特別費

特別費口座。銀行の通帳分けで成功する方法は?

通帳、口座管理

日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

こんにちは☆

通帳管理は2冊だけで、1冊は流動用、1冊は全く使わない用の貯金と一応分けているつもりで、特別費用の通帳は作っていません。

それでも年間の家計簿では通常通り通帳残高はそれぞれ締め日の残高を書いていけばいいのですよね?

特別費の管理を例えばイベント費3万円必要となった場合、流動用の通帳から3万引き出してきて、毎月の家計簿に+3万とし、家計費とは別に管理し残ったとしてもなにも記入せずいうやり方をしていますが、予算管理の表にでもイベント費、残いくらと記入しながら管理すれば通帳3冊なくとも管理できますよね?

これ以上通帳を増やしたくなくて、でも特別費の管理にかかっているので失敗したくないので、何度も質問させて頂いてすみません。

またお時間あるとき、ご返答お願い致します。

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

「特別費の口座」についてですね。

特別費口座の管理方法

当方で推奨している口座の使い分けの方法は、

生活費口座(引き落とし口座)
特別費口座(一時保管用口座)
貯金口座

3つに通帳をわけることです。

3つに通帳をわけることで、月にいくらまで使っても大丈夫なのか?をはっきりさせることを目的とします。

つまり、口座を分けるということは、まだ通帳に残金があるから足りない時は引き出せばいい

と安易にお金を引き出すことを防止するという役目を持ちます。

通帳、口座管理
貯金口座は生活費口座と分ける!銀行口座の使い分けで家計を管理する方法!効率よくお金を貯めたいと思うなら、まず取り組みたいのは「口座分け」のテクニックです。 メインバンク、サブバンクと、口座を使い分ける...

通帳口座を増やしたくない時

当方では、口座を3つにわけることをオススメしていますが、質問者様は、「生活費+特別費口座」と「貯金口座」の2つで口座を管理したいということですね。

当方では、口座を3つにわけることをオススメしていますが、月にいくら使ってもいいのか?がはっきりと管理できていれば、口座を2つで管理してもかまいません。

ただ、月にいくら使ってもいいのか?を計算する時に、計算が煩雑になる可能性はあります。

たとえば、生活費口座に特別費を入金した場合や、生活費口座に残業代が入って収入が多かった場合などが重なると、1ヵ月後残金いくらになっているはずなのかということが毎月のように電卓でたたいて計算しないわからなくなることがあります。

いくらムダに口座を作りたくないと考えていても、口座の残高が来月増えているのか減っているのかも分からないようでは家計管理はうまくいきません。

この場合は、生活費口座と特別費口座は分けたほうがよいということになります。

特別費口座を作るメリット

生活費の口座と特別費の口座を分けて管理するメリットは、今月生活費に使えるお金はいくらで、特別費に使えるお金はいくらというように、あといくら使えるかが分かるようになることです。

したがって、1ヵ月後の通帳の残高はいくらになっているなど、毎月計算しなくても、残高の予測ができるようになります。

おそらく質問者様は、毎月予定通りの金額を引き出すようにしていると思いますので、あとは、1ヵ月後の通帳の残高がいくらになるか?が毎月計算しなくてもできていれば口座は2つでもOKということになります。

まとめ

・特別費口座と生活費の口座は分けることをオススメします。

・ご希望により分けずに管理する場合は、今月あといくらまでなら使ってもいいのかが常に把握できるように工夫しましょう。

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓特別費については、こちらでまとめています。
・特別費のご質問まとめ

↓特別費の運用法についてはこちら。
・【特別費】はいくら?特別費の内訳・年間予算の立て方・貯める方法(まとめ)

ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください