家計簿の基本のつけ方

あき式!貯金が増える【正しい家計簿】のつけ方・選び方とは?

あきの家計簿

これから家計簿をつけてみようと考えている方のために、あき式の「正しい家計簿のつけ方・選び方」を紹介します。

家計簿&家計管理アドバイザーとして1000件以上の家計相談をお引き受けしてきた私の考える正しい家計簿とは、「お金の流れを正確に把握することが出来る家計簿」ということです。

家計簿は、選び方次第で「つけるだけで貯まる家計簿」にも「つけても貯まらない家計簿」にもなりますので注意が必要です。

どのような家計簿を選ぶことで「お金の流れを正確に把握することが出来る家計簿」になるのか具体的に考えてみましょう。

貯まる家計簿の選び方

家計簿はどのような家計簿を使うかによってお金が貯まりやすさには差が出ます。

エクセル、アプリ、手書き、袋分けなど、様々なタイプの家計簿が販売されていますよね。

そのうち、何の家計簿を選ぶかというのはそれほど大きな問題ではありません。

どのような媒体を使うかは別にして、以下の点についてしっかり把握できる家計簿を選ぶことをオススメします。

1.収入
2.支出
3.残高(貯金・収支)

毎月どれだけの収入があり、
どれだけの支出があり、
現在どれだけの残高(貯金・収支)があるか、

正しくお金の流れを把握するために、最低限上記の3つが把握できる家計簿を選ばなくては家計簿はつけても意味がありません。

・今月の収入 30万円
・今月の支出 28万円
・今月の残高(収支) 2万円の黒字

最低限このような内容が把握できている家計簿かどうか調べてみましょう。

貯まる家計簿のコツ

上記の3点について把握できることが家計簿の最低限の条件です。

なおかつ

・銀行引き落としの支出など月に1回程度しかない支出(いわゆる固定費)
・毎月主に現金でやりくりするような支出(いわゆる生活費(変動費)・特別費)

この2点を分けて把握できる家計簿を選ぶことをオススメします。

なぜかというと、家計は「固定費・生活費(変動費)・特別費」の3つに分かれており、3つの支出のそれぞれが把握できなくては家計の全体が把握できないからです。

つまり、以下のような家計簿はNGということになります。

・月単位の支出しか把握できず、年間支出が分からない
・家計を「固定費・生活費(変動費)・特別費」にわけて考えるという概念がない

今月の収入・支出・残高から、毎月いくらの黒字や赤字があるかが分かるだけでなく、年間を通じて黒字や赤字がいくらあるかという点が把握できる家計簿はさらに良い家計簿です。

家計簿初心者の方はそこまでの家計簿は難しいのでは?と考えがちですが、たくさんの家計簿でこのようなことが分かる仕組みがすでに採用されていますので、安心してくださいね。

■参考:つけても貯まらない家計簿の特徴については以下の記事で詳しく紹介しています。

あなたも気をつけて!「つけても貯まらないダメ家計簿」の5つの特徴とは?家計簿をつけているのにお金が貯まらない… そんな悩みを抱えている人は「つけても貯まらない家計簿のつけ方」をしていることが原因である...

貯まる家計簿はアプリ?エクセル?ノート?

家計簿をつけるならアプリ、エクセル、ノート(手書き)、一体何がいいのだろうと迷うかもしれませんね。

結論からお伝えすると、家計簿初心者の方には圧倒的に「ノート(手書き)」をオススメします。

エクセルなど電子機器を必要とする家計簿は、PCやスマホを起動させなくては使えないというデメリットがあります。

・はじめのうちは張り切って何度も立ち上げますが、次第に立ち上げるのが面倒になりあっさり挫折…。

・毎月アプリで自動的に家計簿をつけてくれるようにしているが、見返しても意味が分からない…。

そのようなことにならないように初心者の方ほど「ノート(手書き)」がオススメなのです。

エクセルやアプリを使った家計簿は、どちらかというとある程度家計簿をつけることに慣れた方向けと言えます。

■参考:家計簿をつけるならエクセル?ノート?アプリ?については以下の記事で詳しく紹介しています。

アプリ、ノート、エクセル。初心者むけの家計簿はどれがオススメ?!日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか? 当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^ *今回...

家計簿をノートでつけるなら何を選ぶ?

初心者の方が家計簿をつけるならノートがオススメと紹介しましたが、では実際にどのようなノートを使えばいいのでしょうか。

市販の家計簿もたくさんありますので、どれにしようか迷ってしまいますよね。

袋分け、レシートを貼るだけ、見開き1週間のタイプのものから、見開きで1ヵ月分のものまでありますし、中には日記や献立ノートなどを記入できるほど記入欄が充実している家計簿もあります。

その中でももし市販の家計簿を選ぶなら初心者の方ほど「記入量の少ない家計簿」を選ぶことをオススメします。

日記をつけたり献立ノートをつけたりというような厚めの家計簿は「書くことが好きな方」には向いていますが、家計簿初心者で「家計簿が続くかどうか分からない」という方にはオススメしません。

書くことが多い家計簿ははじめのうちは楽しいのですが、次第に書く量が多いということが負担になる可能性が高いのです。

家計簿は長く続けることで効果を発揮するものですので、長く続けやすい家計簿を選びましょう。

■参考:家計簿を続けるコツについては以下の記事で詳しく紹介しています。

家計簿を続けるコツとは?!家計簿歴15年以上の家計簿アドバイザーが教えます!家計簿を長く続けるにはコツがあるの?と思う方もいるのではないでしょうか。 私は家計簿をかれこれ15年以上つけていますが、やめること...

家計簿はどんなノートでつける?

市販の家計簿をつけるなら上記のように「薄めで続けやすい家計簿」を選ぶことをオススメします。

しかし、市販の家計簿は購入すると1000円近くするものも多く、始めてみたいけど高いと感じることもありますよね。

家計簿初心者の方は、まだ続くかどうか分からない家計簿に1000円も使ってしまうともったいないと思ってしまうかもしれません。

そのような時は「B5の大学ノート」を家計簿として利用することをオススメします。

大学ノートなら1冊100円程度(税抜)で購入することができますので、もし続かなくても100円程度の損失で済ませることが出来ます。

はじめのうちは練習として大学ノートを利用し、次第に家計簿をつけることに慣れたら次の年からは市販の家計簿を利用するなど工夫すると家計簿代の節約になります。

わが家の家計簿は?

なお、わが家は現在「エクセル」を家計簿として採用していますが、やはり家計簿を始めてから最初の10年ほどは手書きからスタートしました。

次第に家計簿のつけ方をマスターし、家計簿をつけるのがしっかりと習慣になってからエクセルに移行しました。

家計簿は以下のような遍歴をたどっています。

・パソコンでつける家計簿ソフト

パソコンに内蔵されていた家計簿ソフトを利用。
レシートの内容をひたすら転記していくタイプのものでしたが、買い物の量が多くなると入力するのが面倒でレシートをためてしまう。
消費税も入力する欄があったものの、内税、外税など再計算しなくてはならず面倒になりあっさり挫折。

・分厚いタイプの家計簿(日記付き)

始めの数日で日記を書くことにあっさり挫折。
書くことが苦手な私にはまったく書いていないページばかりになってしまいせっかく購入したものすぐに挫折。

・見開き1ページで1週間タイプの家計簿

見開き1ページに支出を記入していくタイプの家計簿を選び、記入量を減らしたもののそれでもレシートの内容すべてを転記するのが苦痛。
毎日集計をするのも面倒。
次第に集計をしなくなり挫折。

・記入量の少ない家計簿

見開き1ページ×2程度で1ヵ月分が終わる薄くて記入量の少ない家計簿に移行。
はじめて1年間書き続けることができるようになる。
最低限今月赤字か黒字かはわかるようになるものの、収支が正確に把握できないことにモヤモヤ。
特にクレジットカードの支払いなどがあると家計簿のつけ方がごちゃごちゃになる点が不満。
また、記入量の少ない家計簿にもかかわらず記入しないページが多くなってしまう点にもモヤモヤ。

ただし、数年は続けることに成功。

・B5の大学ノートを家計簿がわりに使用

市販の家計簿を10年ほど利用するものの、思ったような成果は出ず、書くことが苦手な私にとっては書いていないページも多数できてしまう点からB5の大学ノートで手作り家計簿を作成。

枠線を自分で引かなくてはならないという点は面倒ではあったものの、記入量をとにかく少なくすることでカバー。

費目の数を調節したりと自分なりのアレンジがしやすい点、安価である点から数年間続けることに成功。

・エクセル家計簿

ノートの冊数が多くなり、保管場所に困るようになる。
家計簿をつけることが完全に習慣になり、つけなくては気持ちが悪いというくらいになったためエクセル家計簿に移行。

ノートを利用した家計簿のつけ方についても時々併用しながら家計簿を15年以上続けることに成功。

大学ノートで家計簿をつけよう!

大学ノートで家計簿をつけるなら、まずはまっさらなB5のノートを1冊用意してください。

ノートを開いたら、最初のページに目標を書いてみてもいいですね。

目標は具体的にしましょう。

「10年間で500万円貯める!」
「20年間で1000万円貯める!」

など。

あまり大きすぎる目標だと、立てるだけになりかねませんので、「年間50万円貯める」など確実に実現できそうな目標から始めると楽しいですよ。

■参考:具体的な大学ノートを利用した家計簿のつけ方については以下の記事で詳しく紹介しています。

あきの家計簿
お金が貯められる毎月の家計簿のつけ方の記入例家計簿を大学ノートに手書きで簡単につける方法を紹介します。 1日1行たった1分、超!簡単シンプルな家計簿のつけ方です。 家計簿はつ...
関連記事

■参考:「家計簿のつけ方」の一覧はこちら
・1日1行!簡単なのに確実に貯められる家計簿のつけ方

ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー、住宅ローンアドバイザー(住宅金融普及協会)資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。日本テレビ、NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他