家計簿のつけ方

【家計簿の基本】習い事費とは?合宿代、特別レッスン

日頃の「家計管理に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします。

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

あきさんこんにちは。

ネットからあきさんのブログを見つけ、書籍も購入しました。お金にも気持ちにも余裕ができるようきちんと見直したいと思っています。

家計簿を付け始めて2ヶ月目になります。

子供の習い事に関してアドバイスを頂けたらと思います。

毎月の月謝は引き落としにしています。これは年間の家計簿に記入しています。

連休や夏休みなどに合宿や特別レッスンがあり、それは強制ではないのでその時によって参加したりしなかったりです。
参加するときの費目に迷っています。レッスンによっては¥5000の時もあれば、交通費がかかる¥10000以上の場合もあります。
それは現金払いです。

初歩的なことですみません。アドバイス頂けたら助かります。よろしくお願いします。

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

「習い事費の家計簿のつけ方」についてですね。

習い事費の家計簿のつけ方

習い事費は、口座引き落としの支出と現金払いの支出の二つにわけて管理するのが基本です。

毎月銀行から引き落とされている習い事費は「年間の家計簿」。

毎月引き落としになっている習い事費は「毎月の家計簿」。

このように分けて管理するようにすると残高の調整などを行う必要がなく簡単です。

どうしても現金払い扱いにしたい習い事費どうする?

上記のように習い事費は二つに分けて記入して構わないのですが、どうしても二つに分けれているのがいやという時は、「毎月の家計簿」だけに記入しても構いません。

その場合は、口座から引きとされるお金を現金払い扱いにしていることになりますので、現金の残高は減らしません。

わが家も引き落としの習い事がありますが、「毎月の家計簿」に「習い事費」を作成し、「現金の残高」を引かないという方
法で記入しています。

習い事費で気を付けること

是非、1年家計簿をつけてみて、習い事費が「年間でいくらかかっているか」を見てみて下さいね。

月4000円の月謝だからと始めた習い事でも、合宿や特別レッスンなどの費用で、年間にすると10万円越え、毎月8000円払ってることになっているというようなこともよくあることです。

まとめ

・習い事費は年間でいくらかかっているかを意識して家計簿につけましょう。

最後になりましたが、書籍のご購入ありがとうございます。少しでもお役に立てたら嬉しいです。

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓他にもある!こんな時はどうする?家計簿のつけ方に関するご質問はこちらから
・家計簿のつけ方に関するご質問のまとめ

↓その他のご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー、住宅ローンアドバイザー(住宅金融普及協会)資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。日本テレビ、NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他