ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

家計簿の基本のつけ方

電子マネーの家計簿のつけ方(書き方)まとめ一覧(ワオン、スイカ、イコカなど)

電子マネーを使った時や、

チャージをした時に、

どう家計簿につけたらいいか

迷いますよね。

当ブログでも、

電子マネーの家計簿のつけ方

非常に多く寄せられる質問のひとつです。

pk電子マネーとは?

電子マネーの代表格は、ワオン、スイカ、イコカなど。

現金、または口座からお金をチャージ(入金)し、

支払いをすると、チャージ(入金)したお金の残高が減る

というものです。

チャージ(入金)のタイミングと残高が減るタイミングが違う

ので、

チャージ(入金)した時に家計簿につけるのか?

使って、残高が減った時に家計簿につけるのか?

家計簿をつける時迷いが出ます。

また、そもそも電子マネーは何費なのか?

という問題も発生します。

pk電子マネーはいつ家計簿につける?

電子マネーを扱う時、

家計簿をつけるのにいちばんラクな方法は、

1.チャージ(入金)した時に、チャージした金額を家計簿につける
2.実際に使った時には、家計簿にはつけない

という方法です。

たとえば、スイカに2000円をチャージ(入金)した時は

スイカ チャージ 2000円

などと記入します。

スイカには2000円の残高

があります。

後日、電車に乗り、500円を支払ったとします。

その明細は家計簿には書きません。

使い道は自由

ということですね。

ただし、この方法だと、

何に使ったのか分からなくなる

という問題が発生します。

電子マネーの利用額が少額ならば

多少何に使ったか分からない支出があっても問題ない

ですが、高額な場合は問題です。

気になる人は、

家計簿の欄外にメモを残す

といいですね。

pkどうしても気になる人は

電子マネーを家計簿につける時に

一番ラクな方法は、

上記の通り

1.チャージ(入金)した時に家計簿につける
2.使った時には家計簿にはつけない

という方法です。

気になる時は、メモ程度でOKです。

しかし、

もっとしっかり家計簿につけたい!

ということもありますね。

その場合は、

1.チャージ(入金)した時は家計簿にはつけない
(残高を正確に書いている場合は残高のみ減らす)
2.使った時に家計簿につける

という方法を使います。

残高を書いている場合、

お財布の残高
電子マネーの残高

など

残高を2つに分けて

書いていきます。

明細を細かく記入する具体的な記入例は
↓こちらにも掲載しています。

pk電子マネーは何費なのか?

電子マネーを家計簿につける時、

もうひとつ問題になるのは、

そもそも電子マネーは何費なのか?

ということです。

食費?日用品?雑費?交通費?

それとも電子マネー費を作った方がいいのだろうか?

と、どうしていいかわからなくなりますね。

結論からお伝えすると、

何に使う費用なのか?

明確にすることが大切になります。

たとえば、

スイカ、イコカ・・・交通費
ワオン・・・食費&日用品

など。

用途によって、何費にするのかを決めます。

たとえば、

(スイカ、イコカの場合)

基本のスイカ、イコカのチャージは交通費(当ブログ推奨は娯楽費)

子どもの通学のためのチャージなら教育費または本人の小遣い費

夫の仕事のためのチャージなら夫の小遣い費

(ワオンの場合)

食費、日用品のチャージは食・日用品費

もしも、

ワオンのチャージでは

「食費」「日用品」「衣服」など様々なものを買う

ので、

明確に分けられない

という場合は、

複数の電子マネーのカードを持ち、それぞれにお金をチャージする

という方法も有効です。

複数の電子マネーをもつ場合の具体的な記入例は
↓こちらにも掲載しています。

pkまとめ

電子マネーの家計簿へのつけ方は、ひとつではありません。

ズボラで、大体書いてあればいい

という人から

きっちり細かく書かないと気が済まない!

という人までいます。

ちなみに、私はズボラなので、大体書いてあればいい

と思う派なので、

家計簿にはチャージした時につけ、使った時にはつけない

という方法を選んでいます。

なおかつ、

支払いがブラックボックスにならないように、

電子マネーのチャージ(入金)は、最低限

にしています。

文/あき

当ブログの内容が、書籍化しました!


↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

↓今度こそ本気で家計を改善したい!という方はこちらから
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語

↓無料で家計の相談にお答えしております。
・お問い合わせ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください