ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

特別費

効果的に別財布を活用する方法とは?

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

※お金のプロとして責任をもって回答するものではありません。
※その他
免責事項をお読みください。

**今回のご相談内容**

あきさん
先日は、特別費は別財布と教えていただきありがとうございました。

早速、特別費は別財布を実行しておます。これからはX’masにお正月と特別費がかかるため助かりました。

しかし、ひとつ確認させてください。毎日書く家計簿の書き方ですが、特別費(現金で支払い)のとき、残高は特別費以外のお財布の残高を書くのでしょうか。それとも、合算でしょうか。

お時間があるときでかまいませんのでご教授お願いいたします。


**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「別財布にいれたお金の残高のあつかい」についてですね。

**********

↓あきの家計簿

では、
特別費は、別財布で管理する事をオススメします。

特別費というのは、冠婚葬祭、旅行、家電など、季節やイベントに関連して発生しやすい比較的高額な支出です。

実は、家計の中で一番管理が難しいのが特別費

この特別費さえ制覇できちゃえば、家計管理なんて何にも難しくない!

とさえ言えるくらい、ほとんどの方が管理しきれないのが特別費です。

それでもって、特別費はですね、別財布をオススメする理由は・・

せっかく特別費を準備しても、生活費にまざってしまいいつの間にか使ってしまった・・・

ということがあるからです。

せっかく旅行代を準備したのに、いつもの食費に消えてしまっていたらせっかくの旅行がもったいないですよね。

家計簿に特別費をつける場合は、

使う前に特別費として家計簿につけてしまった場合は・・・

すでに支出としてみなしているので、使う時に家計簿につける必要もありません。
おつりを家計簿につける必要もなく、残高を家計簿に換算する必要もありません。

お金はおろしてきたけど、使う前に特別費として家計簿につけていない場合は・・・

これから支出としてつけるのであれば、使う時に家計簿につけます。
おつりも家計のお金に戻してOKですし、残高も家計簿に合算します。

どちらでも大丈夫です^^

ちなみにわが家は上の方法。
特別費は使う前に封筒にわけていれてしまって、使う時は別財布にいれて持ち歩き。
使った後は家計簿にはつけません。

なぜって?
たとえば旅行に行った時。

交通費、ランチ代、宿泊代、お土産代・・・

数日間にわたる支出を全部とっておいて家計簿につけるのが面倒だからです。

だったら、旅行代5万円と1行家計簿につけてしまって終わりのほうがラク。
おつりは戻さず貯金箱にいれてたり他の封筒にいれたりしてしまってなかったものにしてしまいます。

家計簿につけなくてはいけないことをなるべく減らす。

家計簿をつける時間を短縮したい人にオススメです^^

でも、きっちりつけたい人は、下の方法で、全部支出を書いても大丈夫です♡
好きなやり方、分かりやすいやり方でやってみて下さいね!!

ご質問ありがとうございます♡またいつでもご利用下さいね^^

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

文/あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術
↓今度こそ本気で家計を改善したい!という方はこちらから
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語

あきの家計管理ブログ(メインコンテンツ) 

1.無料で読めるあきの家計簿
  ・あきの家計簿のつけ方
2.読者様からのQ&A一覧
      ・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?) 
3.無料の家計診断&相談お申込み
  ・お問い合わせ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください