借金・ローンのある家計

車のローンを貯金で返済してしまった方がラクになる?

家計相談Q&A

家計簿&家計管理アドバイザーが日頃の「家計管理に関する疑問や質問」にお答えします。

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

先日家計診断をお願いした者です。
追加で質問をさせていただきたくお問い合わせさせていただきました。

今手元にある貯金でまず車のローンを返済してしまおうかと思ったのですが、それもありなのでしょうか?その方が家計がうまくまわるかと…。

お時間があるときに回答いただけると嬉しいです。宜しくお願い致します。

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

「貯金を崩して車のローンを返すこと」についてですね。

貯金を崩して車のローンを返した方がいい?

今手元にある貯金でまず車のローンを返済してしまおうかと思ったのですが、それもありなのでしょうか?その方が家計がうまくまわるかと…。

ということについてですが、私の個人的な考えとしては「バランスを考えた選択をしてほしい」ということです。

年間で現金の貯金は十分できている。
そのうちの一部を繰り上げ返済に回そう。

ということなら賛成なのですが、

返済をしたら、貯金がほとんどなくなってしまう

という場合は

たとえ、この返済をすれば、毎月貯金ができるようになる

という状態でもやめた方がいいと私は思います。

なぜなら、たとえ支払いがラクになっても、それをそのまま貯金にできるならいいのですが、ちょっとくらいこの支出を増やしてもいいかな?と支払いが楽になった分だけ他の支出を増やしてしまうという方が非常に多いからです。

このようになってしまうと、崩した貯金を取り戻すまでに時間がかかる、または最悪の場合は崩した貯金が永遠に取り戻せないということがあるからです。

この場合は、少し苦しくても頑張って毎月払っていく方が、結果として貯金を守ることにもなります。

貯金を崩して車のローンを返す場合は

支払いを軽くするために、車のローンを少しでも返したいということであれば、貯金の一部を返済に充てる程度にとどめてみてはいかがでしょうか。

貯金の全てを使ってしまうと、急にまとまったお金が必要になったときにまた新たなローンや借金を背負う可能性もあります。

手元にある程度の余裕資金は残したうえで一部を返済に充てる。
1,2年など早期に崩した貯金と同額の貯金を作り、崩した分を埋める。

このようにして、崩した分の貯金は早々に取り戻せる範囲で返済を行うのであれば、その後の家計管理にも影響なく返済ができるものと考えられます。

全体的な貯金と返済のバランスを考えたうえで車のローンの返済を検討してみてくださいね。

家計相談Q&A
借金返済と貯金のバランスの優先順位こちらは、家計簿&家計管理アドバイザーが日頃の「家計管理に関する疑問や質問」にお答えするコーナーです。 今回は「借金返済と貯金のバ...
関連記事

みなさんからの車と貯金に関するご質問は車の節約と貯金カテゴリーにまとめてあります。

車の資金の貯め方や払い方については、以下の記事で詳しく紹介しています。

家計相談Q&A
車の購入時のお金の貯め方と払い方!現金一括で買うテクニックブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします! ※その他免責事項をお読みください。 今回のご...
ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。キャッシュレスの専門家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー、住宅ローンアドバイザー(住宅金融普及協会)資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。日本テレビ、NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「スマホでできる あきの新ズボラ家計簿(秀和システム)」「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他