ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

袋分けのやり方

「袋分け家計簿(家計管理)」初めてでも効果が出るやり方(方法)

pic9

袋分け家計簿(家計管理)を

はじめてでも成功させるコツは

その袋にいくらを入れるのか?

をはっきり決めることです。

つまり、

・月にいくらなら使えるのか?
・年間でいくらなら使えるのか?

をはっきりさせることが大切なんですね。

そのためには、

自分の収入の枠=支出の上限

を把握することが大切です。

pk支出の上限を計算する

自分の収入の枠=支出の上限

を計算する方法は簡単です。

月収×12ヵ月
ボーナス
手当

などをすべて加算すればいいだけです。

例えば、

月収 25万円
ボーナス 夏25万円 冬30万円
児童手当 月2万5千円

なら、

月収 25万円×12ヵ月=300万円
ボーナス 55万円
児童手当 2万5千円×12ヵ月=30万円

なので、

年間収入は385万円

になります。

pk袋分け家計簿の必勝法!

袋分け家計簿(家計管理)を始めるなら、

まず、このように年間収入を計算しましょう。

月収ではなく、年間収入を計算することがポイントです。

なぜなら、月収だけだと、

月収が高くない家計のやりくりの計画が難しい
急な大きな出費に対応できない

ということになるからです。

ちなみに年間収入は、税込みではなく手取りで計算します。

1円単位まで正確である必要はなく、ざっくりでOK!

ご自身の年間収入は計算できましたか?

袋分け家計簿(家計管理)をする場合は、

この年間収入以下になるように、封筒などにお金を配分すれば、

100%黒字

で、袋分け家計簿(家計管理)ができるということになります!

毎月封筒にいれるお金、1年間でいれるお金は

さきほどの

年間収入以上にならないようにする!

これが、基本の「袋分け家計簿(家計管理)の必勝法」となります。

言われてみれば当たり前のことなんですが、

「月収」は知ってるけど、「年間収入」は知らない・・・

なんていう人も多いので、

袋分けを始める前に是非一度確認してみましょう!

次は、基本の袋分け家計簿(家計管理)の始め方を紹介します!

↓次の記事はこちらです。
基本の袋分け家計簿(家計管理)の始め方と項目の考え方。     

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください