ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

手取り年収600万円以上の家計

【家計診断】全体的に生活サイズが大きめです。

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

*今回のご相談内容*

あきさん、こんにちは。
ブログ、本ともにとても参考にさせていただいてます。

以前にも一度質問させていただいたことがありますが、今回は家計診断をお願いしたいです。

あきさんの家計簿にして9か月くらいです。
以前は市販の家計簿を使用していましたが、ただ記入していただけでした。

私は家計簿のスタートを3月15日にしています。

それで、今年度は特別費の予算表も作成し、3月15日~4月14日は食費、日用品、娯楽費ともに予算を守ることもできました。

保険は夫が昨年、万が一の事も考えてと、学資保険も込みで見直しています。

車も古く、ワンボックスを買いたいから150万はためてほしい。と夫に言われています。

しかし、支出が多く、貯金が出来るようになるのか不安でたまりません。
現在、貯金が全くない状態で、気持ちが焦るばかりです。

家族構成(夫・小2・年中・2歳)

2016年度
給与   600万
各種手当  80万
その他   20万
収入合計 710万

銀行支出
住宅ローン   100万
電気       14万2千
ガス       6万7千
水道       11万2千(何故かすごく高くて、節約の方法がわからず困っています) 
携帯       17万6千(私の携帯を変更したので、今年度は13万くらいになる予定です)
ネット・TV・電話 8万
生命保険     52万8千(貯蓄型もあり・夫婦用)
県民共済     3万6千(子供3人分)
特別費      56万8千
車保険       2万1千
給食費(小学)   4万
幼稚園      38万
奨学金返済    14万3千(あと7年)
習い事      7万4千(今年度は習い事が増えます。予定では23万1千)
カード払い    16万(子供の学習机に6万、その他は不明です)
コンタクト    2万9千

銀行支出合計 355万6千

現金支出
食費  86万6千
日用品 36万4千
夫   76万3千(小遣い3万、昼食代1万、交通費2万3千/月)(今年度から小遣い2万5千)
教育費 14万6千 (今年度未就園児教室8万5千)
娯楽費 52万
特別費 53万
習い事 3万6千(今年度より9万6千)

現金支出合計 322万5千

収支32万      
13万 来年2人幼稚園のため、積み立て(今年度28万積み立てる予定) 
19万 今年度特別費へ

2016年度は途中からあきさんの家計簿にしたので、だいたいで費目分けしました。
今年度(3月15日~4月14日)は、しっかり分けてみました。

給与   46万
ボーナス 10万
収入合計 56万

(昨年年間710万円)

銀行支出
住宅ローン 84,000円(昨年年間約100万円)
電気    15,852円(昨年年間約14万2千円)
ガス     5,472円(昨年年間6万7千円)
水道    17,918円(昨年年間11万2千円)
携帯    11,282円(年間13万円)
ネット・TV・電話 6,700円(昨年年間8万円)
生命保険  46,505円(年間55万2千円)
県民共済   3,000円(昨年年間3万6千円)
車保険    4,220円(初回のみ。通常2,110円 年間約2万8千円)
給食費    4,110円(年間約5万円)
幼稚園   31,740円(昨年年間38万円)
奨学金返済 11,974円(昨年年間14万3千円)
習い事   18,108円(年間約23万円予定)
コンタクトケア 2,484円(年間3万円)

銀行支出合計 263,442円(年間約300万円)

現金支出
食費  65,698円(年間約78万円)
日用品 30,393円(年間約36万円)
夫   68,000円(年間約81万6千円)
教育費 17,462円(年間約20万円?)
娯楽費 42,525円(年間約50万4千円)
特別費 70,793円(昨年年間約53万円)

現金支出合計 294,871円(年間約319万円)

支出計 558,313円
収支  +5,357円

以上のような状態です。どうすればよりよくなるか、自分では全く分からなくなってしまいました。お忙しいと思いますが、ぜひアドバイスをよろしくお願いします。

**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「家計診断」についてですね。

家計診断ということですが、
一部情報について不足しており分かりか
ねるところがありましたので、私の方で
追加で計算をしました。

ただ、私の方で予測で計算していますの
で、多少の誤差があると思いますがご容
赦ください。

私が気が付いたのは以下の点です。


1.年間収入について

今年度の年間収入について記載がありま
せんでしたので、
前年と同様の収入が見込めるものとして
以下計算します。

つまり、年間収入は710万円とみなします。


2.今年度の収支について

年間収入が710万円である場合、
今年度の支出予測は約620万円ですので、

今の予算通りにやりくりされるだけでも
年間90万円の貯金ができる計算になります。

銀行支出の特別費が入っていないからかもしれませんが、
銀行支出の特別費を50万円見込んでも40万円は貯金が出来ます。


3.電気代について

電気代がやや高いように思います。
月1万円以内になるように
今一度コンセントがさしっぱなしになっていないか?など基本をおさらいしてみてください。

水道代も高いですが、どうしてなのか分
からないという事ですので、言及はいたしません。
洗濯の回数などがむやみに多くないか?
だけ確認してみて下さい。
(1日1回程度、1週間で8回程度を目安にしてください)


4.日用品について

日用品費が高すぎます。
ご家族構成から考えてもやや高いので、
もう少し全体的に小さく出来ないか検討してみて下さい。

高額な化粧品などが入っているようでしたら、そちらは特別費にしましょう。

月1万円くらいにしたいところですが、初めは月2万円を目指してみて下さい。


5.予算について

まずは、食費、日用品、娯楽費の支出を安定させるところから取り組んでみて下さいね。

質問者様の場合は

食費・・・月6万5千円
日用品・・月2万5千円
娯楽費・・月4万円

くらいにすることから始めてみて下さい。

これだけでも年間で8万円ほど節約できます。

日用品が月2万円になれば、年間で14万円ほど節約になります。


6.ご主人のお小遣いについて

前年度の欄で、減額を検討されていると
のことでしたが、
今年度分が予定よりも増えているようです。

こちらを前年並みにするだけでも年間で5万円節約できます。


7.収支について

前年度の収支で、

13万 来年2人幼稚園のため、積み立て(今年度28万積み立てる予定) 
19万 今年度特別費へ

というように、黒字になった分を積み立
てと特別費に振り分けられているようで
すが、
質問者様の家計状況から考えて、
これをする必要はないと考えます。

幼稚園が2人になっても
その分幼稚園助成金の手当が増えると思
いますし
(収入に応じて金額が変更になりますの
でもしかしたら少ないなどあるかもしれ
ません)
質問者様の家計状況からして
あと年間で35万円の幼稚園代が増加し
たとしてもなんとか黒字にもっていくこ
とが可能であると思います。

また、特別費に積み立てているというこ
とですが、
何か特別な事情がある場合は別ですが、
そうでないなら繰り越してまで貯める
必要はないと思います。

こちらの収支で黒字になった分を
「当面絶対おろさないお金」として
貯金用の口座にうつしロックしてしまいましょう。


8.まとめ

質問者様の家計は
↓タイプ5「隠れ貧困」タイプ
・貯めたいのに貯まらないのはこの習慣が原因だった?!
に近いと感じます。

あちこちに支出はそれほど散らばってい
ませんが、一つ一つの支出のサイズがや
や大きめです。

↓「貯められない家計の5つのタイプ別家計診断」のチェックリストはこちらから。
貯められないタイプ診断をまだしていない方はよかったらやってみてくださいね^^
・生活の質を下げずに節約する方法もあるんです!

質問者様の家計の場合は、
旅行などをもう少し増やして予算組みを
したとしても
上記の3,5,6を節約するだけでも
年間で20万円くらいは節約できると思
いますので、
年間60万円くらいの貯金は手堅く
行けると思います^^

車の買い替えは、
できれば4、5年くらいかけて
手持ちのお金を300万円に
してから150万円の車を買
うくらいの方がいいと思います。

※現在詳しい家計診断はお休みをいただいていますが、このように、収入と支出を詳しく書き出していただければ、パッと見た印象でのお話で良ければさせていただきます。

↓現在お休みさせていただいている「詳しい無料家計診断」の結果はこちらから。
・みなさんの家計診断&相談の結果を発表します!

最後になりましたが、
あきのズボラ家計簿をご利用いただきありがとうございます。

少しでもお役に立てたら嬉しいです!

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ