありましたら、是非、アドバイスよろしくお願いします。


**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「家計簿アドバイス」についてですね。

まず、お伝えしたいのは、
すごくよくまとめて書いてくださり、ありがたいです!
ということです^^

私も、見やすく分かりやすいです^^

私が気が付いたのは以下の点です。


1.食費、日用品について

食費、日用品の予算にまだバラつきが大
きいので、適正な予算についてもう一度考えてみて下さいね。

食費、日用品はしっかりと節約モードに
なさっているご様子がうかがえます。

食費に関しては、
ご家族構成から考えると、むしろ少し節
約しすぎているような印象を受けます。

ご実家からの援助があるなどの特別な理
由があって安いのであれば問題ないので
すが、成長期のお子さんのことを考える
と栄養面での偏りがないか(特にタンパ
ク質不足)一度確認されてもいいかもしれません。

ご家族構成から考えると、月に4~6万
円ほどの食費がかかってもいいと思います。


2.娯楽費について

おそらく、なんとなく「そろそろこれが
必要だから」または、「せっかくきたつ
いでだから」という感じで、
ふらっと思い立ったものを買い足す傾向
があるのではないかな?という印象を受けました。

髪留め、靴下、靴、服などの支出を「なんとなく」で買うのではなく、
今月の娯楽費の予算の中で「買えるものだけ」を「選択」して買うようにしてみるといいと思います^^

例えば、
月の予算が4万円なら・・・

今月は、使えるお金があと5000円だから

靴は買うけど、靴下は来月にしよう

など、「予算ありき」でやってみると、うまく支出がコントロールできるようになります。

靴下に穴が開いて、替えがない!のであ
れば、靴下を優先して、靴は来月にする
など、
臨機応変に、優先順位の高いものから
買うようにします。

娯楽費の予算を、初めは45000円
くらいにすることからスタートして、
徐々に小さくしていき、30000円
前後まで抑えられるようになれば、
それだけで年間で20万円前後の節約ができますね^^

もちろん、うちは30000円にするのは到底無理!と思えば、40000円でもいいのです。

毎月、このくらいの予算ならすんなり守れるという「自分なりのちょうどいいサイズ」があると思いますので、その予算をみつけることから始めてみて下さいね^^

数ヶ月でおそらく今以上に家計のコントロール上手さんになられていきそうな感じがします!

これからの変化が楽しみです^^

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ