2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

2年で350万円の貯蓄に成功したあきの「家計簿・節約・貯金・家計管理」の方法を公開しているブログです。ポイ活もしています。 家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。 ケチケチ節約術を卒業し2年で350万円の貯蓄に成功しました!テレビ出演、書籍出版、掲載雑誌多数あります。

年間で貯金できる金額には限界がある!貯金の限界を計算しよう。

貯金できる金額には限界があります。

その限界値は家計の内容によって様々ですが、自分の家計が年間で貯金できる限界値というのは、自分で計算することができます。

貯金額の限界があらかじめわかっていれば「今年は年間200万円貯めよう!」などと、気持ちだけで無謀な家計計画を立てずに済みます。

年間貯金額の限界を計算しよう


年間貯金額の限界を計算する方法は以下の通りです。

年間収入 - 年間で必ずかかる支出 = 年間貯金額の限界

予測される年間収入から年間で必ずかかる支出を引いた金額が年間貯金額の限界値となります。

具体的には以下のように計算します。

年間収入 550万円
年間で必ずかかる支出 400万円
年間貯金額の限界 150万円

550万円 - 400万円 = 150万円

年間で必ずかかる支出とは?


年間貯金額の限界値を計算するのに必要な「年間で必ずかかる支出」とは、「年間でかかる固定費(年払いの固定費含む)」と「年間で必ずかかる生活費」を足した金額です。

年間でかかる固定費の計算方法


年間でかかる固定費は、毎月必ずかかる固定支出×12ヵ月で求めます。

住宅ローン、水道光熱費、生命保険、携帯電話、習い事費など、毎月支払うことが決まっている金額をだいたいの平均で計算しましょう。その金額に×12ヵ月をして年間でかかる固定費を計算します。

住宅ローン(約100万円)
マンション管理費(約30万円)
電気(約9万円)
ガス(約6万円)
水道(約5万円)
携帯電話(約20万円)
固定電話(約6万円)
生命保険(約20万円)
小学校(約6万円)
幼稚園(約35万円)
夫小遣い(約30万円)
教育費(約4万円)※現金で支払う教材費など
習い事(約30万円)
特別支出(約33万円)
※特別支出とは固定資産税や車税、車の保険、NHK受信料など年払いの固定費を合算したものです。

上記の例の場合は、合計334万円が「必ずかかる年間の固定費」と言えます。

■参考:年間でかかる固定費の計算方法

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/717

年間で必ずかかる生活費の計算方法


次に、年間で必ずかかる生活費を計算します。

年間で必ずかかる生活費は、毎月必ずかかる生活費×12ヵ月で求めます。

家計簿をつけているときは、食費、日用品、ガソリン費、医療費など毎月の生活を回していくのに必要最低限の支出を集めましょう。その金額に×12ヵ月をして年間で必ずかかる生活費を計算します。

食費(約60万円)
日用品(約12万円)

上記の場合は、合計72万円が削ることのできない年間で必ずかかる生活費と言えます。

毎月の生活費にかかる金額は、家計簿をつけていない時は分からないことがありますので、全く予測もつかない時は1ヵ月だけでも家計簿をつけてみることをオススメします。

■参考:年間でかかる生活費の計算方法

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/749

年間で必ずかかる支出の注意点


「年間の固定費(年払いの固定費含む)」 + 「年間で必ずかかる生活費」 = 「年間で必ずかかる支出」

として計算しますが、ここにレジャー費、交際費、旅行代など、自分で支払い額がコントロールできそうな支出は必ずかかる支出としては計上しないことをオススメします。

計上しても間違いではありませんが、あれもこれも必ずかかる支出だからと計上しすぎてしまい、本当に貯蓄可能な金額が分からなくなってしまう可能性があります。

上記の計算の例ですと、仮に年間収入が550万円とすると、以下のようにして「年間貯金額」を計算します。

年間収入 550万円
年間の固定費 334万円
年間の必ずかかる生活費 72万円

550万円 - 334万円 - 72万円 = 144万円

貯金の限界額は 144万円と計算できます。

なお、この計算額には「娯楽費用」などが一切含まれていません。

つまり、毎月かかる固定の支出を支払い、固定資産税など年間でかかる年払いの固定費を支払い、食費や日用品といった最低限の支出だけで生活した場合の「貯金の限界額」になります。

洋服を購入したり、旅行に行ったりするとさらに貯金の限界額は少なくなります。

この貯金の限界額と、洋服や旅行といったお楽しみにどれくらいの予算を割くかのバランスを考えるのが家計のやりくりです。

はじめに洋服や旅行代まで見積もってしまうと洋服や旅行代をどれだけ節約すればいいのかが分からなくなりますが、そのような支出を計上しないことでのちのち収入と支出のバランスを考えるのに役立ちます。

まとめ


・貯金できる限界額は年間収入から必ずかかる支出を引いて計算します。

・旅行や衣服など「娯楽」に当たる支出を必ずかかる支出に計上しないことで、収支のバランスを考えるのに役立ちます。

貯金額は年間収入の1割をまずは目標にし、できれば2割を目指す。それ以上はどこまでが限界かを見極めながら、その範囲内で自分なりに達成できそうな確実な貯金額を目標にするという方法にすると、無理なく必ず達成できる貯金額を計算することができます。

https://kakeibo.kosodate-info.com/archives/4368

このエントリーをはてなブックマークに追加