ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

家計簿のつけ方

【特別費】の使い方&書き方!少ない記入量で効果を出すには?

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

※その他免責事項をお読みください。

**今回のご相談内容**


あきさん

以前質問してから改善しましたが、特別費のことでこりずにまた質問です。2冊目の本もとても参考になりました(^o^)

〈質問〉
特別費は、特別費用の口座(一時保管口座)から1〜2ヶ月分まとめて引き出しておき、そこから使います。

・引き出した時に『年間の家計簿』の特別費に支出としてつける(口座のお金が動くため)
・その時詳細は書かずに「◯月分特別費分」などと書き、一行で済ます

・特別費用のお財布、積み立てる分があれば積立封筒にそれぞれ入れる
・引き出した時に『毎月の家計簿』の残高は動かない
・実際に使った時も家計簿に書かない(でも来年度の予算立てのために、使った分をメモ程度で残しておく)

①この扱い方で管理が楽になりましたが、あきさんならこうする(こうしている)などありますか?認識のズレなどあれば教えてください。

以前は、特別費をまとめて引き出した時に支出としてつけず、『毎月の家計簿』の残高を増やしていました。特別費を使った時は、『毎月の家計簿』の特別費に書いていました。『毎月の家計簿』の残高は、生活費+特別費でした(お財布は別)。このやり方は、生活費と特別費の残高を合算するのが毎回とても面倒でした( ´Д`;)

②この扱い方にしてみて、『毎月の家計簿』の特別費の欄に書くことがなくなってしまいました(>_<)予定していなかった特別費があったとしても、すでに支出としてつけてある臨時費などから出すと、やはり家計簿にはつけません。根本的な間違いなどあれば教えてください。

よろしくお願いしますm(._.)m

あと、これは嬉しかったことです☆
先日インテリアショップで「これだ!」という飲み物用のピッチャーを買いました。以前の私なら百均で探していたはずですけど(もちろん百均にもいい物はたくさんあります^^;)、「これだけ使っていい」が見えたから、ちょっと高くても堂々と買えました(^o^)少し値が張ったけど気に入った物を買えたので、使うたびになんだか幸せな気分になるし、大切に使っています☆

いつもありがとうございます(^-^)


**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「特別費」についてですね。

**********


☆特別費の管理方法☆

特別費の管理方法は、

・引き出した時に『年間の家計簿』の特別費に支出としてつける(口座のお金が動くため)

・その時詳細は書かずに「◯月分特別費分」などと書き、一行で済ます

・特別費用のお財布、積み立てる分があれば積立封筒にそれぞれ入れる

・引き出した時に『毎月の家計簿』の残高は動かない

・実際に使った時も家計簿に書かない(でも来年度の予算立てのために、使った分をメモ程度で残しておく)

ではなく、

・特別費口座からお金を引き出す。家計簿に支出としてつけない。毎月の家計簿の残高を増やす(口座のお金は動くが支出ではないため)

・特別費用のお財布、積み立てる分があれば積立封筒にそれぞれ入れる

・封筒に積み立てた時に、支出として家計簿につける

・すでに支出として家計簿につけたので、実際に使った時は家計簿に書かない(でも来年度の予算立てのために、気になるなら使った分をメモ程度で残しておいてもOK)

・おつりは貯金箱に入れたり、他の積み立て封筒に入れたりしてなかったことにする

というのが基本です。

ちなみに、使った分は、私はメモとして残しもしません。笑

なぜなら、ズボラで面倒くさがりなので、そこまで細かく見返さないからです。

☆特別費の家計簿のつけ方☆

②この扱い方にしてみて、『毎月の家計簿』の特別費の欄に書くことがなくなってしまいました(>_<)予定していなかった特別費があったとしても、すでに支出としてつけてある臨時費などから出すと、やはり家計簿にはつけません。根本的な間違いなどあれば教えてください。

基本的な手順は上記になります。

ちょっとやり方は違いますが、現状ラクに管理できているのはいいですね^^

特別費は、1行で済むような支出もありますが、こまごました支払いの積み重ねになることも多いです。

例えば、旅行の場合。

交通費〇〇円
宿泊費〇〇円
お土産代〇〇円
自動販売機ジュース〇〇円
・・・

たった1日の行動でも、レシート何枚あるんだ!

というようなことになりがちです。

私はそのような支出をいちいち全て書き出すという作業が大嫌いです。(笑)

なので、1行「旅行代50000円」などと書くだけで終わりにし、旅行に行く時は50000円を別財布に入れてお出かけ。その別財布からすべてお金を出し、細かい明細は家計簿にもつけません。

おつりは他の封筒や貯金箱に移してなかったことにしてしまいます。

このような書き方をしていると、質問者様がおっしゃるように「毎月の家計簿」の「特別費」に書くことがなくなります。

1ヵ月に書く特別費は、5行分くらいで充分です。

書く量を極力減らしてしまうと、書くのも続けるのもラクになりますよ♡

☆まとめ☆

・特別費の家計簿に書く内容は、少なければ少なくてOK!

・書く量が少なければ、続けるストレスも少なくて済む

いつもありがとうございます。

いつも暖かい言葉をかけてくださる質問者様のことはとてもよく覚えています!

大変感謝しております♡

お気に入りのピッチャーを購入するなんて素敵ですね(#^^#)
100円ショップだからダメ、100円ショップだからいいではなくて、自分の気に入ったものを買う。

とても素敵な事だと思います!

自分が使いたいものにお金を使うことで、気持ちも潤いますよね^^

☆関連記事☆

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓特別費についてのご質問は、こちらから
特別費のご質問(まとめ)

↓口座の使い分けについてはこちらから
銀行口座の使い分けで家計を管理する方法!(まとめ)

**********

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用下さいね☆彡

文/あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。
友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!

↓その他のご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

↓はじめての方はこちらから
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語

↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

↓無料で家計の相談にお答えしております。
・お問い合わせ

**********

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください