2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

2年で350万円の貯蓄に成功したあきの「家計簿・節約・貯金・家計管理」の方法を公開しているブログです。ポイ活もしています。 家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。 ケチケチ節約術を卒業し2年で350万円の貯蓄に成功しました!テレビ出演、書籍出版、掲載雑誌多数あります。

ポイント・割引券・クオカード・図書カードを使った時の家計簿のつけ方

日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。
今回のご相談内容

こんにちは!

いつも大変参考になっております。ありがとうございます。

今年から家計簿をつけています。

我が家は買い物をして貯まったポイントで色々購入したりもしますが、家計簿にはどのように記載したらスマートでしょうか。

5000円のお米が丸々ペイ出来る時もありますが、端数を使ってしまう事もあります。

例えば、1000円の何かを購入し、そこから386円(ポイント)だけ利用し、残りを支払うという感じです。

このような利用方法はあまり良くないですか?煩雑ですし、家計簿にどのように記載したら良いか教えて下さい。

宜しくお願い致します。


ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

「ポイント・割引券・クオカード・図書カードを使った時の家計簿のつけ方」についてですね。

ポイント・割引券・クオカード・図書カードを使った時の家計簿のつけ方


結論からお伝えすると、ポイントで買い物をした時は「割引後の金額で家計簿につける」ということが基本になります。

例えば「1000円のものを購入する際に500円をポイントや割引券や図書カードなどを利用して500円の支払いで済んだ」という場合は、「500円の支出」で家計簿に記入します。

ポイントを割引前の金額でつけて、ポイントの残高を減らして・・などと考えていると煩雑になり混乱のもとになります。

家計簿につける内容はできるだけシンプルに簡単にする方が、長く続けていきやすい家計簿になりますので、処理が簡単なやり方が一番オススメな方法となります。

ポイント・割引券・クオカード・図書カードを使った時の応用


その他の方法として、差額を活用する方法もあります。

例えば、「1000円のものを購入する際に500円をポイントや割引券や図書カードなどを利用して500円の支払いで済んだ」という場合。

家計簿には1000円の支出で記入し、差額の500円は使ったつもり貯金として貯金箱へ。

このように家計簿につけると、割引分を貯金に変えることができますので、貯金への意欲が高い方マメな方には向いています。

ポイント・割引券・クオカード・図書カードを使った時の家計簿のつけ方(まとめ)



ポイントを使って買い物した時の家計簿へのつけ方は迷うことがありますが、基本は、割引後の金額でつけるが一番スマートです。

ただし、下記関連記事でも書きましたが、ポイントを上手く現金化して活用するというのも一つの手です。

よろしければ下記の関連記事もあわせてご覧ください。

関連記事


合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓こんな時はどうする?他にもある!家計簿のつけ方のまとめはこちら
・家計簿のつけ方(まとめ)

■参考:ポイントで買い物をした時の家計簿のつけ方のまとめは以下の記事で詳しく紹介しています。

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/7242622

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット