ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

特別費

ぐちゃぐちゃになる【特別費】の管理法!すっきりまとめるコツは?

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

※その他免責事項をお読みください。

**今回のご相談内容**


こんにちは。

なかなか家計管理が出来ず、本屋さんの本の中から、1番やりやすそうなあきさんの本を購入させていただいた者です。

何度も読み返しながらあきさん流の家計簿をつけはじめているところですが、記入の仕方で分からない所が出てきてしまいました。

あきさんの本を参考に、年間と毎月記載分の家計簿を作成し、毎月の合計金額を現金支出として、年間家計簿に記載をしています。

ここで迷ってしまったのが、年間と毎月の家計簿の「特別費」の書き方です。

あきさんの書籍に、毎月分の家計簿のにも、年間の家計簿にも、「特別費」があると思うのですが、年間の家計簿の特別費はどのような内容を記載していますでしょうか?

私は、食費などカード払いになった時は、現金扱いして毎月の家計簿の支出日に記載しています。

なので、例えば固定資産税などの引き落としがあれば、その日の支出として記載しています。

あきさんの書籍には、毎月支出と別に年間の家計簿一覧の特別費に、固定資産税とあったため、私が今行っている方法では、現金支出に記載した固定資産税と、年間家計簿の固定資産税がかぶってしまいます。

あきさんは、どのように考え記載されているのか気になりました。

つたない文章で分かりにくいかと思いますが、アドバイスをいただければ幸いです。


**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「特別費」についてですね。

**********


☆特別費をラクに管理するコツ☆

特別費は、

銀行引き落としになるもの
現金で支払うもの

2つに分かれます。

そのうち

毎年決まった時期に引き落としになる固定費のような特別費がありますよね。

例えば、固定資産税など。

毎年銀行引き落としになるもの→年間の家計簿の「特別費」
現金で支払うもの→毎月の家計簿の「特別費」

に記入すると、分かりやすいですよ。

なぜなら、銀行引き落としになっているものを毎月の家計簿の特別費に記入すると、残高はいくらになる?など迷うことがあるからです。

残高を迷う事がないなら、質問者様のように、全てを毎月の家計簿で書いてしまっても問題ありません(年間の家計簿の特別費は削除する)。

わが家の場合で言うと、「固定資産税」「車保険」「年賀状」「受信料」は毎年固定でかかる「銀行引き落とし」になる「特別費」にしています。

ちなみに「車税」も年間の家計簿に記しています。

「車税」は現金で払っていますが年間の家計簿に記しているということになります。(やり方が少しイレギュラーになりますのでオススメはしませんが、年間の家計簿に記して、毎月の家計簿の残高だけ減らしています)

☆まとめ☆

・特別費のうち、毎年固定でかかる「特別費」は、年間の家計簿の「特別費」に記入すると残高管理が分かりやすいです。

・年間の家計簿の「特別費」は、必要なければ削除してもかまいません。

特別費をすっきり管理する方法は、書くことが少なくて済む方法、混乱しない方法を使うことです。

書籍のご購入までありがとうございます♡

分からない時は、いつでもご質問くださいね^^

☆関連記事☆

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓特別費については、こちらでまとめています。
特別費のご質問まとめ

↓特別費の運用法についてはこちら。
【特別費】はいくら?特別費の内訳・年間予算の立て方・貯める方法(まとめ)

**********

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用下さいね☆彡

文/あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。
友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!

↓その他のご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

↓はじめての方はこちらから
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語

↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

↓無料で家計の相談にお答えしております。
・お問い合わせ

**********

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください