2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

2年で350万円の貯蓄に成功したあきの「家計簿・節約・貯金・家計管理」の方法を公開しているブログです。ポイ活もしています。 家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。 ケチケチ節約術を卒業し2年で350万円の貯蓄に成功しました!テレビ出演、書籍出版、掲載雑誌多数あります。

ボーナスがない家計の「特別費」と「貯金」の予算の計画の仕方。

こちらは、家計簿&家計管理アドバイザーが日頃の「家計管理に関する疑問や質問」にお答えするコーナーです。

今回は「ボーナスがない家計の特別費について」のご相談です。

※その他免責事項をお読みください。
今回のご相談内容

来年の特別費を今年から用意しとこうと思います。
ボーナスはないので毎月貯めていこうと考えています。

毎月積立てる費用は下記のとおりです。

引越し費用(数年後に予定)   4万
被服費  五千円
車検  三千円
自動車保険 三千円
コープ共済(年払い) 四千円

これに加え将来に備え積み立ても考えています

自前高額医療費  五千円
子供貯金 六千円
車購入、修理 1万円

これらを、毎月用意したいのですが、今年の特別費を準備していないので、来年度の特別費を用意すると貯金に回せるお金が少なくなりますが、それで大丈夫でしょうか。
来年に使う特別費は必ずいるものなので仕方ないですよね。


(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

「ボーナスがない家計の特別費」についてですね。

ボーナスがない家計の特別費の考え方


車検、固定資産税、冠婚葬祭など、家計の中でも高額になりやすい支出のことを「特別費」と言います。

年間100万円以上特別費が必要になることも多いので、すべてを毎月の給料から支払えれば理想的ですが、毎月の給料だけではとても賄えずボーナスや手当を利用しながら支払う方が多く見られます。

しかし、ボーナスや手当がないという場合は、ボーナスや手当を利用して特別費を準備するということができません。

そのような場合は、年間にかかる特別費を12カ月で割り、毎月積み立てていくというスタイルが一般的です。

例えば、年間100万円特別費がかかるのであれば、

100万円÷12ヵ月=8.3万円

毎月8.3万円を特別費のために積み立てていきます。

この積立金は、生活費の口座に入金してしまうと「知らないうちに生活費として使ってしまっていた」ということにもなりかねませんので、特別費専用の口座を作って入金しておくと便利です。

上記のように積み立てる場合は、月収に毎月8.3万円以上の黒字があることが前提条件となります。

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/16119

ボーナスがない家計の特別費


ご相談者様の家計は実際にボーナスがない家計ということですが、必要な特別費が月にすると7.6万円と非常に高額であるということが気になります。

ボーナスがなく、月7.6万円特別費の積み立てを行うということは、毎月7.6万円以上の黒字があることが前提となります。

まずは、毎月7.6万円以上の黒字があるかを確認しましょう。

毎月これだけの特別費積み立てをすることで、食費など必要な支出を大幅に切り詰めなくてはいけないという時は要注意です。

その時は、削れる積立を少し減らし、生活費を確保することを優先してください。

貯金することを優先するあまり、食べるものは健康を無視した低栄養食品に偏ってしまうようではいけません。貯金のために将来の健康を犠牲にしては本末転倒です。

また、娯楽費用が全く取れないという予算組みである場合も要注意です。

特別費の予算を積み立てることだけを優先し、娯楽費用が全くないようでは我慢の限界がいずれ訪れることになります。

同時に気にしてほしいことは、いつまでこの積立を続けるつもりなのか?という点です。

特に引っ越し費用は高額なので、何年も続けていくのはかなりしんどい可能性があります。

特別費と貯金


特別費を一時的にプールしておく習慣をつけるとはじめは貯金に回せる金額が減ってしまうと感じることがあります。

しかし、特別費の費用はいずれ必ず払うものです。

たとえここで、特別費の積立をやめ、貯金を増やしたところで、貯金を崩して支払うことになるだけです。

結果としては同じになりますので、目先の貯金に回せる金額が増えた減ったということは気にする必要はありません。

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/4655131

ボーナスがない家計の特別費(まとめ)


ボーナスがない家計の場合は、特別費を毎月積み立てる必要があります。

ただし、なんでもかんでも毎月積み立てようとすると、特別費の積み立てが毎月高額になり生活が苦しくなりすぎる可能性があります。

月収が高くそれだけ積み立てをしても生活費がしっかり残るという方はよいですが、月収が高くないという場合は、貯金と特別費のバランスを考えた金額を積み立てましょう。

また、特別費だけでなく他の支出も合わせた家計設計が大切です。

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/4121561

関連記事


その他の特別費に関するご質問は特別費カテゴリーからご覧いただけます。

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/4515

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット