ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

特別費の家計管理法

【特別費】はいくら?特別費の内訳・年間予算の立て方・貯める方法(まとめ)

毎月あるわけではないけど、年間を通じて考えるとある支出を「特別費」と言います。

固定資産税
車検
自動車税

などの税金関係から、

旅行代
家電の買い替え

など。

一回の支出が高額になることが多く、「今月は急な出費があったから赤字でも仕方がない」と思いがちな支出です。

実は、この「特別費」は、家計の中で一番管理が難しい支出です。

人によっては、気付いたら「特別費」が年間100万円を超えていた!という場合も。

逆をいうと、この「特別費」の管理方法さえしっかりできるようになってしまえば、

家計は怖いもの知らず!になるということ!

特別費とは何か?
特別費の項目の決め方は?
特別費にいくら準備したらいいか?
特別費の貯め方は?
特別費の予算の決め方は?

など、

知らず知らず家計を赤字にする「特別費」への備え方をまとめていきます。

「特別費」とは?

「特別費」に該当する支出が何か

ということがまず分からないと、「特別費」に備えることができません。

家計の中の「特別費」に該当するものが何かをまずは洗い出してみましょう。

判断の基準は、

同じような支出が年間を通じてあるか
事前に予測が立ちやすいか
高額になりやすいか

です。

例えば、

誕生日は、1人につき年に1回なので、特別費です。

醤油さしやフライパンは、1度かったらしばらく買わないかもしれませんが、醤油さし以外にもお皿を買ったりと、似たようなキッチン用品は何度も買う可能性があります。

醤油さしや、フライパンは特別費ではありません。

このように、まずは、「特別費」に該当する支出を洗い出すことから始めます。

必ず支払うことが決まっている「特別費」

特別費の中でも、一番予測しやすいもの特別費は

毎年必ず支払うことが決まっている「特別費」です。

例えば、

〇固定資産税
〇自動車税
〇自動車保険
〇NHK受信料
〇自治会費
〇町内会費
〇浄化槽

など。

次に、洗い出すのは、「その年だけは必ずかかる特別費」です。
「毎年ではないけれど、今年はかかる」という支出を洗い出します。

〇車検
〇出産費用
〇入園準備金
〇ランドセル
〇受験料
〇卒対会費
〇七五三お祝い

など。

一度これらをすべて合計してみましょう。

車検が2台同時に来る!

など、大きな出費を抱える年もあるので、「必ず支払う特別費」だけでも思ったより高額になることがあります。

(書き出し例)

〇固定資産税 10万円
〇自動車税 4万円
〇自動車保険 4万円
〇NHK受信料 2万5千円
〇車検 10万円

合計 30万5千円

自分で支払いを決められる「特別費」・・イベント費

次に、「自分で支払いを決められる特別費」のうち、毎年イベント化している「特別費」を洗い出してみましょう。

〇誕生日プレゼント
〇クリスマスプレゼント
〇お年玉
〇年賀状
〇実家帰省費
〇父の日、母の日
〇歯医者(定期健診)
〇インフルエンザ予防接種

など。

このイベント化している「特別費」は、ある程度自分で金額を決められます。

あまりに高額な場合は、プレゼント代は少し控えめにするなど、家計を圧迫しすぎないように調整します。

その他

〇年末年始タオル買い替え代
〇灯油
〇年末年始クリーニングまとめだし
〇ホワイトデーお返し

などをイベント化している特別費として計上している方もいます。

(書き出し例)

〇誕生日プレゼント 3万円
〇クリスマスプレゼント 2万円
〇お年玉 2万円
〇年賀状 5千円
〇実家帰省費 2万円
〇父の日、母の日 2万円
〇歯医者(定期健診) 5千円
〇インフルエンザ予防接種 1万円

合計 13万円

自分で支払いを決められる「特別費」・・旅行・レジャー費

毎年イベント化している支出として、「旅行」や「レジャー」などもあげられます。

〇ゴールデンウィーク
〇夏休み
〇冬休み
〇春休み

など、子どもたち、または自分の長期休みに合わせて毎年出かける予定がある場合は、あらかじめ「特別費」として書き出します。

細かな旅行やレジャーの内容まで書き出す必要はありません。

だいたいざっくりとこれくらいの予算があればいいなという金額にします。

節約中の方だと、旅行やレジャーにかけるお金はゼロ!という方もいるのですが、そんなにケチな家計ではせっかく働いているのに何の楽しみもない・・・という家計になってしまいます。

適度に準備できたほうが生活が潤います。

〇ゴールデンウィーク 5万円
〇夏休み 5万円
〇冬休み 5万円
〇春休み 5万円

合計 20万円

自分で支払いを決められる「特別費」・・家電・インテリア費

何を買うかは決めていないけど、「家電」や「インテリア」などの用品を毎年何かしら買い替えているというような場合もあらかじめ「特別費」として用意して考えておきましょう。

〇ビデオカメラ
〇ふとん
〇机

など、購入予定がはっきり決まっているものがあれば、金額とともに書いておきます。

購入予定がはっきり決まっていなければ、年間5万円くらい準備しておこう、など、大体の金額を書きます。

〇家電・インテリア 5万円

合計 5万円

自分で支払いを決められる「特別費」・・衣服費・美容院

衣服費や美容院は、特別費にはしないという方も多いのですが、わが家では「特別費」にしています。

なぜなら、「大人の服はつい後回しになってしまい、気付けば何年も買い替えていない・・・」「節約のために美容院は、1000円カットしかいけない」というようなことになってしまうからです。

美容院は、何カ月に一度はいくというように、計画を立てます。

衣服費は、いつ頃いくら必要とまでは分からないので、年間でいくらくらいと書き出します。

〇衣服 5万円
〇美容院 3万円

合計 8万円

自分で支払いを決められない「特別費」・・冠婚葬祭・臨時費

家電の修理や、冠婚葬祭や、高額医療費など、自分では予測できないけれど、必要になるかもしれない支出も「特別費」として計上しておくと安心です。

自分で予測できないことが多いので、こちらもはっきりした金額を書き出す必要はありません。

年間5万円など、だいたいで書き出します。

〇冠婚葬祭 5万円

合計 5万円

その他の「特別費」の項目の決め方

その他の「特別費」として

〇ゴルフ費
〇化粧品・コンタクト(まとめがいなど)
〇セミナー受講費
〇コンサート費

など、各家庭の趣味や条件に応じて、準備すべき「特別費」はかわってきます。

特別費をまとめる

支払いが予測できる特別費を書き出すことが出来たら、内訳をまとめてみましょう。

わが家ではこのように特別費の内訳を一覧表にしています(記入例です)。

f296bd26.jpg

記入例は、年間で118万円と、かなり高額にしてみましたが、意外とこれくらいかかっていた!という方も多くみられます。

また、上記の記入例の場合は、

〇固定資産税 10万円
〇自動車税 4万円
〇自動車保険 4万円
〇NHK受信料 2万5千円
〇車検 10万円
〇誕生日プレゼント 3万円
〇クリスマスプレゼント 2万円
〇お年玉 2万円
〇年賀状 5千円
〇実家帰省費 2万円
〇父の日、母の日 2万円
〇歯医者(定期健診) 5千円
〇インフルエンザ予防接種 1万円
〇ゴールデンウィーク 5万円
〇夏休み 5万円
〇冬休み 5万円
〇春休み 5万円
〇家電・インテリア 5万円
〇衣服 5万円
〇美容院 3万円
〇冠婚葬祭 5万円

合計 81万5千円

となるので、これを上の表に書きこんでいきます。

〇何月にいくらか分かるように書き出す
〇年間特別費がいくらか分かるように書き出す
〇ジャンルごとにいくらか分かるように書き出す

ことがポイントです。

時々、特別費を「月にいくらまで」と決めてやりくりする方がいますが、
その方法では、高額な特別費に対応できません。

特別費は、このように年間で予算を立てていくことで、予算がはっきりと見えるようになるのです。

特別費の貯め方&準備の仕方

特別費は、思いがけず高額になることが多い支出です。

年間を通じていくらくらい必要かを考えると、びっくりするような金額になることがあります。

1つ1つの支出も高額なので、大丈夫かな・・・と心配になることもありますよね。

特別費にかけるお金は、ボーナスや手当を財源にすると、比較的ラクに準備できます。

上記の例だと、年間118万円なので、ボーナスや手当を加算して、年間で118万円の財源があるか確認してみましょう。

もし、そんな金額は用意できない・・と感じたら、旅行など、優先順位の低いものから順に支出を削っていきましょう。

毎月赤字がある・・という場合ももう少し特別費を削らないと生活できないということになります。

準備できるメドがたったら、なるべく前倒しで準備をするようにします。

たとえば、6月のボーナスと12月のボーナスを財源にするなら、

7月~12月にかかる特別費は6月のボーナスから確保する

というように計画します。

特別費がない!場合

記入例のように、年間でたくさんの特別費を準備出来ればいいのですが、実際には、特別費にかけるお金がないという家計の方もいます。

その場合は、まず、家計の固定費を見直しましょう。

収入に対して、払わなくてはいけない固定費が多すぎると、特別費にお金がかけられないどころか、日々の生活費まで圧迫してしまうことになります。

収入以上、または収入ギリギリまで他の支出があることが原因ですので、他の支出を整理するか、収入を上げることが有効な手段です。

なかには、
「特別費が準備できないほど生活レベルを下げないといけないならもっと働きます」という方も。

家庭の事情やライフスタイルに合わせて、ベストな方法を選択していきましょう。

ボーナスや手当がない!場合

ボーナスや手当がないという場合は、特別費は「月収」から出すことになります。

単純に12ヵ月で割って、毎月積み立ててもかまいません。

それでは対応できない場合は、年の前半は特別費をがっつりため、
年の後半は貯金をするというように、「貯金」と「特別費」の配分を考えるとうまくいきます。

まとめ(特別費とは?)

・特別費は、家計の中でも思いがけず高額になりやすい支出です。

・家計の中でも一番管理が難しいので、知らず知らず赤字を引き起こす原因になります。

・特別費は年間で予算を立てます。

・特別費は「貯金」ではありません。

特別費は貯金を崩してするもの、と考えている方もいますが、その考えだと、「せっかくお金が貯まってもすぐに崩してしまい何年たっても貯まらない」という現象になります。

特別費を上手に管理できるようになると、
必要以上にケチケチしなくても貯まる家計にすることができます。

特別費は、家計の中でもゆとり費にあたる支出が多く含まれます。

積極的に活用すると、生活に潤いが感じられるようになりますよ!

関連記事

↓当ブログに寄せられた「特別費」に関するご質問は、こちらにまとめています。
特別費についてのご質問まとめ


**********

↓はじめての方はこちらから
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語

↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

↓無料で家計の相談にお答えしております。
・お問い合わせ

***

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください