ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

カード払い・電子マネー

「カード払い」や「特別費」を積み立てている時の残高管理法!

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

※その他免責事項をお読みください。

**今回のご相談内容**

あきさん、こんにちは。
いつもブログを楽しみにして、家計簿に役立っています。ありがとうございます。

何点かお聞きしたいのですが‥。

買い物などのカード払いをしたとき、封筒に現金を取り分けています。毎月の家計簿に、カードを使うごとに現金扱いとして記入しています。

①例えば、2月引き落とし分を1月に封筒に取り分けているとき、管理や家計簿はどのようにすれば良いですか?

○1月中に引き落とし口座に入金しても良いものか、また、その場合は年間の家計簿の月末の口座残高はそのまま書いても宜しいでしょうか?

○それとも、口座に入金するのは2月に入ってからのほうが良いものか、その場合、封筒取り分け分は年間の家計簿の残高に記入するのかしないのか‥??

②近いうちに使う予定の積立として、封筒貯金をしています。年間の家計簿の下の方の欄に記入しています。(使う時に毎月の家計簿で収入として+で書いて、記入。←合ってますか??m(_ _)m)
例→5000円(これまでの合計30000円)
この場合、総額には、30000円の方を含んで記入するのですか?それとも、その月の5000円分を記入ですか?

長々と、またわかりにくくてすみません。
ご都合のよろしいときに、お教えくださいましたら助かります。
どうぞ宜しくお願い致します。


**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「積立をしている時」についてですね。

**********

 

☆カード払いを現金払い扱いにしている時☆

カード払いを現金払い扱いにして、使った金額を封筒などに積み立てている時の注意点はいくつかあります。

(2月引き落とし分を取り分けている場合)

1.引き落としの直前に引き落とし口座にお金を移します。
2.入金する金額は、引き落とされる金額です。
(例えば、3万円封筒に積み立ててあっても、今月の引き落としが2万円なら2万円を入金。残り1万円は次月の支払いにそのまま回します。)

(年間の家計簿の残高に記入する金額は?)
1月末締めの場合は、締め日より前に入金してしまうと、残高が合いません。

その場合は、

2月になってから入金するか、
入金はしたけど、入金していないことにする

など、うまく残高を合わせてしまいましょう。

取り分けているお金は、すでに支出として付けているお金ですので、残高として記入する必要はありません。

☆特別費など封筒積立をしている時☆

近いうちに使う予定のお金を封筒などに積み立てている場合は、

1.積み立てた時に支出として家計簿につけます。
2.支出として家計簿につけていますので、使った時は家計簿にはつけません。
3.おつりがあったら貯金箱に入れたり、他の積み立て封筒に追加したりして、なかったことにします。

すでに支出としてつけていますので、こちらも残高に含める必要はありません。
気になるなら、メモとして空いているところに残高を書いてもかまいません。

☆まとめ☆

・カード払いを現金扱いにした時は、締め日より前に入金すると残高が狂いやすいので、入金日や計算の仕方で調整しましょう。

・特別費などを封筒積立している時は、積み立てたお金を支出としてすでに記入している時は、使った時は家計簿には何も書く必要はありません。

分からない時は、いつでも遠慮なくまたご質問くださいね。

☆関連記事☆

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓積み立て・口座・貯金に関するご質問のまとめはこちらから
積み立て・口座・貯金のご質問(まとめ)

↓特別費を積み立てる方法はこちらから
特別費を封筒(袋分け)で積立!急な出費や高額な支出に備える方法。(まとめ)

**********

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用下さいね☆彡

文/あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。
友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!

↓その他のご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

↓はじめての方はこちらから
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語

↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

↓無料で家計の相談にお答えしております。
・お問い合わせ

**********

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください