ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

家計診断のやり方

【家計簿見直し】支出とは?節約できない原因を知ろう

家計診断

家計簿をつけていない場合でも実践できる!家計診断

家計の実態をつかむためには今の家計の支出状況を把握することが大切です。

前回までの記事で、過去1年分の収入を計算する方法
通帳を使って家計簿をつけていなくても過去1年間で実際に貯金できた金額を簡単に計算する方法を紹介しました。

実はこの2つが計算できてしまうと、いくらお金を使って生活しているのかが家計簿をつけたことがない方でも自動的に計算できてしまいます!

やってみよう!
■収入を計算する方法はこちらの記事で紹介しています。
・我が家の収入は多い?少ない?
■貯金額を計算する方法はこちらの記事で紹介しています。
・実際の年間貯金額って知ってますか?
我が家の支出について知ろう

過去1年分の収入と、過去1年分の貯金額が計算できると、過去1年に実際に使った金額(支出)がいくらなのかは簡単に計算できますよね。

そうです。

収入 - 貯金額 = 支出 です。

例えば

収入・・・600万円
貯金・・・100万円

の場合は

600万円(収入) - 100万円(貯金額) = 500万円。

12ヶ月で割って平均の生活費も計算してみましょう。

500万円 ÷ 12 = 約42万円。

月の平均値にすると結構な金額を使っていることが分かりますね。

うちは家計簿をつけていないから「いくら使ったのかも全然わからない!」という方でも、「収入」と「貯金額」が分かれば「いくら使ったのか」はだいたい分かるんですね。

わが家の支出は適正?

問題は、この金額が

「無駄な支出があってこの金額なのか」
「当然の支出があってこの金額なのか」

を見極めることです。

「無駄な支出」がほとんどなく、「当然の支出」しかない。

削れるものがない状況での支出であれば、もうこれ以上見直しはできません。

このような家計の場合は、収入を上げるしか家計を改善する方法がないということになります。

しかし、もしもこの支出の中に少しでも「無駄な支出」があれば、家計は「貯金を増やす」だけでなく、「楽しみとなる支出」を増やすこともできるダイヤモンドの原石のような家計であると言えます。

その見極めをするために「支出の内訳の現状把握」をしてみましょう。家賃、電気、ガス、水道、食費などにどれくらい使ったのかを調べてみるのです。

「え…家計簿とかつけたことないから無理だと思うけど…」と思う方もいるかもしれません。

大丈夫です。こちらも家計簿をつけていない方でも、だいたいのことは簡単に計算できます。
もちろん家計簿をつけている方ならもっと簡単に計算できます。

では、具体的にはどのように計算すればいいのでしょうか。

まずは支出全体を把握するために、支出を大きく2つに分けて考えます。

1つ目は、 家賃、電気、ガス、水道など、主に毎月必ず支払うことが決まっている支出

2つ目は、食費、日用品など、主に毎月の生活に使う支出

この2つの支出うち、銀行引き落としの支出は、すべて通帳に記載されていますよね。

家計簿をつけていなくても、通帳をみれば少なくとも引き落とされている支出の金額は計算できるはずです。

また、もしも銀行引き落としがなく「家賃や光熱費もすべて現金で支払っている」という場合でも、明細などが残っていれば大丈夫です。

明細さえ残っていない場合は、だいたいの記憶をたどって書き出してみましょう。

では、次に「必ず支払うことが決まっている支出」を書き出します。

↓次の記事はこちらです。
・我が家の必ず支払う支出の総額は?