積み立て・口座・貯金

児童手当を貯金。子どもごとに分けて貯金?1つにまとめる?

通帳、口座管理

日頃の「家計管理に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします。

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

こんにちは。

相談というか、確認というか・・・

夫(37)妻(34)長男(14) 次男(3)長女(7ヶ月)

現在、育児休業中で産前から切迫流産→切迫早産でほとんど働けず2017年はお給料はほとんどない状態でした。

育児休業に入ってからは手当を自転車操業のようにしてやりくりしている始末で元々なかった貯金も税金などに当ててしまい・・・

本題としては
現在、子供たちの児童手当は各こどもの通帳に該当分を入金しています。

家計分が足りなければここから使うこともあり そのときの入金額にばらつきがあります。

この児童手当は貯金として計上してよいのでしょうか?

また、各こどもの通帳に入れるより1つにまとめて貯金として管理する方がいいのか?
大人の通帳に入れると使ってしまいそうで・・・

主な用途はこどもの教育資金です。長男が高校や大学に行く際は長男分から足りなければ他の子供の分から出す?

自分で判断したらいいのだと思いますが、ほかの方のアドバイスも頂きたくメールさせて頂きました。

よろしくお願いします

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。家計簿&家計管理アドバイザー、家計研究家のあきです。

「児童手当の貯金方法」についてですね。

児童手当は貯金?

「児童手当を子供たちの通帳に振り分けて貯金をしているが、家計で足りない時は、児童手当を使うこともある」

児童手当は貯金とみなしていいか?ということですが、残っているお金があるなら児童手当も立派な貯金です。

ただし、一度積み立ててもおろしている部分は貯金ではありません。純粋に残っているお金だけが貯金となります。

家計管理の失敗例としてよくありがちなのが、「児童手当は全額貯金しています。でも、結局おろしています。」という場合に、いったん貯金したという実績に安心してしまい、崩してなくなっているにもかかわらず「うちは児童手当全額が貯金出来ている」と勘違いしているケースです。

通常の家計管理では、入金した金額ではなく、残っているお金のみを貯金と考えます。

子供用通帳に分けて貯金がいい?ひとつがいい?

「現状では、児童手当は子どもごとに口座を分けて貯金をしているが、口座を一つにまとめて貯金した方がいいのか?」ということですが、これはどちらでもかまいません。

わが家の場合は、子ども名義の通帳はお年玉や祝い金などを貯金する口座として活用しています。

この通帳に入っているお金は、将来子どもにプレゼントする予定です。(3人とも女の子なので、結婚資金としてプレゼントする予定です。結婚式などをするなら結婚式のお金にしてもいいかなと思っています。結婚しなかったら、生活資金ですね)

子どもの教育費については、子どもの教育費貯金専用通帳1冊に、3人分をまとめて貯めています。

一人一人分けて貯めることも考えましたが、進路によってかかるお金も違います。質問者様がおっしゃるように、足りなかった時、他の子のから借りるのか?という問題も出てきます。そのため、通帳はわけずにひとつで管理しています。

通帳をわけて管理すると、ひとりひとりの資金が明確になるというメリットがあります。

しかし、足りなくなった時に他の子の通帳から借りていいのかなど、運用面で問題がでるというデメリットがあります。

通帳をわけずに管理すると、総合的にいくらの資金があるか明確になります。また、ひとりだけ高額になっても、流動的に使えます。

しかし、ひとりひとりに使えるお金は、通帳を見るだけでは分からないというデメリットがあります。

どちらの方法にしても、メリット・デメリットがありますので、ご自分のやりやすい&分かりやすい方法を選びましょう。

■参考:子ども専用の通帳や口座の使い方については以下の記事で紹介しています。

通帳、口座管理
子ども名義の通帳は何の目的でいくら貯める?意外なデメリットも当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします! ※その他免責事項をお読みください。 今回の...

まとめ

・子ども用貯金は、子ども別に口座を分けても、ひとつにまとめても、どちらにしてもメリットデメリットがあります。ご自分が分かりやすい方法で貯金しましょう。

質問者様は、まずは貯金とは何かという点についてしっかり考えられるとよいでしょう。

入金した金額ではなく、純粋に残せているお金だけを貯金として認識することから始めましょう。

児童手当は全額貯金することができればひとりにつき約200万円が貯められます。

子どもの教育費として全額残せるように家計の在り方を見直してみるとよいでしょう。

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓積み立て・口座・貯金に関するご質問はこちら
積み立て・口座・貯金のご質問(まとめ)

↓その他のご質問はこちらから
家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください