2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

2年で350万円の貯蓄に成功したあきの「家計簿・節約・貯金・家計管理」の方法を公開しているブログです。ポイ活もしています。 家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。 ケチケチ節約術を卒業し2年で350万円の貯蓄に成功しました!テレビ出演、書籍出版、掲載雑誌多数あります。

家計管理は年間予算で決まる!使えるお金の上限を把握しよう!

家計管理の方法はさまざまありますが、本当に効果のある家計管理の方法は「使えるお金の上限を把握できる家計管理」です。

お金を貯めるというのは、本来とても単純なこと。

「収入>支出」という図式を成り立たせるようにすればいいだけのことなのです。

しかし、お金が貯められない多くの方がいつの間にか「収入<支出」という図式になってしまっています。

本当に効果の出る正しい家計管理とは、「収入>支出」になるように家計を計画することなのです。

本当に効果がある家計管理の方法とは?


お金が貯められない家計管理が下手な方は「毎月いくらまでなら使ってもいいかが分からず、いつの間にか使いすぎる」ということを繰り返します。

また、「これは必要なものだから仕方がないと気軽に支出を増やしてしまい、気づけば支払いでパンパン。日々の生活もままならない」という方も多くみられます。

収入が足りないことで家計が回らない方も中にはいますが、全体ではごく少数です。また万が一収入が足りない場合でも、「いくら収入を増やせば家計が回るのか」ということが把握できる家計管理でなくてはいけません。

小手先の節約術を駆使して食費を月に数千円節約するということも時には大切ですが、それは本当に効果の出る家計管理とは言えません。とにかくお金を使わないようにして、お楽しみを一切なくすような家計管理も健全とは言えません。

本当に効果の出る家計管理の方法は非常にシンプルです。

それは「家計の年間予算を立てること」です。

収入に合わせた支出を選択し、「ここまでは使ってもいいが、これ以上使ったら赤字になる」ということを常に把握できるようにしましょう。

「これ以上は使いすぎ」という明確な「使ってもいいお金の上限」が見えるような家計管理を行うことが大切です。

長年たくさんの家計を再生させるお手伝いをしてきましたが、これが本当に効果の出る家計管理の唯一の方法といっても過言ではありません。

基本的な年間予算の考え方とは?


効果のある家計管理を行うために大切なことは「家計の年間予算を立てる」という方法です。

そのために計画するのは以下の5つにおおよその予算を決めることです。

1.年間の収入
2.年間の固定費
3.年間の生活費
4.年間の特別費
5.年間の貯蓄額


年間予算は、例えばこのように計算します。

1.年間の収入
年間の収入 約550万円

2.年間の固定費
年間の固定費 約250万円

3.年間の生活費
年間の生活費 約200万円

4.年間の特別費
年間の特別費 約50万円

5.年間の貯蓄額
年間の貯蓄額 約50万円

年間の貯蓄額は以下の計算式で求めます。

収入 - 年間の固定費 - 年間の生活費 - 年間の特別費 = 年間の貯蓄額

収入 - 年間の貯蓄額 = 年間の固定費 - 年間の生活費 - 年間の特別費

という考え方を推奨する方も多いのですが、過去の家計のご相談実績から考えると、現在家計がままならない方がこの計算式を用いても意味がないケースが多発しています。

下の計算式で家計が回る方は比較的高収入、またはもともと貯蓄ができている方向きで、現在お金が貯められていない方にはオススメしておりません。

本当に効果が出る家計管理をするには?


本当の家計管理というのは、年間予算に基づき家計の計画を立てることです。

年間の収入 約550万円
年間の固定費 約250万円
年間の生活費 約200万円
年間の特別費 約50万円
年間の貯蓄額 約50万円

という計算結果にたいし「年間の貯蓄額が少ない」と感じた場合は、「年間の固定費」「年間の生活費」「年間の特別費」のなかから削れる支出はないか検討します。

「年間の固定費」「年間の生活費」「年間の特別費」のなかで削れる支出が一つも見つからないにもかかわらず、年間の貯蓄額が少ないという場合は、あといくら年間の収入を増やせば目標とする貯蓄額になるかを検討します。

この5つのうち「年間の貯蓄額」を優先するなど、なにかひとつを優先して考えるのではなく、年間の収入の中でなににどれくらいの予算を配分するかということを考えるのが本来の家計管理のあり方です。

上記のように家計を計画することで「今月はいくらまでなら使っても大丈夫」「これ以上使ったら年間予算どおりの貯蓄が実現できない」というような具体的な判断ができるようになります。

合わせて行いたい家計管理の方法とは?


家計管理の基本はまず「年間予算を作成すること」です。

まず年間予算を作成することから始めると、1年間の家計管理に迷いがでることがありません。

次に行いたい家計管理としては「年間予算を守れるような工夫ができる家計管理」です。

例えば、家計簿をつける、口座の残高が分かりやすいように通帳の整理する、財布の使い方を整えるなどです。

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/2178

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/7058152

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/11594

こちらの家計管理の方法はあくまで「予算管理をより明確にする補助」としての役割を担うものです。

年間予算もなく、補助としての家計管理だけを充実させてもうまくいかないことのほうが多いものです。

過去の実績が分からず、年間予算の作成が困難な場合のみ、まず最初に家計簿をつけることから始めるという方法は有効ですが、その他はあくまでも「年間予算の作成」の次に行う家計管理として考えましょう。

まとめ


・本当に効果のある家計管理とは、家計の年間予算を作成することです。

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/4368

このエントリーをはてなブックマークに追加