ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

特別費

【特別費】を制する者は家計を制す!特別支出を賢く管理する。

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

※お金のプロとして責任をもって回答するものではありません。
※その他
免責事項をお読みください。

**今回のご相談内容**

いつもブログや書籍で勉強させていただいております。特別費のことで質問があります。

①書籍の特別費予算記入例を見ると、臨時費、レジャー費、家具インテリア費などは、5000円で毎月一定額積み立てられています。私は、毎月特別費の通帳から5000円ずつ引き出して、臨時費、レジャー費、家具インテリア費の封筒にそれぞれ支出として入れていくのだと思っていました。実際にそうしています。

しかし、書籍の臨時費のところでは「年間で5万円などと簡単に記入して終わりにしています」とあります。ということは、毎月実際に現金として積み立てているわけではない、のかなと思いました。

同様に2017年10月3日のブログの内容でも、封筒積立について、ボーナスなどまとまった収入は「半年に一度などにどかっと積み立てる」とありました。なので、特別費予算記入例で毎月5000円と記されているやり方がよくわからなくなくなってしまいました(^_^;)

おそらく、特別費の管理の仕方で私は思い違いをしているのかな、と思います。間違えているところを教えてください。゚(゚´ω`゚)゚。

②臨時費、レジャー費、家具インテリア費などを積み立てる時に支出としてつけてしまうので、いざ積み立てたこれらの特別費を使用した時も、毎月の特別費に記入できないので、管理が煩雑になっています。家計簿の端にメモすればいいんですが、積み立ての残金把握のために封筒にも書くので、2回も書いて重複しているしちょっと面倒です(^_^;)封筒はいずれ捨ててしまうので、いつ頃に何に使ったかくらいは残しておきたいです。

しかしこれも、そもそも私の扱い方が間違っているような気がします(>人<;)あきさんは臨時費、レジャー費、家具インテリア費などは実際どのように管理されていますか?

③特別費の封筒積立により、すぐ使用する予定のない現金が毎月家の中に増えていき、少々不安でもあります。①②の方法が間違っているからこうなってしまうのでしょうか?

以上です。

考えをなかなかうまく形にできず、わかりにくい文章で申し訳ありません。わかる範囲、答えられる範囲で構いませんので、よろしくお願いしますm(_ _)m


**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「特別費」についてですね。

**********



うーんすごい!ここまであきの家計管理を再現できている方は少ないと思います。
(私もそこまで完全に再現していただくことを求めておりません。参考になるところだけ取り入れていただければと思っております)

それくらいご質問の内容がディープなところまで達されているので、正直驚いています!!

ひとつずつご質問にお答えしますね。

①書籍の特別費予算記入例を見ると、臨時費、レジャー費、家具インテリア費などは、5000円で毎月一定額積み立てられています。私は、毎月特別費の通帳から5000円ずつ引き出して、臨時費、レジャー費、家具インテリア費の封筒にそれぞれ支出として入れていくのだと思っていました。実際にそうしています。

しかし、書籍の臨時費のところでは「年間で5万円などと簡単に記入して終わりにしています」とあります。ということは、毎月実際に現金として積み立てているわけではない、のかなと思いました。

これはですね、わが家の場合は臨時費を2パターンで用意していたということですね^^

毎月積み立てるものと年1回予算として予定だけしているもの。

毎月積み立てているものは、封筒に毎月少しずつ貯まっていきます。

でも、年1回予算として予定だけしているものは、実際には使わなかったらそのまま消失させてしまう予算です。

これは、こうしなくてはいけないというよりは、わが家はこうしているということでとらえていただく程度で構いません。

②臨時費、レジャー費、家具インテリア費などを積み立てる時に支出としてつけてしまうので、いざ積み立てたこれらの特別費を使用した時も、毎月の特別費に記入できないので、管理が煩雑になっています。家計簿の端にメモすればいいんですが、積み立ての残金把握のために封筒にも書くので、2回も書いて重複しているしちょっと面倒です(^_^;)封筒はいずれ捨ててしまうので、いつ頃に何に使ったかくらいは残しておきたいです。

質問者様は、積立を使った時にも明細を残しておきたいタイプなんですね!
私は、そこまで細かく管理したいと思っていないので、積立を使う時は、明細すら残しません。笑
基本、書く作業がたくさんあるのが嫌なタイプなので、なるべく書かないようにしています。

気になるようでしたら、
封筒には明細はかかないで、家計簿のあいているところに残金&明細をメモするだけにする方がいいと思います~。

積立一覧表

〇〇積立

〇月〇日 残金〇〇円
〇月〇日 残金〇〇円
〇月〇日 残金〇〇円→〇〇に〇〇いくら利用残金〇〇円

などのようにリスト化していくといいですね~!

③特別費の封筒積立により、すぐ使用する予定のない現金が毎月家の中に増えていき、少々不安でもあります。①②の方法が間違っているからこうなってしまうのでしょうか?

いえいえ、これは正常です。
積立をしていくと、おうちに置いておく現金が増えていきます。

気になる方は、1つ積立保管用通帳を用意するといいですね^^

私も準備しています。

たとえば、いつかいく海外旅行のお金が20万円貯まった!という時は、
20万円を積立保管用通帳に入金。

私はその時、明細の横に旅行用積立20万円 と直接書き入れます。
使う時は、旅行のために使うなら旅行用積立とメモしてあるお金の分だけをおろします。

この積立保管用通帳は、年間の家計簿にも記入する必要はないです。

家計管理外の通帳にしてしまっています。

貯金を崩す前のワンクッション通帳にできるので、海外旅行に行っても「貯金が減った・・・」という感覚にならないところがお気に入り♡です。だってもう支出としてみなして家計簿につけてあるお金ですから~^^

この通帳は、まとまった金額になった時だけ入金で充分です。
毎月入金すると、なんのための積立をしているのか分からなくなります。
目的別に通帳を準備するのもいいですが、ムダに通帳の冊数が増えるのが私は嫌いなので、私は1冊で対応しています。

いつもブログや書籍をご利用いただきありがとうございます!
質問者様のことはしっかり覚えていますし、いつも暖かく見守ってくださり本当に感謝しています。

ここまで再現を試みてくださっていること感謝いたします♡

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用下さいね☆彡

文/あき

あきの家計簿

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

↓今度こそ本気で家計を改善したい!という方はこちらから
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語

あきの家計管理ブログ(メインコンテンツ)

1.無料で読めるあきの家計簿
・あきの家計簿のつけ方
2.読者様からのQ&A一覧
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?) 
3.無料の家計診断&相談お申込み
・お問い合わせ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください